2008年06月26日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年6月26日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年6月26日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

立派な軍略を立てたら、それを大将に進言して、これを用いなければいけない。

つまり、用いさせる方法にも、軍略と同じだけの価値がある。

投稿者 ohata : 09:11 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年06月25日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年6月25日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年6月25日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

自分はつまらない人間だ、と思ってはいけない。

私は世界一幸福者だ、幸運な人間だ、日本に生まれた事が幸福だ、という考えを

持たなくてはならない。そうでないと、いい知恵が出なくなる。

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年6月24日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

同業メーカーと仲良くしていく。競争はするが卑怯な競争はしてはならない。

まして相手を倒すとか、相手に損害を加えるというような競争の仕方であっては

ならない。また競争社会があってこそ、我々の励みになる。

我々の励みの氏神様である。

投稿者 ohata : 09:49 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年06月23日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年6月23日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年6月23日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

世の中というものは、いい人ばかりではない。相当いい人もいるが、相当悪い人も

いる。十人いたらその中に必ず美ならざる者、清らかならざる者が入っている。

それが世の中の姿である。

投稿者 ohata : 08:16 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年06月20日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年6月20日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年6月20日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

どこへ行っても考え方次第で、そこは成功の場所である。

投稿者 ohata : 09:16 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年06月19日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年6月19日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年6月19日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

些細な事をおろそかにしない心がけが、人生を大きな成功に導く。

投稿者 ohata : 09:36 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年06月18日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年6月18日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年6月18日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

我々の社会に対する貢献が多ければ多いほど、それは報酬として還ってくる

利益として返ってくる。

投稿者 ohata : 10:07 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年06月17日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年6月17日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年6月17日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

みずから汗を流した結果のお金でなければ、もってはならない。

投稿者 ohata : 09:36 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年06月16日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年6月16日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年6月16日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

富士山は西からも東からも登れる。道はいくらでもある。

投稿者 ohata : 08:36 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年06月14日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年6月14日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年6月14日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

長たる者はいざというときには部下のために死ぬというほどの覚悟を

もっていたい。

投稿者 ohata : 09:34 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年06月13日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年6月13日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年6月13日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

振り返って、あの時は非情に苦しかったということは、比較的少なかった、心が

動揺しても、方針という軌道に乗っていたから、比較的楽だったのかも知れない。

投稿者 ohata : 10:00 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年06月12日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年6月12日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年6月12日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

人間は、ある場合には本能を抑制して本能以上の理性に生きることができるところ

に、万物の霊長としての存在価値がある。

投稿者 ohata : 09:53 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年06月11日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年6月11日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年6月11日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

相手から受けるより多くのサービスを与え、

何ほどかの余剰を相手に残そう、という心構えが大切である。

投稿者 ohata : 09:28 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年06月10日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年6月10日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年6月10日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

百花繚乱、花それぞれに異なる。個性がある。

しかし、花であるということに変わりがない。

投稿者 ohata : 09:40 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年06月09日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年6月9日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年6月9日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

欠点に気づいたらすぐ直せばいい。直す努力をしないのがいちばんいけない。

投稿者 ohata : 09:52 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年06月07日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年6月7日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年6月7日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

ただ社会の要望に従って、誠実に仕事をしていけばいい

社会が必要としなくなれば、消え去るだけ。

投稿者 ohata : 08:38 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年06月06日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年6月6日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年6月6日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

人を敬すれば、自分も敬される。人をバカにすれば、自分もバカにされる。

投稿者 ohata : 08:40 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年06月05日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年6月5日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年6月5日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

自分ひとりでもやり通すのだ、という勇猛心があるか。

あれば、そこにおのずから知恵才覚も生まれてくるものである。

投稿者 ohata : 06:33 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年06月04日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年6月4日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

==================松翁ある人に次のように言われた=========================

宇宙根源の心に応ずる人間の心のあり方をわきまえ、実践していくのが宗教である。

投稿者 ohata : 08:40 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年06月03日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年6月3日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年6月3日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

人に意見をしてもらえないようになったら、その人の進歩はなくなる。

投稿者 ohata : 08:50 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年06月02日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年6月2日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年6月2日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

柔道でもいっぺんに八段にはなれない。相撲でも、いっぺんには横綱にはなれない。

投稿者 ohata : 09:45 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年05月31日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年5月31日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年5月31日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

事業を始めたころ

きょう一日よく働いたという感じで行水したことがよく思い出される。

投稿者 ohata : 09:39 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年05月30日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年5月30日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年5月30日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

私が事業に踏み切ったのは、一つは健康でなかったから勤めに不向きであったこと。

一つは、自分の改良したソケットが勤めていた会社で採用されず、自分でつくって

見たいと思ったこと。二つの動機で独立した。

投稿者 ohata : 09:06 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年05月29日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年5月29日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年5月29日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

人情を考えなければ、どんな正しい政策も、国民に受け入れられる事はない。

投稿者 ohata : 09:41 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年05月28日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年5月28日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年5月28日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

「縁なき衆生は度しがたし」というけれど、縁なき衆生にも声をかけ、共に歩もう、

救っていこう、という考えに立ちたい。

投稿者 ohata : 09:55 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年05月27日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年5月27日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年5月27日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

弁解したり、言い訳したりしなければならないような人生の過ごし方はしたくない。

投稿者 ohata : 09:01 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年05月26日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年5月26日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年5月26日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

日本の会社には管理職が多すぎる。

それでは「船頭多くして船山に登る」のたとえどおり

議論ばかりで結論が遅いばかりか、往々にして方向を間違いやすい。

投稿者 ohata : 09:34 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年05月24日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年5月24日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年5月24日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

一人の目覚めは百人に及び、百人の目覚めは千人に及び、

千人の目覚めは社会全体に及ぶ。

投稿者 ohata : 10:15 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年05月23日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年5月23日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年5月23日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

つねに新しいものを求めていくところに、若さがある。

投稿者 ohata : 09:11 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年05月22日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年5月22日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年5月22日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

ものには表と裏がある。表と裏も見なければ、真実はわからない。

投稿者 ohata : 09:21 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年05月21日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年5月21日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年5月21日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

命を賭けるほどの思いでやる覚悟ができていれば

命を賭けずして順調な姿でやっていける。

投稿者 ohata : 07:20 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年05月20日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年5月20日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年5月20日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

根なし草に花は咲かない。信念がなければ、人生に花は咲かない。

投稿者 ohata : 09:52 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年05月19日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年5月19日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年5月19日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

欠点を欠点として認識していれば、その欠点が災いとなることは少ない。

投稿者 ohata : 08:47 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年05月16日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年5月16日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年5月16日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

修練の積み重ねのなかから生まれるカンは、科学では及ばぬほどの正確さ、

的確さを持っている。

投稿者 ohata : 08:49 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年05月14日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年5月14日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年5月14日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

尋ねて、尋ねて、尋ねて、そして考えなさい。

投稿者 ohata : 09:29 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年05月13日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年5月13)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年5月13)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

自分の仕事を単なる義務として、仕方なしにやっているとすれば、これほど疲れる

ことはない。

投稿者 ohata : 10:07 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年05月12日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年5月12日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年5月12日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

今という、この一瞬一瞬を精いっぱい行き切る、

その積み重ねが充実した人生をつくる。

投稿者 ohata : 09:56 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年05月09日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年5月9日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年5月9日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

弁舌よりも、知識よりも、何より大切なのは、誠心誠意である。

投稿者 ohata : 09:05 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年05月08日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年5月8日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年5月8日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

同じものを見て喜ぶ人、喜ばない人がいる。私は喜びを感じる人でありたい。

投稿者 ohata : 09:49 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年05月07日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年5月7日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年5月7日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

病をわずらっても悲観すること気ない。

それがまた、人生の深さ、広さを知る貴重な体験となる。

投稿者 ohata : 08:47 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年05月02日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年5月2日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年5月2日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

悩みや迷いは人間につきもの。しかしいくら悩み迷っても

そのとりこになってはいけない。

投稿者 ohata : 09:30 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年05月01日

巻三 「事業は人にある」(2008年5月1日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「事業は人にある」(2008年5月1日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

事業は人にある。人間としての成長のない人たちの集まりでは、事業は成功しない。

物をつくる前に、まず人を育てたい。

投稿者 ohata : 08:54 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年04月30日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月30日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月30日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

ただその時点だけを考えて、よいとか悪いとかを決めて事を行ってはいけない。

投稿者 ohata : 09:13 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年04月28日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月28日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月28日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

自分は自分。何億の人間がいても、自分は自分。

投稿者 ohata : 10:15 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年04月26日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月26日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月26日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

男女には、ことなる特質、役割がある。平等を主張することもいいが、違いを知り

役割の異なることも知っていたい。

投稿者 ohata : 08:48 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年04月25日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月25日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月25日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

鳴かざればそれもまたよしホトトギス。

投稿者 ohata : 05:58 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年04月24日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月24日)

  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月24日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

仕事を道楽にできるか。

投稿者 ohata : 19:14 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年04月23日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月23日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月23日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

仕事に成功するかしないかよりも、人間として成功するかしないかを考えたい。

投稿者 ohata : 09:32 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年04月22日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月22日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月22日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

強いばかりが武士ではない。情けも思いやりもなければ、本当の武士ではない。

投稿者 ohata : 10:30 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年04月21日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月21日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月21日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

尋常一様な一生懸命さを突き抜けるほどの努力があって、はじめて成功する。

投稿者 ohata : 09:55 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年04月19日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月19日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月19日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

悩みや迷いは人間につきもの。しかしいくら悩み迷っても

そのとりこになってはいけない。

投稿者 ohata : 13:36 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年04月18日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月18日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月18日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

成功しすぎてもいけない。成功も腹八分目がちょうどいい。

投稿者 ohata : 06:47 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年04月17日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月17日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月17日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

百点満点の制度というものはない。七つよくなれば、三つの欠点が出てくることは

やむを得ない。

投稿者 ohata : 06:18 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年04月16日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月16日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月16日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

百万円もらって不足を言う人もいれば、紙一枚もらって喜ぶ人もいる。

投稿者 ohata : 06:22 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年04月15日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月15日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月15日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

体験を通じて身についたものは、その人だけに与えられた、なにものにもまさる宝

である。

投稿者 ohata : 05:24 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年04月14日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月14日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月14日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

理屈で割り切れないのが人の心。微妙に動く人情の機微を知り、それに即した言動

を心掛けてこそ、豊かな人間関係が築かれる。

投稿者 ohata : 11:54 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年04月12日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月12日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月12日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

困った、困ったと思うと、心も狭くなり、知恵もわかない。

困っても困らないことが肝要である。

投稿者 ohata : 09:31 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年04月11日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月11日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月11日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

人間の生命は、宇宙根源につながっている。

投稿者 ohata : 09:50 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年04月10日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月10日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月10日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

自分の生命はいつ尽きるのかわからない。

しかし、その最後の瞬間まで、精一杯生き抜きたい。

投稿者 ohata : 09:59 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年04月09日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月9日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月9日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

医者の言う事はよく聞くべきだ。しかし、本当の主治医は自分自身である。

投稿者 ohata : 09:24 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年04月08日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月8日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月8日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

嵐の海の大波には、逆らわずに避難しなさい。それが自然の理法にかなった航海術。

投稿者 ohata : 08:52 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年04月07日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月7日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月7日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

辻斬りに出会っても、ヒラリと体をかわす名人になれ。

投稿者 ohata : 12:55 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年04月05日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月5日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月5日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

自然の恵みは、母親の慈愛と同じ。母親の慈愛に感謝するように

自然の恵みに感謝したい。

投稿者 ohata : 09:28 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年04月04日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月04日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月04日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

人生はカメのような一歩、一歩の歩みがいちばんいい。

二歩、三歩いっぺんに飛ぼうとすると失敗する。

投稿者 ohata : 13:56 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年04月03日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月3日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月3日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

人間は一人ひとり持ち味が違う。ワクをはめたら、その人の持ち味が消える。

投稿者 ohata : 09:40 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年04月02日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月2日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月2日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

転んだら立たねばならぬ。幼子でも転んだままではいない。すぐに立ち上がる。

投稿者 ohata : 09:20 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年04月01日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月1日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年4月1日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

人の話に感心せよ。どんな話にも感心できるということは、きみにそれだけの力量

があるということだ。

投稿者 ohata : 08:53 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年03月31日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月31日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月31日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

事をなすにあたって、結果を大事にする以上に

それを生むまでの過程を大切にしたい。

投稿者 ohata : 09:28 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年03月28日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月28日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月28日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

憎しみは破壊をもたらし、愛する心は建設をもたらす。

投稿者 ohata : 09:24 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年03月27日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月27日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月27日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

世の中に、絶対の確信はありえない。すべては一応のものであり

仮のものであることを知っておきたい。

投稿者 ohata : 10:04 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年03月26日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月26日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月26日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

人の言う事に耳を傾けようとしないのは、

自分で自分の心を貧困にするようなものである。

投稿者 ohata : 09:40 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年03月25日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月25日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月25日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

失敗する事を恐れるよりも、真剣でないことを恐れたい。

投稿者 ohata : 09:49 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年03月22日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月22日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月22日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

失敗を嘆くより、反省し、過ちを改めることが大事。

投稿者 ohata : 09:55 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年03月21日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月21日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月21日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

大志を抱き、夢を持たなければ、人間、生きる価値はない。

しかし、その為にきょう一日の努力をおろそかにすることは愚かである。

投稿者 ohata : 08:52 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年03月18日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月18日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月18日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

己を無にして、はじめて主座は保てるもの。

投稿者 ohata : 09:14 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年03月17日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月17日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月17日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

喜ぶ事を知り、ありがたさを知り、感謝する心を知っている人は幸せである。

投稿者 ohata : 08:31 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年03月15日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月15日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月15日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

善人がいて悪人がいるから芝居になる。善人ばかりでは面白くない。

投稿者 ohata : 09:42 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年03月14日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月14日)

=============================「松翁論語」================================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月14日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

とるべき責任を、そ知らぬ顔で回避する人間ほど卑怯な人間はいない。

投稿者 ohata : 09:35 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年03月13日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月13日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月13日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

他人の目でなく、みずからの心に問うて、やましいところがないかが大事。

投稿者 ohata : 06:38 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年03月12日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月12日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月12日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

筋あればこそ竹は強い。人生にも節をつくりたい。

そして人生に耐える力を養いたい。

投稿者 ohata : 13:45 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年03月11日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月11日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月11日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

礼儀作法は、社会生活の潤滑油。人間関係を滑らかにする。

投稿者 ohata : 09:32 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年03月10日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月10日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月10日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

穏やかな海であっても、舵取りに油断は禁物である。

投稿者 ohata : 09:45 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年03月08日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月8日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月8日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

考えて行動し、行動してまた考えなさい。その繰り返しによって君は成長するだろう。

投稿者 ohata : 16:10 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年03月07日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月7日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月7日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

天国のよさは、地獄に落ちてはじめてわかる。

不足を体験しなければ満ち足りた喜びは味わえない。

投稿者 ohata : 09:45 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年03月06日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月6日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月6日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

私は最初から金持ちになってやろうとか、大きな事業家になろうとかの考えはなかった。

せめて今日食べる物があるような姿になりたい。せめて一時休んでも収入が

なくならないような姿になりたい。そうしたささやかな願いから出発した。

投稿者 ohata : 09:15 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年03月05日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月5日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月5日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

寿司の好きな人には寿司を食べさせ、酒の好きな人には酒をのませよ。

投稿者 ohata : 09:14 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年03月04日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月4日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月4日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

離れ島の生活なら、自分一人の意思だけでやっていけるが、社会の中で生活する以上は、

自分の気ままな考えだけで事の是非善悪を論ずることは許されない。

投稿者 ohata : 08:54 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年03月03日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月3日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月3日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

口角泡を飛ばして議論するのもいい。

しかし、それは人間生活をより向上させることでの議論でなければならない。

投稿者 ohata : 09:50 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年03月01日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月1日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年3月1日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

私は死の直前まで、運命に素直に従いたい。

投稿者 ohata : 09:11 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年02月29日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月29日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月29日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

今までの人間観を少しも変えず、そのままにしておいたら、

いっさいのものの考え方が歪んでしまうだろう。

投稿者 ohata : 09:37 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年02月28日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月28日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月28日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

三分の二は仕事に打ち込み、三分の一は家庭のことを考える。

そういう男性に魅力を感じるような女性を、お嫁さんにもらいたい。

投稿者 ohata : 09:13 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年02月27日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月27日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月27日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

自分の意思によって何でもできると考えると、必ず迷いが生まれる。

苦難の道に入る。そして結局は、自分も他人も不幸になる場合が多い。

投稿者 ohata : 10:29 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年02月26日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月26日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月26日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

私は若いころから三時間くらいしか寝なかった。神経質で病弱で、

しかも問題をたくさんもっていたから、三時間半も寝たら、もうそれ以上眠れない。

けれどもそれをいちいち苦に病んではならない。

素直にこれを承認しようということでやってきた。

投稿者 ohata : 09:34 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年02月25日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月25日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月25日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

私はできるだけ素直に、平易にものを見ていくよう努めた。

そしてかけ引きもなにもない、ありのままの自分を見てもらうように心がけてやってきた。

投稿者 ohata : 07:58 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年02月23日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月23日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月23日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

利益は、どこまでも刻苦勉励によって得た尊いものでなければならぬ。

投稿者 ohata : 10:39 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年02月22日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月22日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月22日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

本当に一日の仕事を存分になしおえた愉快さというものは

物見遊山や単なる金儲けの場合の喜びとは、比べものにならない大きな深さのあるもので

それだけになかなか容易に得られないものである。

投稿者 ohata : 09:46 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年02月21日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月21日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月21日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

信念のない者は、人間として価値がない、まったく空ろな人間である。

投稿者 ohata : 10:14 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年02月19日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月20日)

=============================「松翁論語」===============================
   「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
  巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月20日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

「真の富は心の富」人として世に処するうえに最も大切な事は

他より厚き信頼を受けるという事である。

しからば、信用を得るにはいかにしたらいいか、

結局、正直、をもって一貫するより他にない。

投稿者 ohata : 18:17 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月19日)

=============================「松翁論語」================================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月19日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

安くてよい、ということは、いかなる商売においても最高の決定権をもつ。

投稿者 ohata : 11:10 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年02月18日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月18日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月18日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

財宝は、ときに散逸するおそれもあるが、いったん体得した勤勉の癖は、

一生を通じての宝である。

投稿者 ohata : 10:13 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年02月16日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月16日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月16日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

いたずらに大志を抱いて焦慮するのは愚かである。踏み出す一歩一歩に最善の注意をはらいつつ、

その日の責務を遂行することの蓄積こそ、やがて目的の彼岸に到達する捷径である。

投稿者 ohata : 09:48 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年02月15日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月15日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月15日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

誇りをもつことは必要である。しかし、その誇りも、過ぎれば破滅への一歩となる。

投稿者 ohata : 05:59 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年02月14日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月14日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月14日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

自社が発展すれば、同業者が倒れていくということで悩んだことがあった。

しかし、そのような小さな問題で悩んではいけない、もっと大きく、

日本全体が豊かになる仕事をするということが自分の使命である、と悟った。

投稿者 ohata : 09:20 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年02月13日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月13日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月13日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

勝つか負けるかわからない不安なときは、やらなければよい。

絶対に成功するのだ、何が何でもやるのだ、

という確信と意気込みが持てるときはやる、これしかない。

投稿者 ohata : 09:33 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年02月12日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月12日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月12日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

基本的な間違いがなければ、力強く門を叩け。

投稿者 ohata : 09:40 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年02月09日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月9日)

=============================「松翁論語」=================================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月9日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

経営のコツは、十人十色、人によってやり方が違う。

投稿者 ohata : 10:17 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年02月08日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月08日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月08日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

十人から百人を使うときは率先垂範、「これをやってくれ」と命令することで人は動く。

千人、二千人になれば、態度は同じでも「して下さい」という心がなければいけない。

一万人になると「頼みます」の心、何万人ともなれば、拝む心が必要だ。

投稿者 ohata : 09:15 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年02月07日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月7日)

=============================「松翁論語」================================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月7日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

経営が好きであれば、かりに遊んでいても、そこからふっとヒントを得て、

それを経営に有効に活かすことができる。

投稿者 ohata : 09:09 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年02月06日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月6日)

=============================「松翁論語」=================================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月6日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

叱るべきときには、叱ってきた。けれども大きくはねぎらってきた、感謝してきた。

「そうは言うものの、よくやってくれる」という考えがどこかあった。

投稿者 ohata : 09:22 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年02月05日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月5日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月5日)
==================松翁ある人に次のように言われた========================

人間形成の過程には、体験として、ある期間、適所でないところに立つことも、また必要である。

しばらくそういう仕事も味わってみて、いつか適所に座るという事が望ましい。

投稿者 ohata : 10:14 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年02月04日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月4日)

============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月4日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

失敗は成功の基という。しかし、そのためには、失敗をほんとうに成功の基にしようという、

その心がまえをもっていなくてはならない。

投稿者 ohata : 00:29 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年02月02日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月2日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月2日)
==================松翁ある人に次のように言われた======================

明日、どうなるかわからない、というような会社は立て直しやすいが

上手くいっている会社をもう一歩よくするのは、非常にむずかしい。

投稿者 ohata : 11:28 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年02月01日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月1日)

=============================「松翁論語」================================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年2月1日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

仕事に打ち込んで、疲れをおぼえるというのではなく、むしろ仕事によって疲れが休まる、

というような境地が味わえれば、そこに大きな成果があがるのではなかろうか。

投稿者 ohata : 09:42 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年01月31日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年1月31日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年1月31日)
==================松翁ある人に次のように言われた======================

私は、むずかしいことを難しく考えなかった。むずかしく考えると勇気がくじけるから、

難しいかもしれないが、やり方によってはやれるだろう、という考え方を持っていた。

投稿者 ohata : 10:33 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年01月30日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年1月30日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年1月30日)
==================松翁ある人に次のように言われた=====================

みずからを高める為には、順境のときに百篇の講義をきくよりも、

逆境に立って、みずから取組み、その体験から自得するほうが効果は大きい。

投稿者 ohata : 08:58 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年01月29日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年1月29日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年1月29日)
==================松翁ある人に次のように言われた=====================

手ごわい競争相手の出現によって、われわれは覇を競うためにしぜんに勉強するから

旧套を脱する事ができる。より新しいものの考え方を生み出す事ができる。

投稿者 ohata : 09:22 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年01月28日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年1月28日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年1月28日)
==================松翁ある人に次のように言われた=====================

大きい組織をさらに大きくして、なおすみずみまで完全に動かすという事は
たいへん難しい。

むしろ分割したほうが、各部分が生き生きとしてくる。

投稿者 ohata : 08:56 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年01月26日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年1月26日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年1月26日)
==================松翁ある人に次のように言われた=====================

政府に頼る事も、ある場合は必要である。また政府の力を行使してもらわなくてはならないことも、ものによってはあるだろうが、

できるかぎり独自の立場で、また自主独立の精神で、経営をいていくことを建前としなくてはならない。

投稿者 ohata : 09:03 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年01月25日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年1月25日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「何ごとも衆知」(2008年1月25日)
==================松翁ある人に次のように言われた=====================

学識を修め、道を聞き、事をわきまえても、それを実行しなければ

いわゆる宝の持ち腐れである。

投稿者 ohata : 08:54 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年01月24日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年1月24日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年1月24日)
==================松翁ある人に次のように言われた=====================

ひまな時は、力を蓄え、自己を顧みて、その姿を直す期間である。

ジタバタしない事である。

ひまを恐れて、必要以上の仕事をとって、失敗することがあってはならない。

投稿者 ohata : 09:42 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年01月23日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年1月23日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「何ごとも衆知」(2008年1月23日)
==================松翁ある人に次のように言われた=====================

きのう考えたことに、きょうはさらに何か(日々新たなり)をつけ加えなければ

人間は成長しない。

投稿者 ohata : 09:44 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年01月22日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年1月22日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年1月22日)
==================松翁ある人に次のように言われた=====================

われわれはプロである。その本業に全身全霊を捧げて

そこに喜びがわかないような者は、その本業から去らなければいけない。

投稿者 ohata : 09:16 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年01月21日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年1月21日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「何ごとも衆知」(2008年1月21日)
==================松翁ある人に次のように言われた=====================

思案にあまることは、周囲の人たちに相談しよう。

相談する事は決して恥ずかしいことではなく、誠意ある行いである。

投稿者 ohata : 07:02 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年01月19日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年1月19日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「何ごとも衆知」(2008年1月19日)
==================松翁ある人に次のように言われた=====================

大地にしっかりと足をつけている者だけが、理想を語る資格がある。

投稿者 ohata : 11:41 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年01月18日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年1月18日)

=============================「松翁論語」===============================
「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻三 「何ごとも衆知」(2008年1月18日)
==================松翁ある人に次のように言われた=====================

三回成功したから、四回目も成功すると考えるのは間違い。

つねに新たな思いで物事に取り組まなければいけない。

投稿者 ohata : 09:47 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年01月17日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年1月17日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「何ごとも衆知」(2008年1月17日)
==================松翁ある人に次のように言われた=====================

富士山の頂上を極めるという事がお互いの目的であって、

極める道は各自、各社が求めたらいい。

投稿者 ohata : 09:58 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年01月16日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年1月16日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「何ごとも衆知」(2008年1月16日)
==================松翁ある人に次のように言われた=====================

自分の実力を知らない戦は負ける。(自分の心を鍛え、人、物、資金を育てる)

投稿者 ohata : 09:32 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年01月15日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年1月15日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「何ごとも衆知」(2008年1月15日)
==================松翁ある人に次のように言われた=====================

去年の自分と今年の自分とを比べて、そこにどれだけ成長があるか。

投稿者 ohata : 09:49 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年01月12日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年01月12日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「何ごとも衆知」(2008年01月12日)
=================松翁ある人に次のように言われた=====================

我々が口で雄弁に物語るよりも、品質のよし悪しは、世間、商品のほうがより

雄弁に示す。

投稿者 ohata : 07:01 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年01月11日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年01月11日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「何ごとも衆知」(2008年01月11日)
==================松翁ある人に次のように言われた=====================

責任者を責任者たらしめるのは、周囲の人である。

投稿者 ohata : 08:58 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年01月10日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年01月10日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「何ごとも衆知」(2008年01月10日)
===松翁ある人に次のように言われた=====================

地位が高くなると、責任が大きくなるということを忘れてはいけない。

投稿者 ohata : 08:57 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年01月09日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年01月09日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「何ごとも衆知」(2008年01月09日)
===松翁ある人に次のように言われた=====================

一から、それもできるだけ最下位の仕事からやろうとする。

という志は何の仕事においても、非常に尊いものである。

投稿者 ohata : 08:55 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年01月08日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年01月08日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「何ごとも衆知」(2008年01月08日)
===松翁ある人に次のように言われた=====================

カンにかたよっても、科学にかたよってもいけない。

その二つを車の両輪のように使わなければならない。

投稿者 ohata : 09:25 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年01月07日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年1月07日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「何ごとも衆知」(2008年1月07日)
===松翁ある人に次のように言われた=====================

損をして競争に打ち勝つということは、勉強ではない、発明を重ねて、今まで

五円のものが二円でできるようになった、だから同じように売っていたのでは

あまりにも暴利になる。それでは社会に貢献できない、だからこれはどうして

も三円で売るんだというのであれば、これは許される。

それによって行き詰ったところがあっても、それは人力の舟が動力船に変わる

ような、社会全体の進歩のためであって、文句は言えない。

投稿者 ohata : 09:39 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2008年01月05日

巻三 「何ごとも衆知」(2008年01月05日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「何ごとも衆知」(2008年01月05日)
===松翁ある人に次のように言われた=====================

互角の者三人が組んだら、必ず意見が対立する。

互角ではなく、一人はチョツト頭のいい人、一人は行動力のある人、

一人は協調性のある人というふうな、異なった三人が組めば、おおむね意見は

対立なく進んでいく。

投稿者 ohata : 08:45 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年12月31日

巻三 「何ごとも衆知」(2007年12月31日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「何ごとも衆知」(2007年12月31日)
===松翁ある人に次のように言われた=====================

商売は真剣勝負である。そうである以上、つねに勝利を得なければならない。

真剣勝負で、得をするときもあれば、損をするときもある。

という事は許されず負ける時は首のないときである。

投稿者 ohata : 07:46 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年12月30日

巻三 「何ごとも衆知」(2007年12月30日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「何ごとも衆知」(2007年12月30日)

自分の身体が大事であれば、会社は自分の身体を包んでいる入れ物である。

この入れ物を壊してはならない、という一体感を持つべきである。

投稿者 ohata : 07:56 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年12月29日

巻三 「何ごとも衆知」(2007年12月29日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「何ごとも衆知」(2007年12月29日)

不景気で商売をしにくい時には、商売をしないことだ。

商売をしないところから生じる損害は知れたものであるが、

無理して売って損をすると大きい。

投稿者 ohata : 09:19 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年12月28日

巻三 「何ごとも衆知」(2007年12月28日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
=================松翁ある人に次のように言われた=====================

巻三 「何ごとも衆知」(2007年12月28日)

みなが借金会社になったら、税金が入らず、日本は行き詰ってしまう。

だから、借金経営でない健全な会社で実社会、経済界が構成されなければなら

ないし、それを維持する義務がある。

そのような信念に立てば、自社のために儲けるのではない、国のため、お得意

である貴方のために儲けるのだ、と言う事ができよう。

投稿者 ohata : 09:24 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年12月27日

巻三 「何ごとも衆知」(2007年12月27日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「何ごとも衆知」(2007年12月27日)

会社と労働組合は車の両輪である。

両輪であれば大きさは同じでなければいけない。

組合の力が大きければ、それに対抗できるように経営力というものは

強くなければいけないし、会社の力が強くなれば、組合も負けないように

大きくならなければならない。

そして両者が対立しつつ調和していくところに、ものは生まれてくる。

投稿者 ohata : 09:26 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年12月26日

巻三 「何ごとも衆知」(2007年12月26日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「何ごとも衆知」(2007年12月26日)

文句を言うお客もいるが、決して腹を立てないことである。

無理を聞いて何度もやり直す。そういう難しいお客を何人かもって、

腕を磨いていくなら、その店は必ず発展していく。

厳しいお客ほどありがたいお客様なのである。

投稿者 ohata : 08:58 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年12月25日

巻三 「何ごとも衆知」(2007年12月25日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「何ごとも衆知」(2007年12月25日)

何ごとも衆知によらねばならない。十人の人がいれば十人の知恵を借りる。

百人の人がいれば百人の知恵を借りる。一億あれば一億の知恵を借りる、

という心構えが、大切である。

投稿者 ohata : 09:35 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年12月22日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年12月22日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年12月22日)

出来ない、出来ないと思っていたものが、コロンブスの卵のように

考え方を変えれば、いとも簡単にできることがある。

投稿者 ohata : 10:03 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年12月21日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年12月21日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年12月21日)

不景気は、本来世の中にはない。人間がつくらない限りありえない。

投稿者 ohata : 08:56 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年12月20日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年12月20日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年12月20日)

経済摩擦は、各国の国民の意識が勝手につくっているのである。

人知がいたらぬために起こっているのである。

投稿者 ohata : 09:38 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年12月19日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年12月19日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年12月19日)

主座を堅持し、いいものはいいと評価する。また、取り入れるべきは取り入れ

る。そこに自分を失わず、自己向上をはかることが出来る。

主座を堅持しなければ、せっかくもらった花もアダ花となる。

投稿者 ohata : 07:24 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年12月18日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年12月18日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年12月18日)

日本の伝統精神は三つある。

主座を保つこと、衆知をあつめること、和を尊ぶことだ。

投稿者 ohata : 08:18 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年12月17日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年12月17日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年12月17日)

国民が繁栄、平和、幸福を目指し、力を結集して活動を続けていくたためには

国民共通の努力目標がなければならぬ。

投稿者 ohata : 08:44 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年12月15日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年12月15日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年12月15日)

和を大切にするということは、日本の伝統精神である。

それは平和主義ともいうるだろう。つまり日本は本来、軍国主義ではなく、

平和主義なりである。

投稿者 ohata : 09:10 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年12月14日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年12月14日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年12月14日)

なぜ本格的な政治研究所ができなのか。

税金を三分の一にしたら政治はどうなるか、政治のムダをどう改善すべきか、

政治の生産性を高めるにはどうしたらいいのか。

立場にとらわれずに真剣に研究する機関がどれほどあるというのだろうか。

投稿者 ohata : 08:51 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年12月13日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年12月13日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年12月13日)

全ての人が提案し、全ての人の知恵が集まる。

それによって経営を進めることが、全員経営というものだ。

投稿者 ohata : 09:23 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年12月12日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年12月12日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年12月12日)

いちばん良かったのは、二、三百人のときであった。楽しいし、希望に満ちて

いるし、従業員もよく聞いてくれるし、よく働いてくれるし、実際に生きがい

を感じた。もし許されるならば、私はその二、三百人程度の主人になりたい。

投稿者 ohata : 08:54 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年12月11日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年12月11日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年12月11日)

いい天気も三日続けば、二日は雨になる。それでいい。

投稿者 ohata : 09:19 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年12月10日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年12月10日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年12月10日)

税金は決まった以上にはとられない。だからそんなことに頭を使う事はない。

それよりも、儲けることに頭を使いなさい。そのほうがずっと面白い。

投稿者 ohata : 08:54 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年12月08日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年12月08日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年12月08日)

企業の目的は、社会に貢献すること、社会全体の共存共栄ということだ。

そして、その報酬が利益である。

投稿者 ohata : 09:31 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年12月07日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年12月07日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年12月07日)

多角経営より適正経営が大事。大きくするより、

専門細分化、適正規模を考えよ。

投稿者 ohata : 09:40 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年12月06日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年12月06日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年12月06日)

自分だけ儲けようという考え方は、どこかに弱さがある。

社会と共に発展するのだ。世の中のためになる仕事をするのだ、と考え実践

してこそ、経営に力強さが生まれる。

投稿者 ohata : 07:28 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年12月05日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年12月05日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年12月05日)

たとえ多数決で決まったことで、結果としてうまくいかなかった場合でも

その責任はひとり責任者にある。

投稿者 ohata : 07:59 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年12月04日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年12月04日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年12月04日)

仕事のコツは、知識や人に教えられたりするだけではモノにならない。

自分で取り組んで、そこからそのコツというか、カンどころを、みずから体得、

つまり自得していかなければならない。

投稿者 ohata : 09:50 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年12月03日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年12月03日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年12月03日)

何が正しいかということをもたずして、国のために死ぬとか、社会のため

人々のために死ぬということは、やはり当を得ないことといえる。

投稿者 ohata : 09:25 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年12月01日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年12月01日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年12月01日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

叱られるべきときには、厳しく叱られなさい。それを素直に受け入れ、謙虚に

反省し、奮起することによって若者は成長する。

投稿者 ohata : 15:55 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年11月30日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月30日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月30日)

たまたま悪い水を飲んで、身体を悪くしたから、水という水を今後は

一切飲まないと決めるのは愚かなことである。

投稿者 ohata : 08:56 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年11月29日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月29日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月29日)

高い知識を与えられる前に、その知識を正しく活用できる人間にまで高まって

おかなければならない。

投稿者 ohata : 08:57 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年11月28日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月28日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月28日)

人間には、限りない繁栄、平和、幸福、たとえて言うならダイヤモンドが

与えられている。しかしそのダイヤモンドも磨かなければ光らない。

投稿者 ohata : 09:35 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年11月27日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月27日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月27日)

幸せというものは、そんなにたやすく得られるものではない。

たやすく満足できるものは幸せではない。

投稿者 ohata : 09:35 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年11月26日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月26日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月26日)

私は世の中というものは、人類が存在するかぎり、お互い人間の努力によって

一歩一歩限りない発展を続けるものだと信じている。

これでもう発展はおしまいなのだ、ということはありえないことと思う。

投稿者 ohata : 09:34 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年11月24日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月24日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月24日)

欲に生きるが、欲にとらわれぬ心がまえを持て。

投稿者 ohata : 09:49 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年11月22日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月22日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月22日)

景気の良い時にものを改革しようとしても、なかなか出来るものではない。

逆に景気の悪い時には、みなが厳しさを覚悟しているから改革がしやすい。

禍を転じて福となす絶好の機会なのだから、そのときを逃しはならない。

投稿者 ohata : 08:59 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年11月21日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月21日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月21日)

止めを刺さない仕事ぶりは、初めから仕事をしていなのと同じである。

投稿者 ohata : 09:56 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年11月20日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月20日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月20日)

些細な事、平凡な事、それを積み重ねて、そのうえに自分の知恵と体験を加え

ていく。それではじめて、あぶなげない信頼感が得られるというものだ。

賽の河原の小石はくずれても、仕事の小石はくずれない。

投稿者 ohata : 09:24 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年11月19日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月19日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月19日)

自己向上は社会全体のためでもある。他人が三段進歩しているのに、君が一段

も進歩していなければ、社会全体の平均を下げる事になるからだ。

投稿者 ohata : 08:55 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年11月17日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月17日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月17日)

小さくても大きくても、自分の創意によって事が決められるということは、

生きがいがあるものだ。

投稿者 ohata : 09:33 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年11月16日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月16日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月16日)

人間は半分は利益で動く、しかし、半分は利益では動かない。

投稿者 ohata : 08:59 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年11月15日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月15日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月15日)

ほめられるのは嬉しい事だが、ときとして油断が生じる。

だから叱ってくれる人、注意してくれる人を求め、大事にしなさい。

投稿者 ohata : 08:59 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年11月14日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月14日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月14日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

ほめられるのは嬉しいことだが、ときとして油断が生じる。だから逆に叱って

くれる人、注意してくれる人を求め、大事にしなさい。

人間の尊さを真に理解もせず、企業は人なりと言う事は、愚かなことである。

投稿者 ohata : 10:05 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年11月12日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月12日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月12日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

賞罰を明らかにせよ。賞すべき者は必ず賞し、罰すべき者は必ず罰する事が

大事だ。それによって人は心を引き締めたり、励みを受けたりする。

賞罰が正しく行われなければ、かえって事を誤まる事を知っていなければなら

ない。

投稿者 ohata : 08:53 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年11月10日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月10日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月10日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

感謝する人と感謝しない人。感謝する人はみなから歓迎される。

喜びを知ることの出来る人はすばらしい。

投稿者 ohata : 11:05 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年11月09日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月09日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月09日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

報いられる事を期待して感謝の心を持つことはおかしいが、感謝の心を持てば

いろいろなかたちになって報いられるのは確かだ。

投稿者 ohata : 08:46 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年11月08日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月08日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月08日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

私が幼いときに奉公した五代音吉さんは、決して値段をまけることはなかった。

投稿者 ohata : 09:38 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年11月06日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月06日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月06日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

正しい仕事をしておれば、悩みは起こらない。悩みがあれば、自分のやり方を

変えればよい。世間の見方は正しいのだ、この正しい世間とともに懸命に仕事

をしていこう、そう考えた。ここに私の使命感がある。

投稿者 ohata : 10:21 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年11月05日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月05日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月05日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

生成発展とは、日に新たということであり、自然の理法である。

私はこの理法に則して経営理念を構築し、それに則し経営を進めてきた。

投稿者 ohata : 09:17 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年11月02日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月02日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月02日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

成功するということは、宇宙や大自然に溶け込んで

これと一体となり切ってしまうことだ。

投稿者 ohata : 10:17 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年11月01日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月01日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年11月01日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

苦労を語る前に、私はまず、自分自身の幸運に感謝したい。

投稿者 ohata : 09:45 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年10月31日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月31日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月31日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

私は誰を見ても偉い人に思えた。誰を見ても頼もしく思えた。自分には

出来ないけれど、この人ならきっと上手くやってくれるだろうと思った。

そう思って仕事を任せてきたが、たいていの場合、それで成功してきた。

投稿者 ohata : 09:22 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年10月30日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月30日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月30日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

常識を尊びつつ、ときに常識を疑え。

投稿者 ohata : 09:59 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年10月29日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月29日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月29日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

断られて、それであきらめていたのでは事は進まない。断られてもなお、誠意

を尽くして努力するところに前進がある。

投稿者 ohata : 08:59 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年10月27日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月27日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月27日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

つねに何が正しいかを考えよ。そこからいろいろ考えを進めことが大切だ。

投稿者 ohata : 07:09 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年10月26日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月26日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月26日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

説得というものは、他人に対するばかりとは限らない。

自分自身に対して説得する事が必要な時もある。自分を励ます。

勇気を奮い起こす。辛抱する。そうしなければならないとき、自分自身への

説得が必要になってくる。そこに強い信念が生まれてくる。

力強い行動も生まれてくる。

投稿者 ohata : 20:27 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年10月25日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月25日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月25日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

きみは自分を戒める言葉を持っているか。

投稿者 ohata : 10:06 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年10月24日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月24日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月24日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

年長の人に敬意を表し、年少の人をいたわる。人情として自然な姿だ。

投稿者 ohata : 08:58 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年10月23日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月23日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月23日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

事に熱中すれば、苦しさを忘れる事ができる。

そしてそれを為し遂げたあとは、なにものにも変えられない喜び、嬉しさが

得られるものだ。

投稿者 ohata : 08:53 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年10月22日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月22日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月22日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

肉体が年々歳をとっていくのは避けることはできないが、精神はいくら歳を重

ねようとも、日々新しい希望に満ち、若々しい勇気を失うことなく、自分に与

えられた使命の達成に邁進し続けることができる。

投稿者 ohata : 08:51 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年10月20日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月20日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月20日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

部下の提案であろうと、外部の人の意見であろうと、会社が発展するならば

自分の面子などにとらわれず、取り入れるべきである。

大事なことは、自分の面子を守ることより、会社の発展である。

投稿者 ohata : 08:47 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年10月19日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月19日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月19日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

人間の尊さを真に理解もせず、企業は人なりと言う事は、愚かなことである。

投稿者 ohata : 08:56 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年10月18日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月18日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月18日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

羊飼いが、羊の性質をよく知らなければよい羊飼いにはなれないように、

人間も人間の本質、性質をよく知らなければ、よい社会はつくれない。

投稿者 ohata : 09:20 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年10月17日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月17日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月17日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

家族を愛し、近所の人を愛し、地域社会を愛し、国を愛することが出来る人は

真の意味の自分を愛する人だ。

投稿者 ohata : 09:28 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年10月16日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月16日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月16日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

人はサルから進化したものただと言われても、私は信じない。

人間ははじめから人間であった。サルはサル、ウマはウマ、タイはタイ

ヘビはヘビ。最初からそうで、これからもそうだと信じている。

投稿者 ohata : 10:32 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年10月15日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月15日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月15日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

時間をかけるのがサービスではない。念入りにやって、なお今までよりも

時間をかけない、それが真のサービスというものだ。

投稿者 ohata : 09:14 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年10月13日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月13日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月13日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

信念は、何が正しいか、という事を自問自答しつつ、衆知を集めて追及する

ところから生まれてくる。

投稿者 ohata : 09:18 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年10月12日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月12日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月12日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

昔、値引きを求められたとき、会社の人たちの懸命な姿と

流す汗が思い浮かび、自分の一存ではとても値引きすることが出来なかった。

そのことを先方に話すと、かえって感心され、正価で買ってくれた。

投稿者 ohata : 08:59 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年10月11日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月11日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月11日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

人間に生まれたこと自体、運が強いということだ。自分は運がないとか

自分で自分の不幸を探すような愚は避けてほしい。

投稿者 ohata : 09:33 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年10月10日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月10日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月10日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

感謝する心とこわさを知る謙虚な心を忘れたら

国も人も破滅の道を辿るだろう。

投稿者 ohata : 07:22 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年10月09日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月09日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月09日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

人間としていちばん尊いことは、最善を尽くして自らも生き、

他をも活かすことだ。

投稿者 ohata : 09:29 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年10月06日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月06日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月06日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

自分の願望と適性の違いを知るべきである。

自分の適性にかなった仕事につかないと不幸である。

投稿者 ohata : 08:47 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年10月05日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月05日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月05日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

人それぞれには、天から与えられた個性がある。それぞれが個性を伸ばし

それぞれに個性を認め合うことが大事である。

投稿者 ohata : 08:53 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年10月04日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月04日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月04日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

先人偉人の生き方、考え方を教訓としても、その生き方、考え方を単純に

模倣してはいけない。

投稿者 ohata : 09:22 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年10月03日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月03日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月03日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

会社が発展しないのは社長の責任。一つの部、一つの課が良い成績示すも

示さないも、それはあげて、部長一人、課長一人の責任である。

それ以外に責任を転嫁する長は、長たる資格がない。

投稿者 ohata : 14:37 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年10月02日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月02日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月02日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

一生懸命やるというだけではいけない。つねに新しい工夫、新しい道を求めて

やまない心がけがなければならない。

投稿者 ohata : 09:44 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年10月01日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月01日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年10月01日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

小便が赤くなるほど努力したか。それほどの努力をせずして成功を望む事は

傲慢というものだ。

投稿者 ohata : 09:42 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年09月29日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年09月29日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年09月29日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

苦労しながら一つひとつ積み上げていくことが、結局は

物事を早く確実に成就させる近道であ。

投稿者 ohata : 20:59 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年09月28日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年09月28日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年09月28日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

もらった百万円と、汗水たらしてつくった百万円、

同じ百万円でも値打ちが違う。

投稿者 ohata : 06:08 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年09月27日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年09月27日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年09月27日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

熱意に満ちて、すべてをわが師とし、そこから学びとろうとするなら

行く道は無限にひらけてくる。

投稿者 ohata : 08:59 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年09月26日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年09月26日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年09月26日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

相撲の力士は一瞬で決まる勝負の為に、連日、激しい稽古をしている。

投稿者 ohata : 09:37 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年09月25日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年09月25日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年09月25日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

悲運と思われるときでも、決して悲観し、絶望してはいけない。

その日を必死になって生き抜くことが大事。そのうちきっと思いもしない道が

ひらけてくる。

投稿者 ohata : 09:26 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年09月22日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年09月22日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年09月22日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

きみはどの程度に仕事への熱心さをもち、どの程度に公明正大な考え方に

基づいて行動しているか。なんとなく、上手く行ったらいいとか

とにかく成功すればいいんだ、というような貧困な考え方をもってはいけない。

投稿者 ohata : 09:33 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年09月21日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年09月21日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年09月21日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

私は学校には行けなかったが、船場大学で得がたい勉強をした。

非常に大きな教育を受けたと思っている。

投稿者 ohata : 08:53 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年09月20日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年09月20日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年09月20日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

砂糖は甘く、塩は辛い。しかし、それは議論し、考えてわかるものではない。

なめてみなければわからない。体験が尊いということだ。

投稿者 ohata : 09:00 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年09月19日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年09月19日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年09月19日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

紙一枚の、その裏にひそむ、そのものの値打ちを考えると

なかなか平気で捨てることはできないものだ。

投稿者 ohata : 07:08 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年09月18日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年09月18日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年09月18日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

自転車で奉公している時、寒い朝、冷たい水で手を真っ赤にしながら店の表の

ふき掃除をしていると、「行ってきます」という声が聞こえた。

ふと見ると、向かい側の家の同じ歳の子が学校にでかけるところだった。

実にうらやましく思った。しかし、

そのたびに「身分が違うのだ、望んでも叶わないことだ、あきらめなさい」と

心の中で言い、手を切る冷たい水で雑巾を絞ったものだ。

投稿者 ohata : 08:20 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年09月15日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年09月15日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年09月15日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

誤まった道徳は、戦争につながる。

投稿者 ohata : 09:06 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年09月14日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年09月14日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年09月14日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

人間が経営の下僕になることは許されない。

経営のために人間があるのではなく、人間のために経営があるのだ。

投稿者 ohata : 08:54 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年09月13日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年09月13日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年09月13日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

勝ち抜こうと考えるより、共存しようと考えて商売をやってきた。

投稿者 ohata : 09:10 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年09月12日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年09月12日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年09月12日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

叱ってくれる人がいるということは、ありがたいことだ。

投稿者 ohata : 08:46 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年09月11日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年09月11日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年09月11日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

若者に口角泡をとばして怒るほどの意気が一面なければ、その若者は

結局は力がないということだ。

投稿者 ohata : 09:31 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年09月10日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年09月10日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年09月10日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

適正利益を度外視した薄利多売は、許されがたい罪悪である。

投稿者 ohata : 08:38 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年09月08日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年09月08日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年09月08日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

物価が騰貴している国は、治安が乱れている国だ。

投稿者 ohata : 08:54 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年09月07日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年09月07日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年09月07日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

われわれは、いいものを安くつくる事に一生懸命努力している。

政治家もまた、どうすれば安くてよい政治ができるかに、肝胆を砕かなければ

ならない。

投稿者 ohata : 08:20 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年09月06日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年09月06日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年09月06日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

希望は、ものを生み出す原動力。

投稿者 ohata : 09:13 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年09月05日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年09月05日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年09月05日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

民主主義における最高の責任者は国民である、政治家は、その国民の代表者で

あって公僕ではない。お互いのその自覚と責任感から国家の繁栄が生まれてく

る。

投稿者 ohata : 08:48 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年09月04日

巻三 「自分を見つめよ」(2007年09月04日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「自分を見つめよ」(2007年09月04日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

自分を見つめよ。自分の心を外に離して自分を見つめよ。

自分の周囲の人々に自分を見てもらえ。それが自己観照というものだ。

投稿者 ohata : 08:57 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年09月01日

巻三 「真の経営」(2007年09月03日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年09月03日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

すべてを善意に考える、すべてを修行と考える、そこから必ず道が開けてくる。

投稿者 ohata : 08:52 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年08月31日

巻三 「真の経営」(2007年08月31日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年08月31日)

====松翁ある人に次のように言われた。====

苦しさに動揺せず、志固く、努力を続けていく中で、本当の魂がつくられる。

投稿者 ohata : 09:19 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年08月30日

巻三 「真の経営」(2007年08月30日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年08月30日)
====松翁ある人に次のように言われた。====

年ごとに体重を測るように、己の実力を測定してみなさい。

投稿者 ohata : 10:55 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年08月28日

巻三 「真の経営」(2007年08月28日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年08月28日)
====松翁ある人に次のように言われた。====

竹林の七賢人も七人だったからいいけれど、貴方も賢人、私も賢人では

世の中は成り立っていかない。

投稿者 ohata : 06:16 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年08月27日

巻三 「真の経営」(2007年08月27日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年08月27日)
====松翁ある人に次のように言われた。====

進歩が速いのもよし悪しだ。

投稿者 ohata : 08:42 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年08月25日

巻三 「真の経営」(2007年08月25日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年08月25日)
====松翁ある人に次のように言われた。====

世界の青年の意識調査をしたら、日本の青年がいちばん不平不満が多かったと

いう。これほど豊かな国で、なお不平不満を感ずるとは、日本の青年はなんと

傲慢で、精神的に貧困なのだろうか。

投稿者 ohata : 07:11 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年08月24日

巻三 「真の経営」(2007年08月24日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年08月24日)
====松翁ある人に次のように言われた。====

愛国者でない者は、自分を大事にすることが出来ない者だ。

投稿者 ohata : 08:52 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年08月23日

巻三 「真の経営」(2007年08月23日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年08月23日)
====松翁ある人に次のように言われた。====

自国中心主義者は、真の愛国者とはいえない。

投稿者 ohata : 10:04 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年08月22日

巻三 「真の経営」(2007年08月22日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年08月22日)
====松翁ある人に次のように言われた。====

本来、愛国心が強ければ強いほど、隣国と仲良くしよう、世界と友好を結んで

いこうとするものだ。国を愛するものが、どうして戦争などしようと考えるの

ものか。

投稿者 ohata : 08:36 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年08月21日

巻三 「真の経営」(2007年08月21日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年08月21日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

徳川時代に江戸の町に北と南の奉行をおき、一ヶ月交替で町政を執行させて

善政を競わせた。国にも二つの政府をつくり、交代で政治を行わせたら、

お互い善政を競い合って、いい政治が生まれてくるかもしれない。

投稿者 ohata : 09:01 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年08月20日

巻三 「真の経営」(2007年08月20日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年08月20日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

愚人の経営もいけないが、賢人の経営もいけない。衆知による経営で

なければいけないということだ。

投稿者 ohata : 10:54 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年08月18日

巻三 「真の経営」(2007年08月18日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年08月18日)

仕事は食うため、本当は趣味に生き、遊びたいという人は、仕事をやめて

趣味や遊びを本業にすべきだ、その方が成功するだろう。

投稿者 ohata : 08:56 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年08月17日

巻三 「真の経営」(2007年08月17日)

 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年08月17日)
「松翁ある人に次のように言われた。」

徳川時代に江戸の町に北と南の奉行をおき、一ヶ月交替で町政を執行させて

善政を競わせた。国にも二つの政府をつくり、交代で政治を行わせたら、

お互い善政を競い合って、いい政治が生まれてくるかもしれない。

投稿者 ohata : 08:15 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年08月14日

巻三 「真の経営」(2007年08月16日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年08月16日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

愚人の経営もいけないが、賢人の経営もいけない。衆知による経営で

なければいけないということだ。

投稿者 ohata : 15:24 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

巻三 「真の経営」(2007年08月15日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年08月15日)

仕事は食うため、本当は趣味に生き、遊びたいという人は、仕事をやめて

趣味や遊びを本業にすべきだ、その方が成功するだろう。

投稿者 ohata : 15:23 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

巻三 「真の経営」(2007年08月14日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年08月14日)

核を開発するほどに、人類は精神を開発しなければならない。

そうでないと人類は自滅する。

投稿者 ohata : 15:22 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

巻三 「真の経営」(2007年08月13日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年08月13日)

末座に座っている人が、遠慮なくもの言える空気をつくることが、長たる者の

心得である。

投稿者 ohata : 15:22 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年08月11日

巻三 「真の経営」(2007年08月11日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年08月11日)

使い方が悪いから故障がおこるのだ、という事では通らない。

少々間違った使い方をしても、故障が起こらないようにちゃんと容易しておく。

それではじめていい商品といえる。

投稿者 ohata : 09:59 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年08月09日

巻三 「真の経営」(2007年08月09日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年08月09日)

困難にとらわれ、執着すると、かえって物事が難しくなることが多い。

投稿者 ohata : 10:55 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年08月08日

巻三 「真の経営」(2007年08月08日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年08月08日)

政府が国民にいつも、「なんとかしましょう、何とかお助けしましょう、

社会保障を増やしましょう」とばかり言う。国が国民に向かって、会社が社員に向かって

住みよい国、豊かな生活のために「もっと働いて下さい」 という勇気がほしい。

投稿者 ohata : 09:50 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年08月07日

巻三 「真の経営」(2007年08月07日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年08月07日)

明治維新は日本の開花であった。

昭和維新は世界の開花に努力すべきである。

投稿者 ohata : 09:40 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年08月04日

巻三 「真の経営」(2007年08月04日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年08月04日)

お客様が出て行く後ろ姿に、心底ありがたいと手を合わす。

そういう心持ちがなければ、商売人とはいえない。

投稿者 ohata : 09:13 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年08月03日

巻三 「真の経営」(2007年08月03日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年08月03日)

商品を買えばお金を払い、商品をうれば集金する。

この約束事をきちっと守っていくのが商人の道。

投稿者 ohata : 08:43 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年08月02日

巻三 「真の経営」(2007年08月02日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年08月02日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

会社が発展するためには、社長は今どういう事を考えているのか、

会社はどういう方向に向かっていこうとしているのかということが、大部分

の社員に理解されていることが必要である。

投稿者 ohata : 10:35 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年08月01日

巻三 「真の経営」(2007年08月01日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年08月01日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

無責任な愛情は、かえって相手を損ねることになる。

投稿者 ohata : 09:42 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年07月31日

巻三 「真の経営」(2007年07月31日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年07月31日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

金属の溶接切断技術を習っても、心が貧困であると、銀行の金庫破りをしたり

する。知識を授けるに相応しい人間を育てることが大切だ。

投稿者 ohata : 14:07 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年07月30日

巻三 「真の経営」(2007年07月30日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年07月30日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

米一粒の尊さを教えないと、若殿もバカ殿様になる。

投稿者 ohata : 09:00 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年07月28日

巻三 「真の経営」(2007年07月28日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年07月28日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

他人の社会的責任を追及する人は多いが、自分の社会的責任を追及する人は

少ない。

「この事は最近の日本は自分の家、会社身内の中でもその様になっているので  はなかろうか」

投稿者 ohata : 08:56 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年07月26日

巻三 「真の経営」(2007年07月26日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年07月26日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

本業を通じて正しい利益をあげ、正しい税金を納めて社会に貢献することこそ

企業の社会的責任である。

投稿者 ohata : 08:17 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年07月25日

巻三 「真の経営」(2007年07月25日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年07月25日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

働く事をバカにしてはいけない。労働は神聖である。

投稿者 ohata : 08:27 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年07月24日

巻三 「真の経営」(2007年07月24日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年07月24日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

何が正しいかを考え、信念を持って為すべき事を為す。

平凡といえば平凡だが、それをするしかないかが、成否の別れ道である。

投稿者 ohata : 09:40 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年07月23日

巻三 「真の経営」(2007年07月23日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年07月23日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

万物ことごとく不要なものはない。今は捨てられているフグの毒も

人知が進めばやがて人間生活に約立つような方法が見つかるだろう。

投稿者 ohata : 08:41 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年07月21日

巻三 「真の経営」(2007年07月21日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年07月21日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

自分で自分に弁解しなければならないような、みっともない事はすべきでない。

投稿者 ohata : 08:18 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年07月20日

巻三 「真の経営」(2007年07月20日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年07月20日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

平和は当たり前ではない、努力なしで平和は守れない。

当然と考えないで平和の価値を確認したい。そして国民一人が何を為すべき

かを考え合いたい。

投稿者 ohata : 10:21 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年07月19日

巻三 「真の経営」(2007年07月19日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年07月19日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

態度物腰に丁重さを欠くようでは、指導者としての資格はない。

投稿者 ohata : 09:04 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年07月18日

巻三 「真の経営」(2007年07月18日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年07月18日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

誰の意見にも感心し、なんのためらいもなく他人に尋ねることが出来る人には

人が集まり、知恵が集まり、人望があつまる。

投稿者 ohata : 09:44 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年07月17日

巻三 「真の経営」(2007年07月17日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年07月17日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

「天は二物を与えず」というが、逆に考えれば、

一物を与えてくれるということになる。

投稿者 ohata : 08:50 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年07月14日

巻三 「真の経営」(2007年07月14日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年07月14日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

きみは(貴方は)自分で自分を教育しているか。

投稿者 ohata : 08:58 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年07月13日

巻三 「真の経営」(2007年07月13日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年07月13日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

いい上司とは部下の話に耳を傾ける上司であり、悪い上司とは部下の話を

聞かない上司だ。

投稿者 ohata : 08:50 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年07月12日

巻三 「真の経営」(2007年07月12日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年07月12日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

売れているのに、値段を下げる努力をしないのは許されないことだ。

投稿者 ohata : 08:58 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年07月11日

巻三 「真の経営」(2007年07月11日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年07月11日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

大将は、私憤で事を決してはいけない。

投稿者 ohata : 08:38 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年07月10日

巻三 「真の経営」(2007年07月10日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年07月10日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

緩慢なインフレに注意せよ。つい油断してムダなことをやる。

投稿者 ohata : 08:48 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年07月09日

巻三 「真の経営」(2007年07月09日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年07月09日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

社会の発展に寄与するために何を為すべきかを、お互い経営者は考えねばなら

ない。我が業界、我が企業という考えをする事を許されない。

投稿者 ohata : 08:50 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年07月07日

巻三 「真の経営」(2007年07月07日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年07月07日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

経営には、勇気がひつようである。その勇気は、

何が正しいかというところから生まれてくる。

投稿者 ohata : 00:21 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年07月06日

巻三 「真の経営」(2007年07月06日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年07月06日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

会社の首脳は立派でなければならないが、完璧な人であるとかえって人が

使えない。

投稿者 ohata : 09:28 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年07月05日

巻三 「真の経営」(2007年07月05日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年07月05日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

千両役者が檜舞台で熱演しているにもかかわらず、観衆がそのほうを見ないで

雑談しているならば、千両役者も立派な演技をやる気にはならない。

今の政治家を千両役者にたとえるなら、観衆である国民は、その舞台を見つめ

ていないのではないか。これでは政治が弛緩する。

投稿者 ohata : 09:02 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年07月04日

巻三 「真の経営」(2007年07月04日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年07月04日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

水の流れも澱めば腐る。経営も日に日に新しい流れがなくてはいけない。

そうでないと、衰え、進歩が止まってしまう。

投稿者 ohata : 08:47 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年07月03日

巻三 「真の経営」(2007年07月03日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年07月03日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

消費者は王様である。しかし、王様が名君でなければ名君たるべく、

家来が王様を尊重しつつも、諫言をしなくてはならない。

諫言しないことは不忠となる。

投稿者 ohata : 08:55 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年07月02日

巻三 「真の経営」(2007年07月02日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年07月02日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

商売人は利にさとくなければならない。

利にうといというのは、武士が剣術を知らないのと同じである。

投稿者 ohata : 08:06 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年06月30日

巻三 「真の経営」(2007年06月30日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年06月30日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

好景気良し、不景気良し、ということで、自在に動けないようでは、

経営の適格者とはいえない。

投稿者 ohata : 08:19 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年06月29日

巻三 「真の経営」(2007年06月29日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年06月29日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

不景気はわれわれを休養させてくれる。ものを考えさせてくれる。

投稿者 ohata : 08:51 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年06月28日

巻三 「真の経営」(2007年06月28日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年06月28日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

無理をして安く売る必要はない。しかし、高く売る必要はさらにない。

適正利潤を頂ければそれでいい。それでもついてくるお得意先はついてくる。

どんなに、勉強しても縁のない人はやっぱり離れていく。

投稿者 ohata : 08:46 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年06月27日

巻三 「真の経営」(2007年06月27日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年06月27日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

いろいろ問題のあることがむしろ望ましい。経営者としては瞬時も休める時が

ないという時代こそ、生きがいを感じる時である。

投稿者 ohata : 08:36 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年06月26日

巻三 「真の経営」(2007年06月26日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年06月26日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

経営者は、自分の商売から、業界、産業界、さらには、社会、政治、国家

世界まで広げて、一連の責任を自覚することが要望されている。

投稿者 ohata : 08:40 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年06月25日

巻三 「真の経営」(2007年06月25日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年06月25日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

日本の産業界全体がつながって繁栄していくことを、常に考えつつ

自分の商売を守り抜いていく、それが今日の産業人としての責任、経営態度

というものである。

投稿者 ohata : 09:24 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年06月23日

巻三 「真の経営」(2007年06月23日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年06月23日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

経営というものは、非常に躍動的な、しかも生きた総合芸術である。

経営には真理が活かされ、善も美も活かされている。

そして国家社会に大きな貢献をするのが、経営である。こう考えると

経営というものは、本当に崇高な総合芸術である。

投稿者 ohata : 08:34 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年06月22日

巻三 「真の経営」(2007年06月22日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年06月22日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

今日の好景気、不景気というものは天然現象ではない。

人為的に、お互いの考えよって、好景気を持続したり

不景気を招いたりしている。

投稿者 ohata : 08:59 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年06月21日

巻三 「真の経営」(2007年06月21日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年06月21日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

物価を安定させよう、抑えようとする努力は尊い。が、抑えられないものを

抑えるための努力と費用のことを考えれば、むしろ何パーセントか上がって

いくことを承認して、それ以上に国民全体の所得を増やす為にはどうすべきか

を考えるほうが、結果は成功に終わるのではないか。

投稿者 ohata : 08:43 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年06月20日

巻三 「真の経営」(2007年06月20日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年06月20日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

経営者というものは、平時にあっては後方で采配を振っていれば良い。

しかし、非常時には、みずから難局にあたって率先垂範すべきである。

投稿者 ohata : 08:37 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年06月19日

巻三 「真の経営」(2007年06月19日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年06月19日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

お得意先に部下を出向させたら、その瞬間からその部下はお得意先の

番頭さんになる。一緒に食事するときには、上座に部下を据え、自分は下座に

座って話をせよ。それができるかどうか。

投稿者 ohata : 09:00 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年06月18日

巻三 「真の経営」(2007年06月18日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年06月18日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

中小企業の犠牲によって大企業が成り立っているというようなことは

大企業として恥ずべきことである。

投稿者 ohata : 09:33 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年06月16日

巻三 「真の経営」(2007年06月16日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年06月16日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

正しい競争は善、限界を超した競争は悪。

投稿者 ohata : 05:14 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年06月15日

巻三 「真の経営」(2007年06月15日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年06月15日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

今日、生産者ならざる消費者は一人もなく、同時に消費者ならざる生産者も

一人もいない。生産者即消費者、これが根本原則である。

投稿者 ohata : 09:03 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年06月14日

巻三 「真の経営」(2007年06月14日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年06月14日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

自分で今の自分の力を冷静に判断して行動しなければならない。

三段目の人は三段目の土俵で相撲をとること。

幕内で相撲をとれば負けるにきまっている。

投稿者 ohata : 09:14 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年06月13日

巻三 「真の経営」(2007年06月13日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年06月13日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

世界を相手に一品だけに専念し、徹してやれば、総合メーカが片手間に

やっている仕事よりよい仕事ができる。

投稿者 ohata : 08:50 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年06月12日

巻三 「真の経営」(2007年06月12日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年06月12日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

いい労使関係を築くための責任の、60パーセントは経営者にある。

投稿者 ohata : 09:50 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年06月11日

巻三 「真の経営」(2007年06月11日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年06月11日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

思案に尽きたら休めばよい。商売にも休みが必要である。

投稿者 ohata : 09:28 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年06月09日

巻三 「真の経営」(2007年06月09日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年06月09日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

経営者に欠くことのできない条件は、体験、カン、判断の速さ、実行力

勇気の五つである。

投稿者 ohata : 09:06 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年06月08日

巻三 「真の経営」(2007年06月08日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年06月08日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

真の適正価格は、神に許された価格である。動かしてはならない価格である。

投稿者 ohata : 08:55 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年06月07日

巻三 「真の経営」(2007年06月07日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年06月07日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

「むずかしいことだけれども、やろうじゃないか」ということを言い続け、

そして実際にやる努力を続けていけば、必ず事は成る。

「もうできないだろう」と匙をなげたら、永遠にできない。

投稿者 ohata : 09:07 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年06月06日

巻三 「真の経営」(2007年06月06日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年06月06日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

発展途上国に企業が進出する場合には、たとえ日本の本社に反するような事が

あっても、その国の発展のために、あるいはその国を立派な国にするために、

という考え方に徹しなければならない。

投稿者 ohata : 08:50 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年06月05日

巻三 「真の経営」(2007年06月05日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻三 「真の経営」(2007年06月05日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

経営は、長期視点とその日その日の積み重ねである。

その日その日の積み重ねとは「雨が降ったら傘をさす」である。

「雨が降ったら傘をさす」とは、時代、時勢の流れ、その時々に併せて

企業も個人も変化対応することである。強いものが生き残るのではなく、

変化対応能力の強いものが生き残るのが、天地自然の理法である。

投稿者 ohata : 10:31 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年06月04日

巻二 「自然の理法」(2007年06月04日)

=============================「松翁論語」===============================

 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年06月04日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

40代の幹部が、その実力を自覚し、より上司の人にその意見を用いさせる努力

をしなくては、企業は発展しない。

投稿者 ohata : 09:28 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年06月02日

巻二 「自然の理法」(2007年06月02日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年06月02日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

どんなことでも、これは心配だと思う事はみんな社長に言え。

社長がその心配のために死んでも、それは名誉の戦死である。

投稿者 ohata : 09:55 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年06月01日

巻二 「自然の理法」(2007年06月01日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年06月01日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

経営者が社員の給料を増やす事は大事である。しかし、社員が魂を打ち込んで

仕事ができる環境を整えることのほうが、さらに大事である。

投稿者 ohata : 10:16 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年05月31日

巻二 「自然の理法」(2007年05月31日)

=============================「松翁論語」===============================

 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年05月31日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

世間におもねるな。おもねれば必ず失敗する。

投稿者 ohata : 09:11 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年05月29日

巻二 「自然の理法」(2007年05月29日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年05月29日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

科学技術が進めば、収入が増えて物価が下がらなければならない。

下がらないとすれば、どこかにムダがあるからだ。

投稿者 ohata : 08:44 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年05月28日

巻二 「自然の理法」(2007年05月28日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年05月28日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

人間教育をおろそかにした過剰な知識教育は、国を亡ぼす。

投稿者 ohata : 09:42 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年05月26日

巻二 「自然の理法」(2007年05月26日)

=============================「松翁論語」===============================

 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年05月26日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

利益を与えずして、相手の利益を取るだけの考えで外交を論ずるのは

ナンセンスだ。

投稿者 ohata : 09:06 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年05月25日

巻二 「自然の理法」(2007年05月25日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年05月25日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

宗教と宗教が衝突し、戦争を繰り返している限り、世界に平和は実現しない。

投稿者 ohata : 08:51 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

山形の観光産業を視察して。

昨日から山形県酒田市に来ています。昨日は最上川の舟下りの会社訪問をして

今日の朝からはお客様をどのような戦略でお客様を増客して売上をあげるか過去分析

これからの機会と脅威、社内対策智恵の発表を参加経営者が行います。

昔はNHKドラマの「おしん」ブームで大層繁盛したらしいです。

ブームで業績を上げてきたところは悲惨な状況です。

結論としてやはり待ち、受け身の商売は浮草なビジネスです。

我社の商売は攻める商売、自分の心一つで繁栄、衰退も決まる。

やり甲斐のある商売に感謝です、今日も頼みます。

投稿者 ohata : 08:44 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年05月24日

巻二 「自然の理法」(2007年05月24日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年05月24日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

国民に主権者の意識が希薄であると、政治の貧困、政治の腐敗が起こる。

投稿者 ohata : 15:57 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年05月23日

巻二 「自然の理法」(2007年05月23日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年05月23日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

真の道徳が浸透すれば、社会全体が円滑に動く。

投稿者 ohata : 00:49 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

巻二 「自然の理法」(2007年05月23日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年05月23日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

真の道徳が浸透すれば、社会全体が円滑に動く。

投稿者 ohata : 00:49 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年05月22日

巻二 「自然の理法」(2007年05月22日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年05月22日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

教育は、知育、徳育、体育の三本柱で行わなければならない。

そうでなければ、大きな過ちが起こるだろう。

投稿者 ohata : 23:16 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年05月21日

巻二 「自然の理法」(2007年05月21日)

=============================「松翁論語」===============================

 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年05月21日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

人間の心は善悪両面をなしている。だから、善の面に刺激を与える努力が大事である。

投稿者 ohata : 09:51 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年05月19日

巻二 「自然の理法」(2007年05月19日)

=============================「松翁論語」===============================

 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年05月19日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

国民の道義道徳が退廃していると、すべて自分中心で考え、

公共の事を考えない。そうなると、公共が充実発展せず、結局は自分も困ると

いうことになる。

投稿者 ohata : 19:00 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年05月18日

巻二 「自然の理法」(2007年05月18日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年05月18日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

やらねばならないと堅く決意すれば、

おのずとそれに対処する道がひらけてくる。

投稿者 ohata : 08:45 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年05月17日

巻二 「自然の理法」(2007年05月17日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年05月17日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

きみたちのこれからの活動の目的は、人心の復興、伝統精神の復興にある。

投稿者 ohata : 08:57 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年05月16日

巻二 「自然の理法」(2007年05月16日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年05月16日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

九十歳になったら、中学校に入学したい。勉強したい。

投稿者 ohata : 12:41 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年05月15日

巻二 「自然の理法」(2007年05月15日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年05月15日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

昭和十年を基準にして、物価は千倍、賃金は千三百倍、それにもかかわらず

国家予算は一万三千倍、このままいけば三万倍になる。

そうなれば国家は破産する。

投稿者 ohata : 10:24 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年05月14日

巻二 「自然の理法」(2007年05月14日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年05月14日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

政治が基礎に国民生活が組み立てられている。政治がダメになれば、全てが

崩壊する。

投稿者 ohata : 20:52 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年05月12日

巻二 「自然の理法」(2007年05月12日)

=============================「松翁論語」===============================

 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年05月12日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

健全な精神が物を支配することが好ましい。物に動かされる精神では

人間の人間たる姿ではない。

投稿者 ohata : 09:08 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年05月11日

巻二 「自然の理法」(2007年05月11日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年05月11日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

政党をつぶしてでも、官僚制をつぶしてでも「国家国民のためならば」

という発想と、実行力のある政治家が育ってほしい。

投稿者 ohata : 09:19 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年05月10日

巻二 「自然の理法」(2007年05月10日)

=============================「松翁論語」===============================

 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年05月10日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

大将ばかりの軍隊では、戦に勝てない。

大学卒業生ばかりでは、国は弱体化する。

投稿者 ohata : 10:19 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年05月09日

巻二 「自然の理法」(2007年05月09日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年05月09日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

今の政治の混迷を考えると、国家国民の将来のために、この身がどうなろうと

のたれ死にしようと、なすべきことをしないといけない。

投稿者 ohata : 08:57 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年05月08日

巻二 「自然の理法」(2007年05月08日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年05月08日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

一度転んで気がつかねば、七度転んでもおなじこと。

危機感なきところ、成長なし。

投稿者 ohata : 08:36 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年05月07日

巻二 「自然の理法」(2007年05月07日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年05月07日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

失うものが多い人は、新しいことに挑戦するのを怖がる人が多い。

明治維新は失うものがない若い人たちが命がけでやったから成功した。

投稿者 ohata : 08:32 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年05月02日

巻二 「自然の理法」(2007年05月02日)

=============================「松翁論語」===============================

 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年05月02日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

世の中が安定しているときには、大きな会社は負けないが

波乱混乱のときには、むしろ小さな会社にチャンスが生まれる。

投稿者 ohata : 10:17 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年05月01日

巻二 「自然の理法」(2007年05月01日)

=============================「松翁論語」===============================

 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年05月01日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

増税を考える前に、行政改革、政治改革を考える政治家であるべきだ。

投稿者 ohata : 10:16 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年04月28日

巻二 「自然の理法」(2007年04月28日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年04月28日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

わが国は今、政治なき状態だ。志もなく、改革の努力もなく、目標もない政治

が続けば、数年で致命的なことが起こるだろう。

投稿者 ohata : 07:12 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年04月27日

巻二 「自然の理法」(2007年04月27日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年04月27日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

政党で選ぶより、国家国民のために働く人、政治をよくしようという真の志

をもった人を選挙すべきた。

投稿者 ohata : 01:02 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年04月26日

巻二 「自然の理法」(2007年04月26日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年04月26日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

自己過信、自信過剰では、戦争に勝てない。

投稿者 ohata : 01:02 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年04月25日

巻二 「自然の理法」(2007年04月25日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年04月25日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

「素直な心になりましょう」という言葉は

南無阿弥陀仏という言葉とおなじような唱え言葉だ。

投稿者 ohata : 00:54 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年04月24日

巻二 「自然の理法」(2007年04月24日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年04月24日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

愛のない経営が好ましくないように、愛なり慈悲の少ない政治は許されるはず

がない。

投稿者 ohata : 08:55 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年04月23日

巻二 「自然の理法」(2007年04月23日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年04月23日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

批判しようと思えば、どんなにいいことでも批判はでき。

いいところをつとめて見ようとするところに、人間の成長がある。

投稿者 ohata : 07:02 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年04月21日

巻二 「自然の理法」(2007年04月21日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年04月21日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

力を行使すべきところは力を行使すべきだ。正義も力で裏づけられていないと

意味がない。

投稿者 ohata : 04:07 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年04月20日

巻二 「自然の理法」(2007年04月20日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年04月20日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

人間いちばん苦労すべき年代は三十代だ。

なぜなら、三十代がいちばん伸びるからだ。

投稿者 ohata : 08:58 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年04月19日

巻二 「自然の理法」(2007年04月19日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年04月19日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

社員が自分の給料の三倍の利益を稼がなければ、会社は成り立っていかない。

投稿者 ohata : 09:00 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年04月18日

巻二 「自然の理法」(2007年04月18日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年04月18日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

弁舌さわやかな者で商売が上手という者は、あまりいない。

投稿者 ohata : 06:37 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年04月17日

巻二 「自然の理法」(2007年04月17日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年04月17日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

組織に人を合わせてはいけない。組織を変えてでも、人を活かせ。

投稿者 ohata : 09:09 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年04月16日

巻二 「自然の理法」(2007年04月16日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年04月16日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

悪意からは、いいものが生まれるはずがない。

「これは心の中に隠された前提条件を持ってコミニュケーションをとっても何れはボロがでる
頭かくして尻隠さずの言葉と同意語と思います」(大秦の考え)

投稿者 ohata : 08:27 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年04月14日

巻二 「自然の理法」(2007年04月14日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年04月14日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

日本の歴史が、偽りであるとか邪悪であるとか考えたり、言ったりする姿は

自分の国、自分たちの祖先を貧困にみている。そんな貧困な先祖から自分が

つながっていると考えて寂しくないのか。

投稿者 ohata : 09:54 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年04月13日

巻二 「自然の理法」(2007年04月13日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年04月13日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

窮屈はいけない。窮屈は人間の幸せにつながらない。

投稿者 ohata : 09:47 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年04月12日

巻二 「自然の理法」(2007年04月12日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年04月12日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

人間は千人いたら千人とも、みな顔が違う。同じように、見方、考え方も違う。

それを一律にまとめようとすることは、自然の姿に反する。

投稿者 ohata : 10:20 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年04月11日

巻二 「自然の理法」(2007年04月11日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年04月11日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

経営をいちばん熱心に真剣に考えるのは、中小企業の主人公だ。

大企業の経営者は困難を直接肌で感じないから、おのずと行動に力弱さが出てくる。

投稿者 ohata : 09:59 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年04月10日

巻二 「自然の理法」(2007年04月10日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年04月10日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

知っている強さの反面に、知っているための弱さはないだろうか。

知識の枠をはずして考え直して見たい。

投稿者 ohata : 14:28 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年04月09日

巻二 「自然の理法」(2007年04月9日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年04月9日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

数学や英語や国語の試験では、本当の人間性はわからない。

投稿者 ohata : 08:26 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年04月07日

巻二 「自然の理法」(2007年04月8日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年04月8日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

政治家の良否が国の命運を左右し、国民の幸不幸を決める。

政治家自身もそのことを強く自覚するとともに、国民もまた、私心なく政治家

を選挙しなければならない。

投稿者 ohata : 08:57 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年04月06日

巻二 「自然の理法」(2007年04月6日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年04月6日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

時計の歯車に大小はあるが、そのいずれの歯車がなくても時計は動かない。

投稿者 ohata : 10:09 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年04月05日

巻二 「自然の理法」(2007年04月5日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年04月5日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

民主主義は、その国その国の歴史伝統によって異なってくる。その国その国に

最も相応しい民主主義を打ち立てなければならない。

投稿者 ohata : 09:55 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年04月04日

巻二 「自然の理法」(2007年04月4日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年04月4日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

人間の本質には、限りない繁栄を生む力が与えられている。

「民主主義は繁栄主義」

投稿者 ohata : 08:38 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年04月03日

巻二 「自然の理法」(2007年04月3日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年04月3日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

民主主義では、人間の本質がそのまま活かされ、人間本然の姿がそのまま

素直に顕現されなければならない。

投稿者 ohata : 08:44 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年04月02日

巻二 「自然の理法」(2007年03月31日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年03月31日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

世界秩序は、人間の意図に基づいてつくられるべきではなく、

宇宙の秩序に基づいてつくられねばならない。

人間の目的は、人間を中心として生成発展の大原則を人間に上にも万物の上に

も顕現しこれによって、人間の繁栄、平和、幸福をはかることである。

投稿者 ohata : 10:07 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年03月31日

巻二 「自然の理法」(2007年03月01日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年03月01日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

世界秩序は、人間の意図に基づいてつくられるべきではなく、

宇宙の秩序に基づいてつくられねばならない。

人間の目的は、人間を中心として生成発展の大原則を人間に上にも万物の上に

も顕現しこれによって、人間の繁栄、平和、幸福をはかることである。

投稿者 ohata : 14:09 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年03月30日

巻二 「自然の理法」(2007年03月30日)

=============================「松翁論語」===============================

 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年03月30日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

礼は人間の生活に必要不可欠のものだ。礼には三つある。

第一の礼は宇宙根源の力に対する礼、

第二の礼は人間に対する礼

第三の礼はものに対する礼である。しつけは人間性を伸ばす副え木である。

投稿者 ohata : 09:26 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年03月29日

巻二 「自然の理法」(2007年03月29日)

=============================「松翁論語」===============================

 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年03月29日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

人間には本来悩みは存在しない。悩むのは、何かにとらわれているからた。

成功、豊かさの内容は、人によって異なるものだ。

人間としての成功は、各々異なった生命力を生かすことである。

異なった生命力とは天分ということである。

投稿者 ohata : 08:59 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年03月28日

巻二 「自然の理法」(2007年03月28日)

=============================「松翁論語」===============================

 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年03月28日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

宇宙の根源には、万物を生かし、人間を生かそうとする意志がある。

全てのものは、人間の繁栄、平和、幸福に約立つところにその使命がある。

この使命に背く殺し方や無意味な生かし方が殺生ということだ。

人間の自由を奪い、その活動を妨げるすべての施策は、もっとも大きな殺生といえる。

投稿者 ohata : 08:46 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年03月27日

巻二 「自然の理法」(2007年03月27日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年03月27日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

信仰とは、すべてを育む天地の恵に感謝の真心を捧げることである。

天地の恵は無心であり、平等である。なにものをも差別することはない。

自然の理法を正しく認識すれば、迷信に陥ることはない。

投稿者 ohata : 09:31 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年03月24日

巻二 「自然の理法」(2007年03月24日)

=============================「松翁論語」===============================

 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年03月24日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

君子は日に三転するどころか、百転してもいい。それほど時代の流れは速くなっている。

諸行無常とは、万物流転ということであり、生成発展ということだ。

「変えてはならない事と、変えなくてはならない事がある」

「変えてはならない事を変えて、変えなくてはならない事を変えないのは時代錯誤」
                                 (大秦の私見)

投稿者 ohata : 08:50 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年03月23日

巻二 「自然の理法」(2007年03月23日)

=============================「松翁論語」===============================

 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年03月23日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

進歩とは人間のみならず万物も、その天分をより多く発揮する度合いのことだ。

生成発展とは日に新たということである。古きものが滅び、新しいものが生まれるという事である。

死もまた生成発展の姿。

投稿者 ohata : 08:51 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年03月22日

巻二 「自然の理法」(2007年03月22日)

=============================「松翁論語」===============================

 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年03月22日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

小事は、是非損得をもって判断しても良い。

しかし大事は、利害を超越した正義を根底において判断しなくてはならない。

投稿者 ohata : 09:02 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年03月20日

巻二 「自然の理法」(2007年03月20日)

=============================「松翁論語」===============================

 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年03月20日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

およそこの世に同じものは一つもなく、同じ人間は一人も居ない。

それぞれ使命を異にし、その道を異にしている。猿は猿、魚は魚、人は人。

投稿者 ohata : 09:05 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年03月19日

巻二 「自然の理法」(2007年03月19日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年03月19日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

文化とは、宇宙の法則を解明し、生活に活かしていくことである。

身も心も豊かでなければ、真の幸福、真の平和、真の繁栄はありえない。

投稿者 ohata : 10:10 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年03月17日

巻二 「自然の理法」(2007年03月17日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年03月17日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

学問も宗教も芸術も、その根本は宇宙の法則の解明でなければならない。

心的法則は、科学で究めることはむずかしいが、物的法則は科学によって究め

ることが容易である。

投稿者 ohata : 12:01 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年03月16日

巻二 「自然の理法」(2007年03月16日)

=============================「松翁論語」===============================

 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年03月16日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

宇宙の法則とは自然の理法である。それは宇宙根源の力が働く法則である。

またそれを真理と呼んでもいい。宇宙の法則は大別して二つある。

一つは心的法則であり、一つは物的法則である。心的法則とは人間の心、精神に働く

法則であり、物的法則は物そのものに働く法則である。

投稿者 ohata : 08:29 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年03月15日

巻二 「自然の理法」(2007年03月15日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「自然の理法」(2007年03月15日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

調和するということは、自然の理法に順応するということだ。

調和した社会とは、人々がそれぞれの分に応じて働き、社会秩序が正しく

守られて、お互いに助け合っている社会である。

投稿者 ohata : 09:16 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年03月13日

巻二 「成功は運」(2007年03月13日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年03月13日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

何が正しいか、ということに生命を賭す事が出来ないならば、

経営者を辞したほうが良い。

投稿者 ohata : 06:46 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年03月12日

巻二 「成功は運」(2007年03月12日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年03月12日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

大企業が、売りやすさの為に利益を捨てて原価販売することは、資本の暴力であり、

これは断じてやってはならない。

投稿者 ohata : 18:49 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年03月10日

巻二 「成功は運」(2007年03月10日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年03月10日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

経営は、私、のものではない。私企業であるけれども、その本質は、公のものである。

単に会社あるいは個人の名において運営しているに過ぎない。

投稿者 ohata : 09:02 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年03月09日

巻二 「成功は運」(2007年03月09日)

=============================「松翁論語」===============================

 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年03月09日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

遅れているから前へ進める。先頭に立っていないから先頭に立てるチャンスも

ある。国家の為に、社会の為に、同業の為に、企業は適正な利益を確保しなけ

ればならない。

投稿者 ohata : 09:42 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年03月08日

巻二 「成功は運」(2007年03月08日)

=============================「松翁論語」===============================

 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年03月08日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

天下の資本を使い、天下の国民を使って事業をしながら、なお利益をあげられ

なければせられても当然である。儲け方によっては、儲けても叱られる。

投稿者 ohata : 09:45 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年03月07日

巻二 「成功は運」(2007年03月07日)

=============================「松翁論語」===============================

 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年03月07日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

注意すべき事は百回注意しても、死ぬまで注意してもそれで十分という事はない。

投稿者 ohata : 09:09 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年03月06日

巻二 「成功は運」(2007年03月06日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年03月06日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

経営学は知る事ができる。しかし、生きた経営というものは、

教えるに教えられない、習うに習えない、自得するしかないものだ。

投稿者 ohata : 09:32 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年03月05日

巻二 「成功は運」(2007年03月05日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年03月05日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

天を恐れ、地を恐れる謙虚な態度であってこそ、本当の力がつく。

恐れを知らない人間は人間に値しない。

投稿者 ohata : 10:07 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年03月03日

巻二 「成功は運」(2007年03月03日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年03月03日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

競争が無理なものでなければ、そこに人類の進歩、世界産業の発達が生まれる。

競争それ自体か我々の仕事である。

投稿者 ohata : 09:06 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年03月02日

巻二 「成功は運」(2007年03月02日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年03月02日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

病根が出来た時はまだ健康体である。誰が見ても悪いといわないし、自覚症状

もない。自覚症状が出て、周りから心配される頃には、すでに病気が進行して

いるのである。これは人体に限らず、経営体も同じ事である。

投稿者 ohata : 08:46 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年03月01日

巻二 「成功は運」(2007年03月01日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年03月01日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

法律はできるだけ簡素簡潔がいい。そして時代とともに適宜改廃する。

とりわけ重要でなくなったものは、惜しみなく廃棄してゆかねばならない。

投稿者 ohata : 08:42 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年02月28日

巻二 「成功は運」(2007年2月28日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年2月28日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

適正妥当な利益を得て売っても、なおかつ他より安く売れるという場合に

始めて安く売るというのである。

投稿者 ohata : 09:16 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年02月27日

巻二 「成功は運」(2007年2月27日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年2月27日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

農民は米を作って世に奉ずる、産業人はそれぞれの産業を通じて人々に奉ずる

これ以外のなにものでもない。この奉じあう程度の高いほど、世の中は繁栄し

その奉ずる能率の高い人ほど、他から奉ぜられる。

投稿者 ohata : 09:30 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年02月26日

巻二 「成功は運」(2007年2月26日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年2月26日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

大衆は極めて賢明であり、きわめて公正である。我々は常にこの賢明にして

公正な大衆の期待にいかに応え、いかに奉仕するかという点に、経営の根本を

おいて仕事を進めなければならない。

投稿者 ohata : 09:25 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年02月23日

巻二 「成功は運」(2007年2月23日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年2月23日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

薄利多売は、一人を富ませて他の全てを倒すものである。適正利益に基づく

厚利多売から生まれるものは、豊かな消費であり、豊かな生産であり、富める

社会、共存共栄の社会である。

投稿者 ohata : 10:11 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年02月22日

巻二 「成功は運」(2007年2月22日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年2月22日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

人間一人の知恵はいかに優れていても、闇夜の提灯のようなもので、たかが

知れている。自分一人の考え、判断を最上なりと信じての独断の振る舞いは

結局みずからに悲劇を招くだろう。

投稿者 ohata : 09:36 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年02月21日

巻二 「成功は運」(2007年2月21日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年2月21日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

若者は国家の基礎であり財産である。若者の心がまえが国家の将来を決定する。

投稿者 ohata : 06:57 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年02月20日

巻二 「成功は運」(2007年2月20日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年2月20日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

正しい熱意のあるところ、必ず経営成功の道がひらけてくる。

熱意は成功へのハシゴである。

投稿者 ohata : 07:59 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年02月19日

巻二 「成功は運」(2007年2月19日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年2月19日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

百人の人からことごとく褒められる時が、いちばん危険である。

それに匹敵するだけの反省をしなければ、結局のところ自己破滅する。

投稿者 ohata : 08:29 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年02月17日

巻二 「成功は運」(2007年2月17日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年2月17日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

責任者には、三つの仕事がある。

仕事の完成と仕事の創造、そして人材育成である。

投稿者 ohata : 06:50 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年02月16日

巻二 「成功は運」(2007年2月16日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年2月16日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

指導者は、部下の話に耳を傾けよ。話を聞くことによって、知恵が集まり

部下の人たちも成長する。

投稿者 ohata : 08:27 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年02月15日

巻二 「成功は運」(2007年2月15日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年2月15日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

会社が今日ここにあるまでには、先輩諸氏のたえまない努力、苦労の歴史が

あることを決して、忘れないでほしい。

投稿者 ohata : 08:35 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年02月14日

巻二 「成功は運」(2007年2月14日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年2月14日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

さまざまな問題に対応する為には、一種類だけの人では対応できない。

だから、会社は色々な個性を持った人の集まりにすることが大事。

投稿者 ohata : 08:56 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年02月13日

巻二 「成功は運」(2007年2月13日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年2月13日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

今が最善だと思っても、それは今日の最善であり、明日が約束された最善では

ない。「適宜適切」

投稿者 ohata : 08:55 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年02月10日

巻二 「成功は運」(2007年2月10日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年2月10日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

経営理念は、まず経営者が考え抜いて、自身で心の底から、これだ、と思える

もの、さらに従業員も株主も納得できるもの、ひろく世間の人々が賛成して

くれるもの、そして天地自然の理にかなっているものでなければならない。

投稿者 ohata : 08:57 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年02月09日

巻二 「成功は運」(2007年2月9日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年2月9日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

経営を進めるときには、目に見える要因と、目に見えない要因を、共に考え

なければいけない。たとえば製品、技術、工場、手法なども大事にするが、

同時に哲学、理念、考え方、心がまえ、態度なども大事にしなければならない

ということだ。

投稿者 ohata : 09:28 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年02月08日

巻二 「成功は運」(2007年2月8日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年2月8日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

経営者は、いつも将来というものが頭にないといけない。五年後、十年後に

どうなるか、どうすべきか。そのうえで、今どうしたら良いのかを考える。

将来から現在を考えるのが、経営者としての発想である。

投稿者 ohata : 08:40 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年02月07日

巻二 「成功は運」(2007年2月7日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年2月7日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

つねに仕事の主人公になれ。

人から言われることだけをやれば良いというような、安易かつ単純な考えでは

いけない。自分は、社員稼業をしているのだ、独立経営体の大将なのだ、

という考えに徹すれば、想像もできない大きな力と大きな成果が生まれてくる。

投稿者 ohata : 08:33 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年02月05日

巻二 「成功は運」(2007年2月5日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年2月5日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

二代目の経営者は、とくに謙虚であらねばならない。なぜならば創業のために

凄絶な戦いをしてきた先輩諸氏を使わなければならないからだ。

投稿者 ohata : 09:43 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年02月03日

巻二 「成功は運」(2007年2月3日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年2月3日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

雨が降れば傘をさす。至極簡単、当たり前のことを適時適切に実行するところ

にこそ、商売の秘訣がある。

「松下幸之助翁のように当たり前の事を、当たり前に受け取らない、当たり前に事を進めないその原因
は何処にあるのかと考えたら、学識が邪魔をしているのではなかろうかと思う。それは学識が素直な心
を失わせているのではないだろうか。」

投稿者 ohata : 09:01 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年02月02日

巻二 「成功は運」(2007年2月2日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年2月2日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

人生は自分で演出も演技もする。生きた芝居のようなものである。

腕次第、やり方次第で、いくらでもいい芝居になりうる。
(夢を持たなければビジョンは生まれない、夢は幸せの一歩なり)

投稿者 ohata : 08:29 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年01月31日

巻二 「成功は運」(2007年2月1日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年2月1日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

悪をなくすことは出来ない。だから一方で極力少なくするように工夫しつつ

悪を共同生活に活用、善用する道を考えたい。

投稿者 ohata : 18:13 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

巻二 「成功は運」(2007年1月31日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年1月31日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

日本は世界一の観光国家になるべきだ。そのためには、単に自然の景観が

美しいだけではいけない。素晴らしい町並み、素晴らしい施設、素晴らしい環

境をもつ国にしなければならない。さらに加えて、何よりも国民の心を養い

高め、マナーも世界一にしなければならない。

投稿者 ohata : 09:00 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年01月29日

巻二 「成功は運」(2007年1月30日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年1月30日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

相当の仕事をする人、事業をしている人は、愚痴を言える部下をかたわらに

おく事が望ましい。

投稿者 ohata : 17:51 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

巻二 「成功は運」(2007年1月29日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年1月29日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

長所も短所も天与の個性、持ち味の一面である。うぬぼれず、嘆かず、

おおらかにそれらを活かす道を考えたい。

投稿者 ohata : 08:57 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年01月27日

巻二 「成功は運」(2007年1月27日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年1月27日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

首脳者は要求者にならなければならない。強い理想に基づく適切な要望を持た

ない首脳者は存在する価値がない。

投稿者 ohata : 07:10 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年01月25日

巻二 「成功は運」(2007年1月26日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年1月26日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

一日を振り返って、自分で自分の頭を撫でてやりたい心持ちになれるかどうか。

それがその日が充実した一日であったかどうかの判断基準である。

「私は毎日、頭を自分で叩いたり、時には他人に叩かれたりの連続です。中々他人は私の頭を撫ぜてくれない、やはり自分で撫ぜるのが一番」

投稿者 ohata : 17:59 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

巻二 「成功は運」(2007年1月25日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年1月25日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

欲そのものは善でもなく、悪でもない。正しい使い方をすれば幸福をもたらし

誤まった使い方をすれば不幸を招く。(○○○○と刃物は使いよう)

投稿者 ohata : 08:46 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年01月24日

巻二 「成功は運」(2007年1月24日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年1月24日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

学問、知識は大切である。しかし学問、知識が、人間にとっては道具である事

をよく認識しておかなければならない。学問、知識に振り回されている人が

この世の中案外多いのではあるまいか。

投稿者 ohata : 08:33 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年01月23日

巻二 「成功は運」(2007年1月23日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年1月23日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

適正な利益というものは、企業の使命達成に対する報酬である。

だから、利益なき経営は社会に対する貢献が少なく、その本来の使命を果たし

得ていないともいえる。

投稿者 ohata : 08:31 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年01月22日

巻二 「成功は運」(2007年1月22日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年1月22日)
  
「松翁ある人に次のように言われた。」

もともと日本は多民族多言語国家ではない。だから、日本はそうした国内より

もはるかに費用が安く、政治ができなければならない。日本人は、もっと安い

税金で、もっといい政治が出来るのだという考え方を持つべきだ。

私の思うところ、日本の税金は今の半分でも国家運営は可能である。

投稿者 ohata : 08:57 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年01月20日

巻二 「成功は運」(2007年1月20日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年1月20日)
  
「松翁ある人に次のように言われた。」

賢愚いずれといえども神の目からみれば、たかが知れている。

賢愚の差より熱意の差が人間の価値を決める。

「熱意を高める為には人間、目的、目標、ビジョン、志を持たねばならない」

投稿者 ohata : 08:58 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年01月19日

巻二 「成功は運」(2007年1月19日)  

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年1月19日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

自然破壊はいけないが、自然改良はいい。むしろ、人間の力で自然をより良い

ものにすることこそ、人間の使命である。

(自然の環境破壊の事をどちらかと言えば考えられるが、自然食品の重要性がもっと論じられても良いのではなかろうか。)

投稿者 ohata : 08:39 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年01月18日

巻二 「成功は運」(2007年1月18日)    

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年1月18日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

国内で売る価格より輸出の価格を高くするのは当然である。

それだけ手間もかかるし、また何よりも永年ご愛顧いただいている

国内のお客様を大切に考える事が、私の考える商売の道である。

投稿者 ohata : 00:04 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年01月17日

巻二 「成功は運」(2007年1月17日)  

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年1月17日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

政治、行政の進め方に徹底した工夫改善を加え、その生産性を高めていけば

国費の一割程度の剰余金を生み出していくことができるはずだ。

それを年々積み立てていけば、百年、二百年のあいだには、その貯蓄による

金利収入だけで国費の全てをかない、国民から税金をとらなくても済むような

無税国家の実現も決して夢ではない。さらに進んでは、国家が国民に何がしか

の配当ができる収益分配国家も可能ではなかろうか。
(今の政治家、官僚に爪のアカを煎じて飲ましたい)

投稿者 ohata : 06:05 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年01月16日

巻二 「成功は運」(2007年1月16日) 

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年1月16日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

商売のコツの一つは、人に喜びを与えるという事である。いい商品だった

いいサービスだった、とお客様に心から喜んでいただけるようにする事である。

投稿者 ohata : 08:08 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年01月15日

巻二 「成功は運」(2007年1月15日)   

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年1月15日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

まず汗を出せ。汗の中から知恵を出せ、それが出来ない者は去れ。

汗を流し、涙を流し、努力に努力を重ねるうちに、本当の知恵というものが

身についてくる。

投稿者 ohata : 09:07 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年01月13日

巻二 「成功は運」(2007年1月13日)       

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年1月13日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

無駄や非能率があれば、物価は上がる。物価が上がるということは

政治や経営や社会にムダがあり、非能率があるからだ。

「無駄な経費が多ければコストが上昇して、お客様、社員さんの生活が豊かにならな
い事にも通じる」

投稿者 ohata : 11:09 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年01月12日

巻二 「成功は運」(2007年1月12日)   

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年1月12日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

運命が90%である。しかし残りの10%は、人間の努力に任されている。

船が大きいか小さいかは運命。しかし舵の部分は人間に任せられた努力の

部分である。

「人生は運命任せか、より良い人生を選択するか当人の心が選択するものだと思う」

投稿者 ohata : 08:17 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年01月11日

巻二 「成功は運」(2007年1月11日) 

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年1月11日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

素直な心とは、物事を平易にみること、難しくものを見ないようにすることで

ある。(雑念、邪念、損得勘定が優先するために中々私は素直になれません)

投稿者 ohata : 09:11 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年01月10日

巻二 「成功は運」(2007年1月10日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年1月10日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

広告宣伝は、決して売らんがためのものではない。

こんな良いものができた、これをなんとか知らせたい、

そこに広告宣伝の意義がある。(お客様が共感しご支援いただける)

投稿者 ohata : 10:29 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年01月09日

巻二 「成功は運」(2007年1月09日)  

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年1月09日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

派閥はあってもいい。しかし、協調を忘れた派閥は闘争にあけくれる。

これがいけない。(会社であれば、部、課での壁とか争いごとを意味する)

投稿者 ohata : 09:29 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年01月06日

巻二 「成功は運」(2007年1月06日)   

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年1月06日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

人を十人使ったら、その中にはいつも反対し、無意味に物事を斜めに見たりし

て、全体の活動を邪魔する人が、だいたい一人ぐらいはいるものだ。

投稿者 ohata : 09:07 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年01月05日

巻二 「成功は運」(2007年1月05日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年1月05日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

いい人材ばかり集めようと考えるのは虫が良すぎる。少々変なものがいても

大胆に構えて使う度量がないと、人など使えるものでない。

投稿者 ohata : 07:53 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年01月04日

巻二 「成功は運」(2007年1月04日)  

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年1月04日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

経営にも、万一の場合に備えて、設備や資金などのダムをつくり、ゆとりを

持った経営を進めていくことが肝要である。

そうすれば、いかなる経営環境のもとでも安定的な経営を進めていくことが

できるだろう。

投稿者 ohata : 08:09 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年01月02日

巻二 「成功は運」(2007年1月02日)       

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年1月02日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

賢い人は国を興し会社を興すが、国をつぶし、会社をつぶすのも賢い人である。

投稿者 ohata : 09:10 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

巻二 「成功は運」(2007年1月03日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年1月03日)
  
「松翁ある人に次のように言われた。」

私はこれまで、出来るだけ無理をしないということで、経営を進めてきた。

いいかえれば、自分の力の範囲で仕事をしてきたということだ。

投稿者 ohata : 09:10 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2007年01月01日

巻二 「成功は運」(2007年1月01日)       

新年あけましたおめでとう御座います。
今年も松下幸之助翁の教えを「素直な心」で身も心も感性を研ぎ澄まして学び
つづけて行きたいと思っています。メールを読んで頂いているのが私の励みでもあります、あてにされていると自らが解釈して配信させて頂けます。
私も今年で還暦を迎えます、与えられた生命の半分を過ぎました。ボチボチ心定め経営の品質を高めなくてはと思っております、またご指導のほど本年もよろしくお願いいたします。

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2007年1月01日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

私は経営を公明正大にやってきた。いかなる商品も売れるからといって不当な

利益をむさぼった事もないし、この価格が適当適正だと考えたものについては

安易な値引きをすることもしなかった。

投稿者 ohata : 11:41 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年12月31日

巻二 「成功は運」(2006年12月31日) 

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年12月31日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

勇気は、公のためにやるという立場に立てば、おのずと湧いてくるものである。

投稿者 ohata : 12:14 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年12月30日

巻二 「成功は運」(2006年12月30日)  

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年12月30日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

十人の軍師があれば、十人の意見が一致する場合もあるし、意見が三つに割れ

ることもある。しかし、そのどれをとるか大将がきめなければならない。

決定しない大将は愚将であり、愚将では戦は負けるに決まっている。

投稿者 ohata : 08:41 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年12月29日

巻二 「成功は運」(2006年12月29日)  

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年12月29日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

民主主義が金と時間がかかるという考えは誤っている。

適材が適所に配置される民主主義では事が早く進むから、

金も時間もかかるはずがない。

投稿者 ohata : 08:31 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年12月28日

巻二 「成功は運」(2006年12月28日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年12月28日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

いい物を安くたくさんつくることが産業人の使命だが、その安くとは、正当な

原価に正当な利潤を加算した価格である。正当な利潤を放棄したり、ましてや

原価を割るような価格を安いというのではない。正当な原価と正当な利潤を

加算しても、なお安くする努力をするのが、産業人としての正当な努力である。

投稿者 ohata : 08:41 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年12月27日

巻二 「成功は運」(2006年12月27日)  

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年12月27日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

富とは蓄積されたものではなく、生産力であり、消費力である。

投稿者 ohata : 08:46 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年12月26日

巻二 「成功は運」(2006年12月26日) 

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年12月26日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

自分が繁栄の生活を営みたいと願うならば、他人の繁栄もまた願わなければ

ならない。自分ひとりだけの繁栄を実現しても、すぐに崩壊しいしまうからで

ある。

投稿者 ohata : 08:55 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年12月25日

巻二 「成功は運」(2006年12月25日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年12月25日)
 
「松翁ある人に次のように言われた。」

私は私なりに当たり前のことを当たり前にやってきた。ごく平凡にやってきた。

決して世間を驚かそうとか奇想天外なことをやろうと思ったことはない。

投稿者 ohata : 10:15 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年12月22日

巻二 「成功は運」(2006年12月22日)  

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年12月22日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

人は知識が最高でなくてもいい、しかし真実に基づいて人生を歩まなければ

ならないという思いだけは、誰にも負けないものをもっていなければならない。

投稿者 ohata : 10:07 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年12月21日

巻二 「成功は運」(2006年12月21日)   

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年12月21日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

経営とは、総合的な生きた芸術である。

白紙の上に平面的に価値を創造するだけではない。立体というか四方八方に

広がる芸術である。となれば、経営者はまさに総合芸術家。したがって単なる

金儲け、単なる虚栄のための経営であってはならない。人生とは何か、

人間とは何かという哲学がなければならない。そうでなければ名画を描く事は

できるものではない。

投稿者 ohata : 08:33 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年12月20日

巻二 「成功は運」(2006年12月20日) 

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年12月20日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

経営者はつねに死を覚悟して、しかもつねに方向転換する離れわざを心に描け

るひとでなければならない。

投稿者 ohata : 08:31 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年12月19日

巻二 「成功は運」(2006年12月19日) 

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年12月19日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

すべての生命はみなバラバラではなく、同じ宇宙根源の力から

与えられたものである。したがって、すべての生命につながっている。

投稿者 ohata : 09:05 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年12月18日

巻二 「成功は運」(2006年12月18日)  

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年12月18日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

幸福とは、自分に与えられた天分のなかにいきてゆくことである。

地位や名誉や財産にあるのではない。

投稿者 ohata : 08:50 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年12月16日

巻二 「成功は運」(2006年12月16日)  

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年12月16日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

成功というのは、自分に与えられた天分を完全に生かしきることである。

投稿者 ohata : 08:57 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年12月15日

巻二 「成功は運」(2006年12月15日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年12月15日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

嫉妬は天与のもので、なくす事は出来ない。しかし、だからといって濫用する

ことは醜いことである。嫉妬心は狐色にほどよく妬くことが寛容である。

投稿者 ohata : 09:33 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年12月14日

巻二 「成功は運」(2006年12月14日)  

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年12月14日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

人知のみに頼って、天地自然の理に沿わなければ、共同生活はよくならない。

投稿者 ohata : 08:49 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年12月13日

巻二 「成功は運」(2006年12月12日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年12月12日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

上に立つ者が威圧とか権力で人を使うのは愚かである。

安心感を持たせつつ、なお導いていくことができなければならない。

投稿者 ohata : 09:50 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

巻二 「成功は運」(2006年12月13日)  

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年12月13日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

不況を怖がってはいけない。不況から逃げてはいけない。

むしろこれに立ち向かい、社内のゆるみを引き締め、改善すべき点を徹底的に

改善していく事が大事だ。不況の時こそ、身にしみて本当の勉強が出来るいい

投稿者 ohata : 09:46 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年12月11日

巻二 「成功は運」(2006年12月11日)   

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年12月11日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

私は人を使っていく時に、褒めるにしても叱るにしてもごく自然に振舞ってき

た。しかし、つねに経営の使命感を忘れる事はなかった。

投稿者 ohata : 09:56 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年12月09日

巻二 「成功は運」(2006年12月09日)    

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年12月09日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

人間しいうものは、誰にも長所と短所がある。

人と付き合っていく場合、つとめて相手の長所を見ていくことが大事である。

投稿者 ohata : 08:17 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年12月07日

巻二 「成功は運」(2006年12月07日) 

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年12月07日)  

「松翁ある人に次のように言われた。」 

日々新たであるためには、いつも、なぜ、と問わなければならない。

繁栄は、なぜ、と問うところから生まれてくる。

投稿者 ohata : 09:19 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年12月06日

巻二 「成功は運」(2006年12月06日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年12月06日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

手形は私製紙幣だ。放任されていていいはずがない。   

投稿者 ohata : 09:05 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年12月05日

巻二 「成功は運」(2006年12月04日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年12月04日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

宇宙自然の心、自然の恵みの根源を求めて、これに応ずる人間の心のあり方を

わきまえ、それを実践していく事が宗教である。

投稿者 ohata : 15:58 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

巻二 「成功は運」(2006年12月05日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年12月05日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

自分で自分をほめる。

そういう心境になれるような日々の過ごし方が大事である。   

投稿者 ohata : 08:57 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年12月02日

巻二 「成功は運」(2006年12月02日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年12月02日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

一切のものは、大きな自然の恵みによって生かされているのだ。   

投稿者 ohata : 07:44 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年12月01日

巻二 「成功は運」(2006年12月01日) 

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年12月01日)  

「松翁ある人に次のように言われた。」

相対するものは必ず調和することができる。

調和させ融合していくところに、進歩も平和、幸福、繁栄も生まれてくる。 

投稿者 ohata : 08:06 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年11月30日

巻二 「成功は運」(2006年11月30日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年11月30日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

どの思想も、どの主義も、真理の一部を語っているが、全部は語っていない。 

投稿者 ohata : 09:07 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年11月29日

巻二 「成功は運」(2006年11月29日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年11月29日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

平和を乱し、貧困を招くのは、お互いが個々の思想や主義にとらわれるからだ。 

投稿者 ohata : 09:39 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年11月28日

巻二 「成功は運」(2006年11月28日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年11月28日)

「松翁ある人に次のように言われた。」 

政治家は難しい理屈をこねまわしたり、口角泡を飛ばして罵り騒ぐよりも

人情を解し、国民が腹の底から納得する、情理を尽くした政治を行うべきである。

投稿者 ohata : 08:49 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年11月27日

巻二 「成功は運」(2006年11月27日) 

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年11月27日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

知、情、意は人間の本質から出る人間性であるが、これは変化する。

知を高め、情を厚くし、意を強くする。

それが人間性を向上させるということにもなる。

投稿者 ohata : 08:58 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年11月25日

巻二 「成功は運」(2006年11月25日)  

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年11月25日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

人間の本質は不変であるが、人間性は変化する。

投稿者 ohata : 09:52 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年11月24日

巻二 「成功は運」(2006年11月24日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年11月24日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

人間に理性に頼りすぎて動物性を軽く見てはいけない。

しかし、いたずらに動物的な面に流れて理性を磨く事を怠ってもならない。

投稿者 ohata : 08:57 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年11月22日

巻二 「成功は運」(2006年11月22日)  

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年11月22日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

素直な心になると、ものの道理が明らかになるばかりでなく、その行うところ

考えるところが融通無碍となって、いかなる障害にも行き詰ることなく、

ついに円満な人格を大成し、悟りの境地に達するものだ。

投稿者 ohata : 09:00 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年11月21日

巻二 「成功は運」(2006年11月21日)  

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年11月21日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

素直な心になれば、物事の実相がわかり、何が正しいか、何が正しくないのか

の判断が的確に行われるようになる。

投稿者 ohata : 09:05 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年11月20日

巻二 「成功は運」(2006年11月20日) 

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年11月20日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

素直な心は、力強く積極的なものだ、自然の理法に基づいた心が、弱く消極的

なものであるはずがない。

投稿者 ohata : 09:40 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年11月18日

巻二 「成功は運」(2006年11月18日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年11月18日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

単におとなしく、従順であり、何でも人のいう事を良く聞き、良かれ悪しかれ

言われるとおりに動く。そのような姿は、本当の意味の素直な心の表れとは

いえない。

投稿者 ohata : 07:07 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年11月17日

巻二 「成功は運」(2006年11月17日)   

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年11月17日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

人の話、人の教えを喜んで聞くようにしなさい。

そういう努力を重ねる事からでも素直な心になることができるものだ。

投稿者 ohata : 08:55 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年11月16日

巻二 「成功は運」(2006年11月16日)  

 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年11月16日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

素直な心とは、寛容にして私心なき心、広く人の教えを受ける心、分を楽しむ

心であり、また、静かにして動、動にして静の働きのある心、真理に通ずる心

である。

投稿者 ohata : 08:47 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年11月15日

巻二 「成功は運」(2006年11月15日)  

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年11月15日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

学問の目的は、自由をひろげ、秩序を高め社会の生成発展をもたらすところに

ある。これに反するようなものを私は学問と呼びたくない。

投稿者 ohata : 09:56 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年11月14日

巻二 「成功は運」(2006年11月14日)   

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年11月14日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

誰でも生きていく過程のなかで生産をし、消費している。

とすれば、人生は生産と消費による営みであるということも出来る。

投稿者 ohata : 09:27 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年11月13日

巻二 「成功は運」(2006年11月13日)  

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年11月13日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

素直な心になるためには、素直な心になろうと自分で工夫し、努力する、

自修自得が肝要である。

投稿者 ohata : 08:04 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年11月11日

巻二 「成功は運」(2006年11月11日) 

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年11月11日)       

「松翁ある人に次のように言われた。」

素直な心は、平和、幸福、繁栄を実現する方途だ。

投稿者 ohata : 07:08 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年11月10日

巻二 「成功は運」(2006年11月10日)     

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年11月10日)     

「松翁ある人に次のように言われた。」

素直な心があれば、おのずから謙虚な気持ちもうまれてくるし、人を許す

心もうまれてくる。

投稿者 ohata : 08:57 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年11月09日

巻二 「成功は運」(2006年11月09日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻二 「成功は運」(2006年11月09日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

成功は運が良かったから。失敗は自分に力がなかったから。

そう考えて経営にあたってきた。

投稿者 ohata : 06:15 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年11月08日

巻二 「成功は運」(2006年11月08日) 

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

巻二 「成功は運」(2006年11月08日)    

「松翁ある人に次のように言われた。」

人間にはもともと繁栄と平和と幸福を実現する力が与えられている。

にもかかわらず、いまだに実現できていないのは、人知にとらわれて、

自然の理法を軽視しているからだ。

投稿者 ohata : 06:10 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年11月07日

巻一 事にあたって (2006年11月07日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年11月07日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

人は誰でも自分の会社の悪口を外で言うべきではない。

悪口を言えば、そんな悪い会社の商品は買わないと人々は思うし、そんな悪い

会社には就職はしたくないと力ある後輩たちは考える。そうなれば会社はジリ

貧しかない。

投稿者 ohata : 08:54 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年11月06日

巻一 事にあたって (2006年11月06日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年11月06日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

善悪は対立するものではなく、相通じているものである。

善もあるときには悪になり、悪もあるときには善になる。

投稿者 ohata : 09:43 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年11月04日

巻一 事にあたって (2006年11月04日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年11月04日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

善とは何か、善とは繁栄、平和、幸福を進めるもの。

悪とは何か。悪とは繁栄、平和、幸福を妨げるもの。

投稿者 ohata : 08:47 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年11月02日

巻一 事にあたって (2006年11月02日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年11月02日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

人間の本能は宇宙根源の力から与えられた基本的な力である。ただし本能には

正常本能と異常本能がある。理性によって正常本能を伸ばし、

異常本能は矯正する事に努めるべきだ。

投稿者 ohata : 06:29 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年11月01日

巻一 事にあたって (2006年11月01日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年11月01日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

税金を国民からとるのは当然と考えるばかりか、増税する事に痛みを感じない

為政者は失格である。

投稿者 ohata : 08:06 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年10月31日

巻一 事にあたって (2006年10月31日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年10月31日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

為政者は国費の徹底合理化をはかり、ムダをなくし、税金を可能な限り定率に

し、それでも国庫の収入が増大する、そのような工夫をしなければならない。

投稿者 ohata : 08:32 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年10月30日

巻一 事にあたって (2006年10月30日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年10月30日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

いかなる場合であっても重税は避けなければならない。

重税は国民をして国家社会に対する義務感を弱めさせ、

道義道徳を軽視させることにつながる。

投稿者 ohata : 08:47 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年10月28日

巻一 事にあたって (2006年10月28日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年10月28日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

文化国家とは人々に自由が与えられ、秩序が整然とし、

社会が生成発展している国家である。

投稿者 ohata : 07:34 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年10月27日

巻一 事にあたって (2006年10月27日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年10月27日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

国家を運営する責任は国民一人ひとりにある。

国民の程度が政治のよし悪しを決める。

投稿者 ohata : 01:16 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

巻一 事にあたって (2006年10月26日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年10月26日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

自然の理法にかなった道徳でなければ、道徳とはいえない。

投稿者 ohata : 01:13 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年10月25日

巻一 事にあたって (2006年10月25日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年10月25日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

教育の目的は、知、情、意の調和と育成によって人間性を高め、豊かな人生を

築き、社会の繁栄をもたらすところにある。

投稿者 ohata : 08:43 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年10月24日

巻一 事にあたって (2006年10月24日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年10月24日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

貧困は罪悪だ、ゆえに貧困を無くすために人類は闘わなければならない。

投稿者 ohata : 08:38 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年10月23日

巻一 事にあたって (2006年10月23日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年10月23日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

生産を高め、分配を豊かにして、すべての人の消費を不自由にさせないことが

経済の目的である。

投稿者 ohata : 08:50 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年10月21日

巻一 事にあたって (2006年10月21日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年10月21日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

政治家は国民の人間性を素直に認め、これを重んじ、無理のない政治を

しなければならない。国民もまた、お互いの人間性を高めなければ衆愚政治に

陥るだろう。

投稿者 ohata : 08:55 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年10月20日

巻一 事にあたって (2006年10月20日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年10月20日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

すべての国民が生き生きと仕事に励み、生活を楽しむようにするのが

政治の目的である。

投稿者 ohata : 09:39 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年10月19日

巻一 事にあたって (2006年10月19日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年10月19日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

衆知こそが最高最善の知恵である。

投稿者 ohata : 08:36 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年10月18日

巻一 事にあたって (2006年10月18日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年10月18日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

素直な心になるためには、まず素直な心になろうと強く願い念ずること。

そして今日一日、素直な心で過ごしたかどうか、反省する事である。

投稿者 ohata : 08:43 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年10月17日

巻一 事にあたって (2006年10月17日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年10月17日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

自分一人の知恵だけを頼りにして、問題を解決しようとするのは愚かな事で

ある。可能な限り多くの知恵を集め、その知恵を融合し高めて適切な知恵を

創造することが肝要である。

投稿者 ohata : 09:08 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年10月16日

巻一 事にあたって (2006年10月16日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年10月16日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

素直な心がなによりも大切である。人間が個々の知恵才覚、あるいは利害得失

愛憎、不信などにとらわれれば必ず失敗するだろう。

投稿者 ohata : 08:39 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年10月14日

巻一 事にあたって (2006年10月14日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年10月14日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

赤字のツケを他に転嫁してはならない。別の仕事で吸収できるからというやり

方ではなく、一件ごとに採算を合わせよ。

投稿者 ohata : 08:53 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年10月13日

巻一 事にあたって (2006年10月13日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年10月13日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

私の言うとおりにやるなら、きみはいらない。

投稿者 ohata : 07:01 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年10月12日

巻一 事にあたって (2006年10月12日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年10月12日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

この品物を勧めてあげればこの人のためになる、という気持ちがあったら

必ず先方の心を動かせる。たとえ口のきけない人でも、立派に商売が出来るものである。

投稿者 ohata : 08:55 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年10月11日

巻一 事にあたって (2006年10月11日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年10月11日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

商売とは、感動を与える事である。

私が思うには、感動を与える為には、感謝心、感受性、感激する心、涙する心。
そんな気持ちがなくて、他人様には決して感動を与える事は出来ないと思う。

投稿者 ohata : 08:51 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年10月10日

巻一 事にあたって (2006年10月10日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年10月10日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

聞かせてもらう意見は賛成でも反対でもよい。

賛成意見があれば非常に勇気づけられるし、

反対意見があれば注意してやっていけばいい。

意見を聞きつつ、戦にいかに対処するかが大将の仕事である。


巻一 事にあたって (2006年10月09日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

経営が上手く行くのもいかないのも、国がうまくいくのもいかないのも、

外部ではなく内部に原因がある。

投稿者 ohata : 09:41 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年10月07日

巻一 事にあたって (2006年10月07日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年10月07日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

第一線で商売をしていれば、半年先、一年先が読めるのは当たり前。

それくらいのことがわからないようでは、ほんとうの商売などできない。

投稿者 ohata : 06:40 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年10月06日

巻一 事にあたって (2006年10月06日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年10月06日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

経営者の立場に立つ人は、先憂後楽、という考え方を持っていないといけないと思う。

およそ経営者たる者は、人と共に憂い、人と共に楽しむということではいけない。

人よりも先に憂い、人よりも後に楽しむという志がなければならない。

投稿者 ohata : 08:47 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年10月05日

巻一 事にあたって (2006年10月5日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年10月5日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

きょうの成功が明日も継続されるという保証はない。

今日の成功を喜ぶと同時に、新たな努力を付け加えることも忘れてはならない。

投稿者 ohata : 09:09 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年10月04日

巻一 事にあたって (2006年10月04日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年10月04日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

私は、初めからいいと思って決済したのは四割ぐらいで、あとの六割は

気にいらないところがあっても了承してきた。命令して自分の思うように事を

すすめるのも一つの行き方であるが、一応決済はするが、そのあと徐々に

自分のほうに近づけるのも、責任者としてのひとつの行き方だと思う。

投稿者 ohata : 08:36 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年10月03日

巻一 事にあたって (2006年10月03日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年10月03日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

何か事をなすにあたって、命を捨ててあたるというような考え方は貧弱である。

投稿者 ohata : 08:41 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年10月02日

巻一 事にあたって (2006年10月2日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年10月2日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

自分だけが儲けようと考えてはいけない。

それでは世間は成り立たっていかない。半分は自分が儲けるが、

あと半分は世間に差し上げる。それではじめて社会は繁栄する。

投稿者 ohata : 09:14 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年09月30日

巻一 事にあたって (2006年9月30日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年9月30日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

お互いに思ったことをどんどん言えない組織は崩壊する。

投稿者 ohata : 08:50 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年09月29日

巻一 事にあたって (2006年9月29日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年9月29日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

滅私奉公という言葉を私は、あまり好きではない。

自分を犠牲にして社会の為に尽くすという考えより、自分も生きながら社会

のために尽くす。その道を探し努力するほうが、はるかに尊い事である。

投稿者 ohata : 08:38 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年09月28日

巻一 事にあたって (2006年9月28日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年9月28日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

個人と全体が調和のとれた状態が、私の言う共同生活ということだ、

個人が犠牲になるのも好ましい事ではないが、全体が犠牲になるのも好ましい

ことではない。

投稿者 ohata : 08:49 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年09月27日

巻一 事にあたって (2006年9月27日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年9月27日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

よりよき共同生活を生み出すために、政治があり、宗教があり、経済があり

教育があり、学問、芸術、道徳、思想がある。

共同生活を損なうようなものは政治でもなければ、宗教でもなければ、

経済でもなければ、教育でもない。また学問、芸術、道徳、思想でもない。

投稿者 ohata : 08:50 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年09月26日

巻一 事にあたって (2006年9月26日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年9月26日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

衆知を集めて事を決するという事と、多数決によって、事を決するという事は

全く異なることである。

投稿者 ohata : 08:30 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年09月25日

巻一 事にあたって (2006年9月25日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年9月25日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

衆知を集める時に、素直な心がなければならない。

素直な心がなければ、好ましい衆知が集まってこないし、適切な知恵も生み出

されてこない。

投稿者 ohata : 08:58 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年09月22日

巻一 事にあたって (2006年9月22日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年9月22日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

根源は根源力を有し、根源力は自然の理法となって宇宙万物に働いている。

投稿者 ohata : 08:51 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年09月21日

巻一 事にあたって (2006年9月21日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年9月21日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

宇宙人間万物は、根源から生みだされたものである。

投稿者 ohata : 08:54 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年09月20日

巻一 事にあたって (2006年9月20日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年9月20日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

素直な心とは、自然の理法に従う心である。

投稿者 ohata : 10:04 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年09月19日

巻一 事にあたって (2006年9月19日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年9月19日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

素直な心とは、何ごとにもとらわれず、かたよらず、見て考えて行動する心で

ある。

投稿者 ohata : 08:56 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年09月16日

巻一 事にあたって (2006年9月16日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年9月16日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

人間一人の知恵には限りがある。だから自分だけの知恵にとらわれて、

ものを考え、事を処してはならない。

投稿者 ohata : 08:48 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年09月15日

巻一 事にあたって (2006年9月15日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年9月15日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

処遇する時に礼を忘れてはならない。礼をしらない人間は下品だ。

投稿者 ohata : 10:29 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年09月14日

巻一 事にあたって (2006年9月14日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年9月14日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

人間には、万物一切のものの天与の使命、特質を見極めつつ、

自然の理法に則して適切な処置処遇を行い、すべてを生かしていく責任がある。

投稿者 ohata : 08:50 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年09月13日

巻一 事にあたって (2006年9月13日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年9月13日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

我々は人間万物いっさいを、あるがままに認め、容認しなければならない。それが人間の道である。

人も物もすべては自然の摂理によって存在しているのだから、一人一物たりといえども、

これを否認し排除する事は許されないのである。

投稿者 ohata : 08:45 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年09月12日

巻一 事にあたって (2006年9月12日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年9月12日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

人間の天命は、万物の王者として存在させられることであり、

またそれがゆえに万物を支配活用しつつ、宇宙全体のよりよき共同生活を

生みださなければならないという事である。

投稿者 ohata : 09:05 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年09月11日

巻一 事にあたって (2006年9月11日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年9月11日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

人間には人間道がある。人間をして真に人間たらしめ、

万物をして万物たらしめる道である。

投稿者 ohata : 10:07 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年09月09日

巻一 事にあたって (2006年9月9日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年9月9日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

人間が自分はつまらない存在であるとか、卑小で他の動物となんの変わりも

ないなどと思っているようでは、自然破壊や公害はなくならない。

人間の偉大な力は、間違えば地球や自然を破滅させるほど大きいからだ。

投稿者 ohata : 06:24 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年09月08日

巻一 事にあたって (2006年9月8日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年9月8日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

いっさいは人間の為に存在する。人間がそう考えてこそ、宇宙、自然、万物は

本来の姿を維持発展させることができる。

投稿者 ohata : 09:30 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年09月07日

巻一 事にあたって (2006年9月7日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年9月7日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

王者としての人間は、万物に従いつつ、

万物を導き生かす心構えがなければならない。

投稿者 ohata : 08:51 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年09月06日

巻一 事にあたって (2006年9月6日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年9月6日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

人間はこの宇宙においては、いわば王者である。

王者であることの強い自覚をもち、その責任を敢然と守り貫く強さがなければ

ならない。

投稿者 ohata : 07:42 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年09月05日

巻一 事にあたって (2006年9月5日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年9月5日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

宇宙に存在するすべてのものは、つねに生成し、絶えず発展する。

万物は日に新たであり、生成発展は自然の理法である。

投稿者 ohata : 08:52 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年09月04日

巻一 事にあたって (2006年9月4日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年9月4日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

人間には宇宙の動きに順応しつつ、万物を支配する力がその本性として

与えられていると考えるべきだ。

投稿者 ohata : 08:56 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年09月02日

巻一 事にあたって (2006年9月2日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年9月2日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

経営者は、社員に経営の成果を知らせる責任がある。

社員の働きがあればこその成果である以上、それが社員に対する礼儀という

ものだ。

投稿者 ohata : 08:48 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年09月01日

巻一 事にあたって (2006年9月1日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年9月1日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

心を許して遊ぶようでは、経営者とはいえない。

投稿者 ohata : 08:47 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年08月31日

巻一 事にあたって (2006年8月31日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年8月31日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

世の中にぬれ手でアワといったことは実際にはないし、許されない。

ボロい話には大きな反動があって、往々にしてせっかく得たものまで失って

しまうことになりやすい。

投稿者 ohata : 08:46 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年08月30日

巻一 事にあたって (2006年8月30日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年8月30日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

対立しつつ調和し、調和しつつ対立するところに向上発展がある。

投稿者 ohata : 08:51 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年08月29日

巻一 事にあたって (2006年8月29日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年8月29日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

部下を恐れさせる経営者は、愚かと言わざるをえない。

恐怖政治では、部下が育つはずがない。

投稿者 ohata : 08:50 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年08月28日

巻一 事にあたって (2006年8月28日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年8月28日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

社員一人ひとりが自分の仕事でお店を開いているという、いわば一人一業

社員稼業の自覚がなければ、会社は発展しない。

投稿者 ohata : 08:50 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年08月26日

巻一 事にあたって (2006年8月26日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年8月26日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

足るを知る、その心がなければ、いつも不平や不満で心を暗くすることになる。

投稿者 ohata : 07:02 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年08月25日

巻一 事にあたって (2006年8月25日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年8月25日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

悩みのない人間に成長はない。悩みのない人間に、私はあまり魅力を感じない。

投稿者 ohata : 04:57 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年08月24日

巻一 事にあたって (2006年8月24日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年8月24日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

正しさに命を賭ける覚悟がなければならない。

たとえその為に命をおとしたとしても、もって瞑すべし。

人間として価値ある死といえるのではないだろうか。

投稿者 ohata : 08:50 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年08月23日

巻一 事にあたって (2006年8月23日)


=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」

 巻一 事にあたって (2006年8月23日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

とらわれて決断してはならない。名誉にとらわれ、お金にとらわれ

世間の評判などにとらわれて、正しい決断ができるはずはない。

笑わば笑え、誹れば誹れ、自分は正しい道を行くのだという強さがなければ

ならない。

投稿者 ohata : 08:45 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年08月22日

巻一 事にあたって (2006年8月22日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年8月22日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

意見や文句を言ってくださる人をとりわけ大事にしなさい。

そしてその意見や文句に素直に心を込めて耳を傾け、真剣に考えなさい。

そうすれば、あの人はよく言う事を聞いてくれる。ということになって

逆にあなたに好意をもつということになるだろう。

投稿者 ohata : 08:54 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年08月21日

巻一 事にあたって (2006年8月21日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年8月21日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

決断する事が経営者の仕事である。

だからといって先頭に立つ必要はない。最後部で指揮を執る。先頭に立ったら

ただの一人に過ぎない。

投稿者 ohata : 08:46 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年08月19日

巻一 事にあたって (2006年8月19日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年8月19日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

物事が成功した時は、幸いに運がよかった、多くの人たちのお蔭と感謝して

報恩を誓った。しかし、失敗した時は、その原因はすべて自分にあるのだと

思いつつ、日々を過ごしてきた。

投稿者 ohata : 08:46 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年08月18日

巻一 事にあたって (2006年8月18日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年8月18日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

感動のない経験を何十回何百回重ねても、価値ある経験とはいえない。

感受性の乏しい、感動もしない先輩よりも、感受性豊かな、

感動する若者の経験のほうが、かえって経験としては価値があり、優れている。

投稿者 ohata : 08:55 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年08月17日

巻一 事にあたって (2006年8月17日)


=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年8月17日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

まず熱意を人並み以上に持ち続けられるかどうかが、

経営者としての必須条件だ。これに知識をかけ算し、経験をたし算せねば、

真の知恵はわいてこない。

投稿者 ohata : 21:18 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年08月16日

巻一 事にあたって (2006年8月16日)


=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年8月16日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

経営を預かる者に必要なのは知恵と知識である。

しかし、往々にして知識だけで経営を試みる無謀者がいる。

投稿者 ohata : 21:17 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年08月15日

巻一 事にあたって (2006年8月15日)


=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年8月15日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

きみは上の人を使いなさい。上の人が下の人をつかうように、下の人も上の

人を使わなければならない。上の人は下の人に使われる為にあるのだ。

投稿者 ohata : 21:17 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年08月14日

巻一 事にあたって (2006年8月14日)


=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年8月14日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

布団に入ってすぐ寝てはいけない。しばらくのあいた、

今日の仕事を振り返って反省してみる事だ、そして明日への大きな夢を

見ることだ、夢がなければ真に生きる意欲はわいてこない。

投稿者 ohata : 21:17 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年08月12日

巻一 事にあたって (2006年8月12日)


=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年8月12日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

一生を通じて一つの事に打ち込み、そこに生きがいを求め続ける事は

極めて価値ある生き方である。

投稿者 ohata : 21:17 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年08月11日

巻一 事にあたって (2006年8月11日)


=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」 
   
巻一 事にあたって (2006年8月11日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

指示をして説得し、納得させるまでは簡単だ。しかし、その事に共鳴させ、

感動させ、実行してもらうことは難しい。

投稿者 ohata : 21:16 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年08月10日

巻一 事にあたって (2006年8月10日)


=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」 
   
巻一 事にあたって (2006年8月10日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

大きな仕事をするのが尊く、小さな仕事をするのがつまらないとはいえない。

物には大小があるが、仕事には大小はなく、貴賎もない。

仕事そのものに成功する事こそが、尊いのである。

投稿者 ohata : 21:16 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年08月09日

巻一 事にあたって (2006年8月9日)


=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年8月9日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

大勢の人びとに公言した事でも、正しくないとわかれば、

いつでも取り下げる素直さと勇気を持ちたい。

投稿者 ohata : 21:16 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年08月08日

巻一 事にあたって (2006年8月8日)


=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年8月8日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

かつてない困難からは、かつてない革新が生まれ、革新からは、かつてない

飛躍が生まれる。

投稿者 ohata : 21:15 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年08月07日

巻一 事にあたって (2006年8月7日)


=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」  
  
巻一 事にあたって (2006年8月7日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

 自分のところの商品についてまわれ。

「その後、調子はいかがですか。お使い具合はどうですか」と。

投稿者 ohata : 21:15 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年08月05日

巻一 事にあたって (2006年8月5日)


=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」  
  
巻一 事にあたって (2006年8月5日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

全ての人を自分より偉いと思って仕事をすれば必ず上手くいくし、

とてつもなく大きな仕事ができるものだ。

投稿者 ohata : 21:15 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年08月04日

巻一 事にあたって (2006年8月4日)


=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」  
  
巻一 事にあたって (2006年8月4日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

どんな仕事でもそれに徹すれば、その仕事を中心に無限と言っていいほど
  
  広がっていくものだ。もう進歩発展の余地がない、もう終わりだという事は決してない。

投稿者 ohata : 21:15 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年08月03日

巻一 事にあたって (2006年8月3日)


=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」   
 
巻一 事にあたって (2006年8月3日)

「松翁ある人に次のように言われた。」

喜びはともに分かち与える事ができても、

苦しみは自分ひとりで背負わなければならない。

だから人間はいかに苦しい時があっても、

それを一人で乗り越える勇気と気力と忍耐がなければならない。

投稿者 ohata : 21:14 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年08月02日

巻一 事にあたって (2006年8月2日)


=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」 
   
巻一 事にあたって (2006年8月2日)

   「松翁ある人に次のように言われた。」

   困難な仕事を避けてはいけない。困難な仕事に立ち向かい克服してこそ

   真の経営者といえる。

投稿者 ohata : 21:14 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年08月01日

巻一 事にあたって (2006年8月1日)


=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」    

巻一 事にあたって (2006年8月1日)

一 、松翁ある人につぎのように言われた。

   なぜ経営者として成功したのか私にもわからない。

   しかし、強いて考えられことは、自分が凡人だったからだ。

投稿者 ohata : 21:14 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年07月31日

巻一 事にあたって (2006年7月31日)


=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」 
   
巻一 事にあたって (2006年7月31日)

一 、松翁ある人につぎのように言われた。

   成功は部下のお蔭。失敗は経営者の判断ミスによる結果。

投稿者 ohata : 21:13 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年07月29日

巻一 事にあたって (2006年7月29日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」  
  
巻一 事にあたって (2006年7月29日)

一 、松翁ある人につぎのように言われた。

   経営者は事にあたり、まず冷静に判断し行動しなければならない。

   そしてそのうえでそっと情を添える事が肝要である。

投稿者 ohata : 21:13 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年07月28日

巻一 事にあたって (2006年7月28日)


=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」  
  
巻一 事にあたって (2006年7月28日)

一 、松翁ある人につぎのように言われた。

   きょう一日を振り返ってみると、反省すべき事がいくらでもある。

   その反省に徹したとき、あらゆる面に革新が生まれてくる。

投稿者 ohata : 21:13 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年07月27日

巻一 事にあたって (2006年7月27日)


=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」   
 
巻一 事にあたって (2006年7月27日)

一 、松翁ある人につぎのように言われた。

   戦の最中、いちいち部下の声を聞き、情勢をゆっくりと分析する間の無
    
   いときは、大将は聞こえざる声を素直に聞き、みえざる戦況を素直に
   
   見て、即断即行しなければならない。

投稿者 ohata : 21:12 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年07月26日

巻一 事にあたって (2006年7月26日)


=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年7月26日)

一 、松翁ある人につぎのように言われた。

   仕事を部下に任せることは大事である。
   
   しかし、その仕事を、自分が知ったうえで任せなければならない。

   そうでなければ部下から軽んぜられるであろう。

投稿者 ohata : 21:12 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年07月25日

巻一 事にあたって (2006年7月25日)


=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」  
  
巻一 事にあたって (2006年7月25日)

一 、松翁ある人につぎのように言われた。

   成功を邪魔するものは、結局は自分自身である。

   世間は誰一人として邪魔はしない。

投稿者 ohata : 21:12 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年07月24日

巻一 事にあたって (2006年7月24日)


=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」  
  
巻一 事にあたって (2006年7月24日)

一 、松翁ある人につぎのように言われた。

  物をつくる前に人をつくる。いい人材からしか、いい物が出来ないからだ。

投稿者 ohata : 21:11 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年07月22日

巻一 事にあたって (2006年7月22日)


=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」 
   
巻一 事にあたって (2006年7月22日)

一 、松翁ある人につぎのように言われた。

   強固な信念がなければ価値ある生き方はできない。

   柔軟な融通さがなければ、心豊かな生き方はできない。

投稿者 ohata : 21:11 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年07月21日

巻一 事にあたって (2006年7月21日)


=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」  
  
巻一 事にあたって (2006年7月21日)

一 、松翁ある人につぎのように言われた。
   
   失敗するのは成功するまでに努力を放棄するからだ。

   成功するまで続ければ、事は必ず成功する。

投稿者 ohata : 21:11 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年07月20日

巻一 事にあたって (2006年7月20日)


=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」  
  
巻一 事にあたって (2006年7月20日)

一 、松翁ある人につぎのように言われた。

   人々に理念と目標と理想を提示できない指導者は

   指導者を名のる資格はない。

投稿者 ohata : 21:10 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年07月19日

巻一 事にあたって (2006年7月19日)


=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」 
   
巻一 事にあたって (2006年7月19日)

一 、松翁ある人につぎのように言われた。

   商いの原点は、どうしたら売れるか儲かるかではなく、
   
   どうしたら人々に心から喜んで貰えるかである。

投稿者 ohata : 21:10 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年07月18日

巻一 事にあたって (2006年7月18日)


=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」  
  
巻一 事にあたって (2006年7月18日)

一 、松翁ある人につぎのように言われた。
   
  自分の力に相当した待遇は堂々と受けてよい。しかし自分の力の及ばない
  
  待遇を受ける事は恥じである。 

投稿者 ohata : 21:09 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年07月15日

巻一 事にあたって (2006年7月15日)


=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」 
   
巻一 事にあたって (2006年7月15日)

一 、松翁ある人につぎのように言われた。

   仕事は自分のものではない。世の中にやらせてもらっている仕事である。

   そう考えてこそ責任感と使命感と謙虚で力強い活動が生まれてくる。

投稿者 ohata : 21:09 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年07月14日

巻一 事にあたって (2006年7月14日)

 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」    
巻一 事にあたって (2006年7月14日)

一 、松翁ある人につぎのように言われた。

   風の音を聞いても悟る人がいるように、聞く人に聞く心があるならば、
   
   どのような話からもそれなりの価値を汲み取ることができるだろう。

投稿者 ohata : 21:09 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年07月13日

巻一 事にあたって (2006年7月13日)


=============================「松翁論語」===============================
 「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
    
巻一 事にあたって (2006年7月13日)

一 、松翁ある人につぎのように言われた。
   
   人の上に立つ者には愛嬌がなければならない。人が近づきやすい表情で
   
   なければ人が集まらない。人が集まらなければ、どうやって生きた知恵
   
   を集めようというのか。

投稿者 ohata : 21:08 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年07月12日

巻一 事にあたって (2006年7月12日)


=============================「松翁論語」===============================
 「松下光之助翁述」「江口克彦記」    
巻一 事にあたって (2006年7月12日)

一 、松翁ある人につぎのように言われた。

   願いが深く強ければ、余波となって必ず相手の心に届くだろう。

投稿者 ohata : 21:08 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年07月11日

巻一 事にあたって (2006年7月11日)


=============================「松翁論語」===============================
 「松下光之助翁述」「江口克彦記」    
巻一 事にあたって (2006年7月11日)

一 、松翁ある人につぎのように言われた。

   話をしている人の顔を見なさい。そして、肯きなさい。なぜならば、

   肯くことによってきみの心にその人の話が入り、また話をする人に
 
   励ましを与える事になるからだ。

投稿者 ohata : 21:07 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年07月10日

巻一 事にあたって (2006年7月10日)

=============================「松翁論語」===============================
 「松下光之助翁述」「江口克彦記」    
巻一 事にあたって (2006年7月10日)
一 、松翁ある人につぎのように言われた。

   一を聞いてすぐに十を知る時代になった。十全てを聞いて、

   ようやく成る程と合点するようでは手遅れである。

   一を聞いて十を悟り、悟ったならば直ちに実行に移す。

   そういう人材でなければ役に立たない。
yamasan1-thumb.jpg

宇治平等院

投稿者 ohata : 21:05 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年07月08日

巻一 事にあたって (2006年7月8日)

   
巻一 事にあたって (2006年7月8日) 「松下光之助翁述」「江口克彦記」 

一 、松翁ある人につぎのように言われた。

事にあたって、行き詰まるという事はない。行き詰まるという事は、

行き詰まるようなものの考え方をしているからである。

投稿者 ohata : 21:05 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年07月07日

「健全経営」2006年7月7日


==================松下幸之助翁経営の道  松下資料館より=============
「健全経営」2006年7月7日
 A適正経営

自分の力を正しくつかみ、その範囲で、無理のない経営を行い、
社会に貢献していくという「適正経営」が大切というわけです。

企業体は常に自己の総合実力というものは何点であるかと、
なんぼであるかということを検討して、
それに見合う範囲までは適正経営ということが言えると思うんであります。

私は最近、各方面の倒産会社の全部は調べはつきませんが、
二、三、の例を聞いてみなすと、
事業は膨張したけれども膨張に値する実力をもっておらない。
それがその理由をなしておるわけです。

極めて簡単である。
やはり三段目の人は三段目の土俵で相撲を取らないかんと。
三段目の力士が幕内の土俵で相撲を取れば、これは負けるに決まっています。
それをあえてやっている。
それで失敗する。これは当たり前の話です。

会社の総合実力というものに常に見合う経営体、経営のあり方というものを勘案して、
そして仕事をしていけば、小は小なりに、大は大なりに、決して心配はないと。
その上に多少ともダム経営というような思想と申しますか、
そういう考え方を加味すればね、絶対私は大丈夫だというような感じがいたします。

自らの力を的確に把握するためには、松下幸之助翁は、自分というものを一度外へ出して、
そして外から自分を見る、自己観照、自社観照が大切。
そういうことを絶えず始終しなくてはならない。
                        (明日に続く)

投稿者 ohata : 21:04 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年07月06日

「自主責任経営」2006年7月06日

===================松下幸之助翁経営の道  松下資料館より=============
「自主責任経営」2006年7月06日
A 事業部制

私が何故事業部制を敷いたかというと、仕事の種類が増えてきたわけですね。
だんだんとね。私が小規模でやっておりましたときは、
私だけで全部こと足りたわけです。

しかし次々と新しいものが出来てきますと、
私自身も、どれもこれもよく分かるというわけにはいきませんわね。
具体的にいうならば、私どもは配線器具とかそういうものをやっておりました。

そのうちに時代がだんだん進んできて、電熱器をやることになったわけですね。
そうなりますと、それにふさわしい技術もいります。

開発、研究もやらなくちゃならん。それを自分が又担当してやるということは、
私自身も非常に繁雑でありますから、誰かに担当してもらうと思ったわけですね。
そのときにチョツト考えたんです。

同じ担当してもらうならば、一切の責任をその人にもってもらおうと。
「電熱部というものをつくるから、君が担当してやってくれ。
その代わりに、製造もやね、販売もやね、いかなるものをやったらいいかという研究も、
一切合切一つの事業として、君、担当してくれんか。

まあ、非常に大きな問題だけは僕に相談してくれ。
わしは今、配線器具とか、本業をやっているために、忙しくてとても手が回らんのや。
しかし、お得意先の要望とか、そういうものを無駄にしたらあかんし、
時代の進展で松下電器がそれをつくらないかんから、つくるけど、僕はようやらん。
君やってくれ」と。

その時に、その人を持ってですね、その事業部の最高責任者にしたわけですね、
早く言えば。最高責任者ということは全部任すということですね。
業容は小さそうでも全部任すということですな。
それが松下電器の事業部制の始まりなんです。

だから、その任された人が、あたかも社長のごとき立場に立ったわけですね。
そうゆうようにしてその人に任せた。
それがいわゆる事業部であったわけですね。
ですから松下電器の事業部というものは、名は事業部でありますけれども、
全く独立した会社のごとき状態になっているわけですね。
事業部制のその主たるねらいは専門細分化により人材を育て活用するというというところにありました。
                          (明日に続く)

投稿者 ohata : 21:04 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年07月04日

「自主責任経営」 2006年7月4日

=============松下幸之助翁経営の道  松下資料館より=================
「自主責任経営」 2006年7月4日
@社員稼業
この自主責任経営の考え方を従業員一人ひとりのレベルにあてはめた時、
そこに「社員稼業」という発想が生まれました。

およそ独立して事業を営む人は、すべて自分の責任において物事を判断し、
そこに全精神を打ち込んでいます。

しかし、大きな会社の社員ともなれば、いきおい与えられた仕事を無難にこなせば
いいというような、いわゆるサラリーマン根性にも陥りがちです。

そこで松下幸之助は、常々社員の人たちに、

「自分は、社員稼業、という一つの独立した経営体の主人公であり、
経営者であるという心意気で仕事に取り組むことができないか」

と訴えてきました。その様な考え方に徹することができれば、
我が事として働く喜びも味わえて、辛いことも乗り越えられるし、
自分の稼業が発展していく喜びに時のたつのも忘れるということにも
なるだろうというのです。                  (明日に続く)

投稿者 ohata : 21:03 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年07月03日

「自主責任経営」 2006年7月3日

=============松下幸之助翁経営の道  松下資料館より=================
「自主責任経営」 2006年7月3日

松下幸之助は、仕事に迷いが出たり、壁にぶっかったら、
一人で仕事をしている人に聞きに行け、とよく言っていました。

そこには必死の思いで積みあげてきた貴重な体験や工夫があるはずだというのです。
サラリーマンも、一個の独立した稼業の主人、として自主独立の精神を持てば、
仕事への積極的な姿勢も、働く喜びも生まれてくるはずです。

すなわち、社員稼業、は、自主責任経営への意識変革でもあるのです。
また、松下幸之助は、「社は社長、部は部長、課は課長一人の責任である。

そして一般社員は、社員稼業、の責任者である」
と、それぞれの立場で自主責任経営に徹することの必要性を社員に訴えてきました。

それぞれが責任を持ち、自分の持ち味を存分に発揮し、創意工夫を働かす、
そういう社員が一つの方向に向かって力を合わせる時、
そこには思いもよらない大きな力が生まれてくる、というのです。

社員稼業、は、自主責任経営の最小単位だといえるでしょう。
                  (明日に続く)

投稿者 ohata : 21:03 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年07月01日

「自主責任経営」2006年7月01日


=============松下幸之助翁経営の道  松下資料館より==================
「自主責任経営」2006年7月01日

「人間は無限の能力を持っている。

そして、その能力を存分に発揮するとき、喜びや生きがいを感ずるものである。

しかし、問題はその能力が発揮できる状況に置かれているかどうかである。

松下幸之助のこの人間に対する認識から、

「自主責任経営」の考え方が生まれたといえましょう。

自主責任経営とは、企業の経営者、責任者はもとより、

社員の一人ひとりが文字通り自主的にそれぞれの責任を自覚して、

意欲的に仕事に取り組む経営です。

松下幸之助は、仕事の場における人々の生きがいにまで思いをいたしていたのです。 

                     (明日に続く)

投稿者 ohata : 21:03 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年06月30日

「企業の社会的使命三つの柱」2006年6月30日


===================松下幸之助翁経営の道  松下資料館より=============
「企業の社会的使命三つの柱」2006年6月30日

3)企業の活動は社会と調和したものでなければならない

経営にいたしましても、進歩を遂げねばいかん、
同時に経営と経営の間、経営と政治の間、社会生活との間にね、
経営が調和しなくてはならない。

調和のないところにですね、何が起こるかといえば、
混乱が起こる、不信感が起こってくると、
そこから物を失うということになるだろうと思うんです。

企業は、多くの関わりの中で活動しなければなりません。
直接に関わる得意先や仕入先はもとより、

自社を構成する従業員、労働組合、あるいは地域社会、
さらには国家や諸外国など、
色々な関係先との調和を保ちつつ活動を行っていくことも、
企業の重要な社会的責任であると松下幸之助は述べています。

ここに言う調和とは、単なる調和ではなく、
お互いが独立性、主体性を保ちつつ、
より大きな立場で強調していくということであり、
真の意味での共存共栄に通ずるものです。
                    (明日に続く)

投稿者 ohata : 21:02 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年06月29日

「企業の社会的使命三つの柱」 2006年6月29日


=====================松下幸之助翁経営の道  松下資料館より===========
「企業の社会的使命三つの柱」 2006年6月29日

二) 適正利潤を確保すること

企業には適正な利潤を、確保する義務があると私は思うのです。
その適正な利潤を確保することによって、社会性を帯びてくると思うのです。

適正な利潤ですからね、まあその利潤の半分は国家への税金となりましょうし。
それはあるいは施設として利用されるとか、
あるいは社会保障として与えられるとかあるいはその他、
いろんな国家施策に使われるわけです。

それによって全国民がそれぞれ恩恵に浴するわけであります。
そうでありますから、利潤を確保し、その半分近いものを
国家に納付せんならん、という義務を我々は負わされているわけです。

だから私的に暴利を追求することは、これは許されない。

これは排撃せないといけませんけれども、適正な利潤を確保し、
そしてそこから社会性というものが高まっていく
もんだというような解釈というものが、
今日、非常に大事になってきたと私は思うんであります。

企業の利益とは、本来、その活動を通じて社会へ貢献した結果、
その報酬として得られるものである。
これは松下幸之助の体験から生まれた信念でした。

つまり、利潤の多寡は社会への貢献の度合いに応ずるということになります。
ですから、適正な利潤が確保できないということは、
その企業の社会への貢献が足りないということです。

また、企業の利益が上がらなければ、国家に法人税を納めることも出来なくなり、教育や福祉などの国策にも支障をきたす結果となります。
企業自身にとっても、新たな設備や研究開発も十分にできず、
企業本来の使命を力強く果たすことが出来なくなるというわけです。
                    (明日に続く)

投稿者 ohata : 21:02 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年06月28日

「企業の社会的使命の三つの柱」2006年6月28日

===============松下幸之助翁経営の道  松下資料館より=================
「企業の社会的使命の三つの柱」2006年6月28日

(1)企業本来の事業(本業)を通じて、
社会生活の向上と人々の幸せに貢献していくこと。

企業の社会的責任とはどういうものかについて、
私なりに考えます一念を申しますと、企業というものの責任というものは、
何と申しましても、企業には企業としての使命があると、
その使命を遂行するということが、社会的責任を果たすまず第一やと思うんです。

その社会的使命というものを果たしておる過程に、あるいは公害が生まれるとか、
そういうものが出てきて、色々社会に迷惑をかけるということは、
これは責任を問われることはもちろんあってしかるべきやと思うんです。

しかし、何んと言いましても、企業本来の目的を達成しないと、
企業本来の仕事が遂行できないと、できてもそれが不十分であると、
いうことについては、いちばん社会的責任を問わねばならんと、いうことであります。

松下幸之助は、人々に利便をもたらす電気製品をより豊富に、
より廉価に世に普及させ、
生活文化を向上させることが自社の最大の使命と考えてきました。
本来、企業が行う事業は、社会的に意味があるものでなければ成り立つものでなく、
その事業を通じて社会に奉仕貢献していくところに企業の最も重要な
「社会的責任」がある。と松下幸之助は語っている。
(明日に続く)

投稿者 ohata : 21:01 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年06月27日

「経営の要諦」 2006年6月27日

==============松下幸之助翁経営の道  松下資料館資料================
「経営の要諦」 2006年6月27日

大正七年三月、松下幸之助翁は、
夫人とその弟(井植歳男氏、三洋電機創業者)との三人で、
電気器具の製造販売を行うささやかな会社を興しました。

学問もなく、資金も乏しく、頼る人もなく、病気がちで健康にも恵まれないという、ないない尽くしの船出でした。
その会社が、数十年を経て、世界的な大企業にまで成長発展してきました。
その発展の要因は一体どこにあったのでしょうか。

松下幸之助自身、事業を進める過程で考え身につけてきた繁栄の原理ともいえる経営観をさまざまな機会に話し書いてきています。
その要諦は、「経営理念の確立」ということに集約されるでしょう。

経営理念の大切さ及び企業の社会的使命についての松下幸之助の考え方と、
具体的な経営実践の中で特に大切にしてきたのは次の三つの点です。
1)自主経営   2)衆知経営  3)健全経営

「経営理念」 経営理念の確立
松下幸之助は、
みずからの半世紀以上にわたる企業経営の体験から得た信念として、
「事業経営を進めるうえでいちばん根本になるのは、経営理念を確立することである。」と言っています。
経営理念とは、「この会社は何のために存在しているのか、
また、この経営をどういう目的で、どのようなやり方で行っていくのか」
ということについての基本の考え方です。
そして、正しい経営理念が根底にあってこそ、力強い経営が可能になり、
人や技術や資金といった経営に不可欠な要素が真に生かされることになる。
いわば経営に魂が入ることになる、というのです。

「経営理念」 企業の社会的使命とは何か
企業の社会的使命といえば、
メセナやフィランソロピーといった言葉を思い浮かべる人も多いようですが、
企業の社会的使命とははたしてそれだけでしょうか。
松下幸之助は早くからこの問題を考え、
「企業の存在自体が社会的なものである、いわば企業は社会の公器であり、
経営者はその自覚をもたねばならない」と機会あるごとに訴えてきました。
松下幸之助の考える社会的使命とは、その内容を大別すると
@ 本業を通じての社会への貢献
A 適正利潤の確保
B 社会との調和

(明日に続く)

投稿者 ohata : 21:00 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年06月26日

「経営とは」2006年6月26日

==========松下幸之助翁経営の道  松下資料館資料から================
「経営とは」2006年6月26日

経営に携わる人々は、その道程で遭遇する困難や成功の体験から、
独自の哲学や方針を編み出していくのかもしれません。
松下幸之助も様々な事業体験から、経営についてこう語っています。

人格がすぐれ、学問があり、知識があり、いろんな点が備わっていると、

一点非の打ち所がないと、そういう人であっても、
経営者として成功するかというとね、私は、それは成功しない。

経営のコツとでも言いますか、そういうものをつかめない人は、
これはダメだと思う、実際ね。

だから、やはりその経営のコツというものは、
非常に私は難しいものやないかと思うのです。

これは口では言えない。口で言えないあるものがあるのやないかと。

それはやはり自分で悟らにゃいかんと。
学問はですね、教える先生もあるから、
努力することによって、ある程度は成り立つと。

しかし経営というものはね、これはチョツト、
そういう知識とかいうものと違うと私は思う。

言うに言われない一つのツボがあるのやないかと思います。
そのツボがね、悟れなくちゃならない。
       (明日に続く)

投稿者 ohata : 21:00 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年06月24日

「道は無限にある」

=====================松下幸之助翁経営の道  松下資料館===============
「道は無限にある。」2006年6月24日

行く道はいくらでも無限に開かれているということであります。
皆さんの心さえ、自ら開拓する心持になれば、行く道は無限にひらかれておる。
師は無数に存在しておるということであります。
手近に親切な先輩がいて導いてくださることも結構であり、
そういう人は非常に恵まれた人であるが、そういうような人を持たない人もまた、
極めて恵まれた人である。
何もないということがかえって大きな力となって、
そこに偉大な自己というものを完成していくことも、私は可能だろうと思います。
その可能なる道あることを知ったならば、無限だと申していいと思うのであります。
(月曜日に続く)

yamasan1-thumb.jpg
宇治川の風景です。

投稿者 ohata : 20:54 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年06月23日

「完全無欠」2006年6月23日

=========================「道をひらく」 松下幸之助翁著================
「完全無欠」2006年6月23日

完全無欠ということは、これ以上望めないほどに好ましいことではあるけれど、
この完全無欠な状態を、お互い人間に求めることは、まずは不可能である。
人間個々はそんなに完全にはつくられていない。
だから、その考えること、なすことに、どこか欠けることがあったとしても、
一応はやむを得ない事と素直に理解し合わねばなるまい。
この素直な理解があれば、おのずから謙虚な気持ちも生まれてくるし、
人を許す心も生まれてくる。
そして、互いに足らざるを補い合うという協力の姿も生まれてくるであろう。
人はとかく、己の考え、なすことを完全無欠と錯覚し、
自らを一人高しとして、他にもその完全無欠を求めんとしがちである。
しかしそこに生まれるのは、いたずらな対立といさかいと、そして破綻だけであろう。
完全無欠でないからこそ、調和が必要なのである。
この道理のなかに、繁栄への一つの道がひそんでいるのではあるまいか。

投稿者 ohata : 20:54 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年06月22日

「自己反省」 2006年6月22日


先ず自らを省みる。

ところが、世間の景気が悪くて、おしなべてみんなが不調なときには、
ともすれば眼が外に向いて、自身の反省を怠りがちとなる。

こう不景気では、こう世間の情勢が悪くては、というわけで、
責任を世間に転嫁して、自分の不調を安直にかたづけてしまう。
つまり自分は悪くないのである。

人間というのは誠に勝手なもので、自分で自分を余程注意していないと、
とかく責任を他に転嫁して、安易な納得におちいりがちとなる。

我に罪無し全て世間にありーーー 時にそういう場合もあろうけれど、
そんな時でも、世間の罪にとらわれず、我に一切の罪あり世間になし、
というぐらいの心構えで、どこまでも深く自己反省をしてみたい。

ゆきづまりは、自らを省みる心が失われたときにあらわれるのである。

投稿者 ohata : 20:53 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年06月21日

「もったいない」2006年6月21日

=======================「道をひらく」 松下幸之助翁著===================
「もったいない」2006年6月21日
美しい空、そんなものは日本にいくらでもあると思っていた。
美しい水も美しい緑もそんなものは日本にいくらでもあると思っていた。

それがみんな大事なものになってきた。
魚なんかも、日本は勿論世界中にいくらでもあると思っていた。
それがだんだん怪しくなってきた。

いくらでもあって、欲しい時にはいつでも手に入って、だからあるということが当たりまえで、
別にありがたいとも思わず、そのものの尊さが生かされないままに、極めて無造作に扱われてしまう。
そんなことの何と多いことか。

もったいない、という言葉が、人々の口から次第にうすれてきたのである。
そして、それが何となく古くさい言葉のように思えてきたとき、
世相の一変でいやが応でも、ものを大事にしなければならなくなってきた。

その必要性が次第に増えてきた。自然の摂理といおうか。
大事なことは、もう一度、もったいない、という言葉を取り戻すことである。
その思いでもう一度まわりを見わたしてみることである。
今からでも遅くない。

投稿者 ohata : 20:53 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年06月20日

「自分のもの」 2006年6月20日

=======================「道をひらく」 松下幸之助翁著=================
「自分のもの」 2006年6月20日
自分の身体は、自分のものであって、自分のものではない。
血のめぐり、内臓の働きどれ一つとってみても、
自分の意思によってうごいているものはない。
つまり、大きな自然の恵みで生かされているいわば天からの授かりもの。
天から預かっているものである。
自分の金、自分の仕事、自分の財産、自分のものと言えば自分のものだけれど、
これもやっぱり世の中から授かったもの。世の中の預かり物である。
どんなものでも本当は、自分のものというのは一つもないのである。
自分のものがあると思っていても、それはかりにそう定められているだけのことであって、
本当は何もないのである。
授かったものである。預かったものである。つまりあるということは、ないということでもある。
だからこそ、どんなものでも、これを大事にしなければならない。
身体も金もそして仕事も、いたずらに粗末に扱ってはいけないし、
おろそかに考えてはいけない。
大事に慎重にそして有意義に、その働きをいかしたいのである。

投稿者 ohata : 20:52 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年06月19日

「暖簾(ノレン)わけ 」  2006年06月19日


 「暖簾(ノレン)わけ 」  2006年06月19日
昔は、お店に何年かつとめて番頭さんになったら、やがてはノレンを

わけてもらって、独立して店をもったものである。今でもそういうことが、

一部で行なれているかもしれないがけれど、それでも世の中はずいぶんと

変わった。生産も販売もしだいに大規模になって、店の組織も会社になって、

だからもうノレンわけなどというものはすっかり影をひそめてしまった。

つまり、独立して店を持つということが、むつかしくなって、

会社の一員として終生そこで働くという形が多くなったのである。

世の中の進歩とともに、大規模な生産販売に移行してゆくのも

自然の姿であろぅ。だからこれもまたやむを得ないことかもしれないが、

しかしノレンわけによって、独立の営みをはじめるというあの自主的な

心構えまでも失ってしまいたくない、会社の一員であっても、実はそのなかで、

それぞれの勤務の成果によって、それぞれにノレンわけをしてもらっているのである。

だからみんなその仕事では独立の主人公なのであ。そんな気持ちで、

自主的な心構えだけは、終生失わないようにしたいものである。

投稿者 ohata : 20:51 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年06月17日

「世の中」2006年6月17日

=======================「道をひらく」 松下幸之助翁著===================

世の中はなかなか自分の思うようにならないというけれど、見方によっては、自分の思うようにならない方がいいのかも知れない。人間は神様ではないのだから、いつも一番正しい考えを持っているとは限らないわけで、時には自己に執し、他人に捉われる。そんな捉われた考えを世の中に押し付けてみたところで、それで通るはずがない。しかし世の中も中々寛大なところがあるから、ある程度までは受け入れてくれる。それでいい気分になって調子に乗る。その辺で止めとけばいいものをと思っているうちに案の定ゆきづまる。ゆきづまってみて、世の中はなかなか自分の思うようにならないと嘆く。もともと自分の考えが捉われていたのだから、嘆くほうが無理である。もしも自分の思うようになっていたら、取り返しのつかないことになっていたかも知れない。自分だけならいいけど他人にも迷惑をかける。世の中はいい先生である。寛大なところはあるが、最後に正邪をちゃんと弁えている。だから馬鹿にしてはいけない。筋道の通ったことはやはり通してくれるのである。なぜ自分の思うようにならないか、世の中を先生に一度よく考えてみたいものである。

投稿者 ohata : 20:51 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年06月16日

「軽々しくは」

=================道をひらく。  松下幸之助翁著======================
「軽々しくは」 2006年6月16日
たった一つしかない生命というけれど、お互いの人間の身体は、実は三十三兆という気の遠くなるほどのたくさんの細胞が、神わざとも言うべき巧みさで組み合わされて、その調和ある働きによって、それで見事に成り立っているという。中でもその素晴らしさは、頭の中の大脳の表面。そこには百四十億もの神経細胞がギッシリ詰まっていて、それらがチカチカかパチパチかは知らないが、ともかく妙なる作用をして、それではじめて人間としてのものが考えられるという。見られるものならば見てみたいと、ソッと我が頭をなでては見るものの、実はその百四十億の神経細胞は、まず普通人の場合、働いているのはそのごく一部で、神に近い天才といわれる人でも、いまだかってその細胞全部を生かしきった人はないというのである。そぅとすればお互いに、もうこれしか考えられないとか、これこそ絶対とか、自分だけが正しくて他はすべて間違いとか、そう軽々しくは言えないような気がしてくる。もう一度謙虚に考え直してみたい。もう一度素直に学び直してみたい。

投稿者 ohata : 20:50 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年06月15日

「誰が」2006年6月15日

========================「道はひらく」 松下幸之助翁著===============
「誰が」2006年6月15日
日々の暮らしの中で、お互いあれも欲しい、これも欲しい、ああも、したい、こうもしたいと、さまざまの望みが果てしもなくつづいて、それであれこれと心ふくらます。それはそれでよいけれど、それを単なるのぞみだけに、終わらさないためには、やっぱり肝心なことは、先ず勤勉に働くことである。真面目に働いて着実な収入を得ることである。働きはほどほどで、望みだけふくらましていても、別に金のなる木があるわけでもないし、天も地も誰もどうしてもくれない。当たり前のことではあるけれど、これが国家の経営となると、いささかわけのわからぬことになりがちである。国民がああもして欲しい、こうもして欲しいといえば、政治家もまたああもします、こうもしますと約束する。さまざまの要望と約束が行き交うけれど、一体それだけの費用を誰がどこから生み出してくるのか。結局、国民みんなが勤勉に働いて、その働きの成果を税金の形でもちよらねば、国がつぶれるだけである。誰かが何とかしてくれるでは、国家の経営は成り立たないのである。お互いに、もう一度よく考え直してみたい。

投稿者 ohata : 20:50 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年06月14日

「すぎる。」2006年6月14日

=======================「道はひらく」 松下 幸之助翁著=================
「すぎる。」2006年6月14日
食べ過ぎるということがある。呑みすぎるということがある。何にでもすぎるということがある。ついつい目先の欲に走るのである。それも人間の一面であり、人間社会の一断面でもあろう。足りないのも困るが、すぎるのも困る。すぎた過ちはたちまち我が身にかえり、我が身だけでなく、社会全体にもかえってくることがあって、我が身も苦しめば、人々にも迷惑をかける。過ぎないように自分で律する。これが出来れば一番いいのだけれど、そうはたやすくまいらない。だから、他からの力でこれを抑える。言葉で、法律で、権力で、時には武力で。そんなことの繰り返しで人間の歴史がつづられ、そこにいろんな悲劇も生まれてきた。他からの律する力が、またすぎる場合が多いからである。だからやっぱり、自分で自分を律するほか道はない。人間としての真の道はこれしかないのである。それが王者というものである。難しいけれども、やっぱりこの道を歩みたい。真の進歩を生み出すために。

松下幸之助翁 日々の言葉
「成功と失敗」百の事を行って一つだけ成ったとき、成らなかったとき、成ら なかった九十九に目を向け、力を落とすか、成った一つに目をむけ希望を抱 くか、成功か失敗かの分岐点こんなところにもある。

投稿者 ohata : 20:49 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年06月13日

「理屈」 

===================「道をひらく」  松下幸之助翁著==================
「理屈」 2006年6月13日
もう理屈は言うまい。理屈のやり取りの空しさが身にしみる。本当に心から、こんこんと噴出してくるような、そんな言葉が口から出てこないものか。あれやこれやと頭でこねくりまわして、つじつまの合わないところは、手前勝手な言い分でつなぎ合わせて、それで相手に解ったかと問うてみても、そこには白々し
さが残るだけである。これは人間同士の会話ではない。少々つじつまが合わなくてもよい、理屈に合わなくてもよい。そんなことにとらわれるよりも、人を心から愛し、敬し、そしていたわり合う素直な思いのままに語り合えないものか。トツトツとした語りでもよい。大事なことは、理論、理屈のやり取りではない。心が通じ合うことである。そしてそこに、お互いににじみ出るような信頼感が生まれ、お互いに助け合って生きていく力がわきおこり、人間として生きることの幸せを味わうことである。出来るはずである。相手がどうあろうと自分には出来るはずである。そう信じたい。

投稿者 ohata : 19:41 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年06月12日

「仰ぎ見給え」 2006年6月12日

=======================「道をひらく」松下幸之助翁著=====================
「仰ぎ見給え」 2006年6月12日
仰ぎ見給え。あの透き通るような真冬の青空。
どこまでも、どこまでも青く染まった果てしなき大空の深さ。思わず息をのむ。
そんなとき、天の声が聞こえる。フト天の声が聞こえる。
天の声は自分の声。自分の魂の声。何にも考えていないとき、
何にも考えようとしていない忘我のとき、フト浮かび上がってくる不思議な声。
それが天の声である。素直な魂の越えである。
たちまちにしてかき消され、忘れていく声かもしれないが、その一瞬のなつかしさを大事にし給え。
小さな知恵と小さなとらわれと小さな憤りのなかで、われと我が心を傷つける日々であるけれど、
お互いの天与の魂はそんな日々に耐えて、きょうもなお奥深く、静かな光をたたえている。
その光が、もの思わぬ一瞬にきらめくのである。
天地と一体となった忘我のとき、フトひらめき出るのである。
この素直ななつかしさ。不思議なあたたかさ。
思い悩むのもよい。迷いの淵に立つのもよい。それも人間の一つの生き甲斐かも知れない。
しかし時に仰ぎみ給え、あの透き通るような真冬の青空を。

投稿者 ohata : 19:40 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年06月09日

「馬の目かくし」 

===========================道をひらく  松下幸之助翁著===============
「馬の目かくし」 2006年6月10日
この世の中、本当は、わかっているよりも、わからないことの方が多く、知っている
よりも、知らないことの方がはるかに多いのである。人類の生命は、これから先、無
限と言ってもよいほど続いてゆくであろうが、これは言いかえれば、人類の知恵もま
た無限に進むということで、この宇宙の真理の広さ深さは、マダマダはかり知ること
が出来ない。そのはかり知ることが出来ない真理の一端をつかまえて、これこそ全て
なりと断じたら、人智の進歩も、もうそれで止まってしまうであろう。科学も無限、
思想も無限、政治のやり方も、経済経営も、すべてまだまだ無限に新しく残されてい
るのである。
昨今とかく、自分を正しいとするあまり他を排するに急な傾向が見受けられる
ようだが、これはまさに馬の目かくしである。これでは事が小さくなる。真の繁栄を
生み出す為には、お互いに目かくしをはずして、もう少しおおらかになりたい。謙虚
になりたい。

松下幸之助 日々のことば。
「決意」決意というものは本来ほとばしり出るもの。日常の活動の中に累積し
 た意欲の発露である。
「経営力」いい製品をつくるのも財務内容をよくするのも、みな経営力の如何
 んにかかっている」

「理念と経営」
会社には経営の目的(理念、ビジョン)がある。
目的を果たすための経営計画が一応はある。しかし経営計画と通りに中々業績が上が
らないのが、頭痛の種、欲が深いのか、実力が無いのか、世の中の要請に応えられる
事業でないのか、考え込んでしまう。自分と比べれば、艱難辛苦の生い立ちの人でい
ながら、人生の成功を勝ち取っている人は世の中には多数おられる。自分に腹が立つ
と同時に、それも成長の糧になる。自分と自問自答して自分で可能思考、ポジティブ
な心境を造りださなければ、こんな厳しい時代は乗り切れないと自分に言い聞かす今
日この頃である。
何とか売上を上げろ、業績を伸ばせと日々ハッパをかけるが、笛吹けど踊らずの状況
である。社員さんは、社長は現場、現実を知らない、と社員さんは言いたげな目で、
私の話を聴いている。現場、現実を知らないから、出来ることも
多々ある。こんなたとえ話を今日はして見た。頭の髪の毛が薄くなる人は、毎日抜け
落ちていくが、本人、周りの人は少しずつ減っていくから気にならない。
減っていく度合いが気につかない。しかし何年か振りに出会えば一目で、頭の状態が
わかる。つまり、何とか黒字、何とか会社が維持できているところに、時代が変革し
ているのも関わらず、自社が変革できない大きな問題がある。
目的、目標、理念、ビジョン、志をキッチリ見据えて、退路を断って決意、決断、繊
細、怖がり、恐怖心、不安感、これらを併せもって邁進しなければならないと思う。

投稿者 ohata : 19:40 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

「フシの自覚」 

=====================「道をひらく」   松下幸之助翁著==============
「フシの自覚」  2006年6月09日
この世の中、人の一生いろんなことがあるもので、何もなくて平穏無事、そんなこと
は中々望めない。だから時に嘆息も出ようというものだが、けれどもそのいろんなこ
とのつらなりなりのなかにも、おのずから何らかのフシというものがあるわけでもな
い。何がなしにダラダラといろんなことがつづいていくわけでもない。ダラダラと続
いているように思うのは、その連なりの中のフシを見過ごしているからで、だから心
も改まらなければ姿勢も改まらない。
大事なことは、このフシを見分け、自覚し、その節々で思いを新たにすることであ
る。これがわかり、これができれば、いろんなことがすべてプラスになり進歩の糧と
なって、次々に起こることはむしろ歓迎するようにもなるであろう。
フシは自然に与えられる場合もあるし、自分で作り出していく場合もある。
いずれにしても、とらわれない心でものを見、考え、振舞うことである。難しいこと
かもしれないが、やっぱりこれが一番大事なことではなかろうか。

松下幸之助日々の言葉
「囚われ」事物の背後にある流れ、つながりを見通す目と心を培え。ものの一 面に
とらわれることは失敗を呼ぶ。
「組織」時代が変われば当然組織というものも変えねばならない。しかし変え
 すぎてはいけない。

「理念と経営」
「理念と経営」経営者の会、副会長の大役を頂きながら、地元京滋に普及できていな
い事に、ジレンマ、自己嫌悪、自分のカイショの無さを思い知らされる。
日創研、田舞さんの為に普及しようとしているのではない。共に栄えるために
共に理念(経営の目的)、経営者としての使命に気付こう、企業の社会性を認識しよ
う、ひいては地域、政治家、国家の目覚めを、松下幸之助翁の遺志を受け継ぎ後世
に、我ら同志が立ち上がろうとのそんな崇高な主旨、目的であるにも関わらず、
中々、ご理解いただけない無念さ、一抹の寂しさを感じる。
何の為、誰の為、何故企業は栄え続けなければならないのか、を考え続ける中にし
か、真の繁栄の知恵は浮かばないと、自分は思っている、この考え方は、大きな錯覚
なのかなと、自分に疑問に感じる事もある。
一人の目覚めが、十人、百人、1千人、やがては万人に拡がり、会社、自分、お客
様、取引先、地域、国家の世直し、繁栄になると信じて、一緒に活動してくれる同志
が、どのようにしたら拡がるのか、誰か教えてください。
悩み尽きぬ、今日この頃。

投稿者 ohata : 19:39 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年06月08日

「責める。」道をひらく:松下幸之助著


他人を責めるということは、本当は中々容易でない。方もいやならば、責めるほうも
決して気持ちのよいものではない。出来ればお互いに責め合わないでいたいのだけれ
ど、神ならぬ身、時にはやっぱり責めたくもなるし、また責められて気のつくことも
ある。だから、責める、責められるということは、人と人とが寄り合って暮らしてい
くこの世の中では、避けることの出来ない一つの人間の宿命なのかも知れない。そう
とすれば、せめてこの宿命をいたわり合うような、ここの通い合った姿の中で人間ら
しく責めてみたい。責められてみたい。
動物ならかみ合い血を流すしか天与の手段はないかもしれないが、人間には
怒りを愛に変え、憎しみをいたわりに変えるだけの心の働きが与えられている。
その心の働きを精一杯にかたむけてみたい。難しいことかもしれないが、その難しさ
を知った上での責め合いでありたいのである。しかし、もっと難しいのは、自分で自
分を責めるということであろう。責めるということは、いずれにしても中々容易でな
いのである。

「理念と経営」
当社の社員さん全てが、二度、三度、多い人は10回位他社での職歴を持っている。
その人の過去の職能力は、私には解らない、しかし少なくとも、私よりは学歴はある
人がほとんどである。以前は自分自身の学歴コンプレックスで、確信をついた、
フィードバックは出来ていなかった、よって何か、指示、命令なのか、戦略方針なの
か、社員さんが戸惑っていたと思う。それでもその時は、よき時代で、会社は何とか
業績を伸ばす事が出来た。しかし経営力、会社の戦略、戦術ではなかったようであ
る。大きな勘違いであった。
我社のような業務形態の仕組みは、景気が上向くと、人材を確保する事が厳しくな
る、今後は団塊の世代が職場から600万人とも700万人とも予想される人が第一
線から離れていく事を考えたら、今のビジネスモデルは成り立たない。無いものねだ
りはするつもりはない。時代に合ったビジネスモデルの構築を急がねばならないと
思っている。いまこそ我社にとって経営者としての力量が求められる時だと思う。な
んとしてもビジョンを果たすために、断崖の淵に自ら立つ覚悟で、道を開く。

投稿者 ohata : 19:18 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年06月07日

「様相不変」道をひらく:松下幸之助著


幼き日の友に、20年ぶり30年ぶりに出会ったら、その姿かたちのすっかり変わったのに、一瞬戸惑いを覚えることがしばしばある。
それでもやっぱりどこかに、幼き日の面影が変わらず残っていて、その面影にたちまち心が和み、20年の歳月がつい昨日のようでうれしく楽しく手を握り合い語り合う。変わっていくのは自然の理である。様相一変もまたよしである。
けれど、その中にも変わって変わらないものがあってこそ、人と人とのつながりにも心が通い合う。めまぐるしく変わりゆく今日この頃。何もかもがたちまちにして様相一変。自然のたたずまいも風俗習慣も、食べるものも着るものも、物の見方考え方も何もかもが変っていく。
変わるものは変わったらいいし、かた変えたほうがいいのかもしれないけれど、
様相一変の中にも、やはり様相不変のものを大事に見つめ、大事に守り育てたい気がする。自然と人間、人間と人間、このかけがえのないつながりを、いつまでもゆたかに保つために。

松下幸之助日々の言葉 
「病気」医者の言うことはよく聞くべきだ。しかし、本当の主治医は自分自身  である。
「仕事の進め方」仕事を自分の稼業、同僚を同業者、上役をお得意先という解釈で自分の仕事を見直してみてはどうか。

「理念と経営」
松下幸之助翁の経営の思想の根底は、水道哲学、ダム式経営に凝縮されていると思う。世の中で社会生活を営む上で、より良い生活、文化的な生活、繁栄、平和、幸福、楽土の国家を創造するために、水道哲学を確立されたのだと思う。
世間、社会、時間は有効な資源と考えて、時間の生産性、時間のゆとり、時間で得られ新たな発想、発明、社会の進化、あくまでも、自社優先でなく、社会、世間を優先する思想であったと思います。また経営者が会社経営を行う上での
持っておかなければならない、心得として、ダム式経営の必要性を訴えておられるのだと思います。ダムがなければ大雨が降って、河川が決壊し、田畑、道路、家屋の倒壊を及ぼす、だから一時に水が流れないように、ダムで堰きとめ、天候、状況を見て放流する。また水を活用して電気を生み出す、いわばマイナスをプラスに変えるそんな効果がある。我社に例えれば、新規のお客様を毎日会社のPCがダムの役割をしてデーターとして貯えている。しかし、貯えることには日々一生懸命だけれども活用が出来ていない。自分は、お客様は財産といいながら、自分の知らないうちに、貯えることばかりを意識して、活用する事ツイツイ忘れその内に蒸発して、気がついたら、ダムの中の水はなくなってしまっている。こんな知恵の経営では、何時までたっても経営理念「豊かなライフスタイルの創造」は果たせない、なんとしても、時代に合ったビジネスシステムの構築を急がねばならないと決意する。

投稿者 ohata : 19:16 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年06月04日

「徹底的に」道をひらく:松下幸之助著


起こってはならないことが、次々と起こってくる。起こってほしくないことが、
次から次に起こってくる。去年もそうであったし、今年もまた同じこと。
誰が起こしているのか。馬でもなければ牛でもない。
馬や牛はただ人間からなされるまま。人間を困らせるようなことは何もない。
困ることを起こしているのは、やっぱり人間自身である。
夏衣で寒風にたてば、まず普通の人はカゼを引く。
カゼをひきたくなければ、それ相応の衣服をまとえばよい。風に罪はない。
不用意な人間自身に因があるのである。
因があるから果があるので、不用意、不心得の因があれば、起こってはならないこと
も起こってくる。つまり、起こるべくして起こったわけで、よく考えてみれば何の不
思議もない。だから、何事も起こってはならないことを起こしたくなければ、お互い
人間の、不用意、不心得を徹底的に反省しなければならない。ともすれば徹底を欠き
がちな昨今、とくに不用意な人間の心のあり方そのものを、まず自ら徹底的に考え直
してみたい。反省し直してみたい。
自分の為にも社会の為にも。

松下幸之助日々の言葉 
熱意」熱意なき人は描ける餅のごとし。知識才能も熱意がなければ無に等しい。
合理化」必要な経費だと思っていても、さらにそれを吟味し合理化することを怠らな
いようにしたい。

「理念と経営」
我社の経営やり方には明日も未来も無い。こんな事業の仕組み、仕方、システム、商
品は大変革を決断しなければならないと思う。
予測不可能な売上予算(空理空論)に基づき、販売計画を立てて、確実性の高い
経費予算を組む。変動経費は売上により発生するが、固定経費は売上があるなしに関
わらず必要、こんな経営を維持していくためには、債務の責任を持つ社長が陣頭指揮
(リーダシップ)とる経営方法しか選択肢は無い。
これでは、どこまで行っても、経営者の心のゆとり、人財の育成は口先だけで叫ん
で、心から社員さんを信用、信頼する事にはつながらない。
だから、どうすれば良いかと、悩み、考えた結果、身近なところでは、税理士さん、
あるいは新聞社、信販会社の経営に学ぼうと思った。
税理士事務所は、年間顧問料で収入予算が組める、新聞社は年間購読料が読める、ク
レジット会社は、一年、三年、五年と入る予定が立つ、年間売上計画の五割、七割が
確実に読めれば、残り三割の販売、顧客獲得の為に多くの経費が投入できる。しかし
読めない売上を当てにして、期待値で確定的な経費を投入する仕事のやり方、仕組み
は、目の見えない人が、初めて通る道を、杖も持たずに歩いているのに等しい。何と
してもビジョンを必達する。ビジョンの力、必要性を知った事は有り難い。

投稿者 ohata : 19:15 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年06月03日

「古 仏」道をひらく:松下幸之助著


冬の古寺は静かである。枯葉の中の雀の足音が、シーンとした静寂にカサコソとゆれ
る。そのほのぐらい本堂に、長い人間の歴史を見守ってきた古仏の微笑が、静かに浮
かんでいる。吸い込まれるような微笑である。永遠の中に没入してしまいそうな微笑
である。生きていくことは容易でない。容易でないけれど、真冬のほのかな日射しを
わが身にうけて、やっぱり生きていることの有難さが身にしみる。生きている日々は
尊くて、その一日一日は何にも変えられない貴重なものである。けれども、その日々
にとらわれて、自分だけが生きること、自分が生きている間のことだけで、頭がいっ
ぱいになってしまったら、知らぬ間に事の考えが小さくなり、またもや考えの起伏に
にほんろうされる。
古仏の微笑みは、他を思う微笑である。自分を越えた微笑である。その微笑が、
長い年月、世と人に心の和らぎと励ましを与えてきた。
この年のこの冬の一日に、古仏に坐して静かに古仏を仰ぎみてみたい。

松下幸之助日々の言葉  
「相談の仕方」迷いごとを相談するには、自分なりの考えをある程度持ち、その考え
方のチェックのために相談する姿勢が大事。
「商売の秘訣」厳しい経営環境のもとでこそ、商売の原理原則を着実に実践していく
ことが求められる。
「理念と経営」
日々仕事に追われて、売れた、売れなかった、儲かった、損が出た、社員が退社し
た、お客様からのクレーム、心の中は乱れ、疲れ、ビジョンも理念もおざなりになっ
ていることは良くある事です。だから、たまには仕事の事を忘れ、猫の額、程度の庭
で、花の手入れや、野菜作りに没頭する、また田舎へ帰る事がある。しかし私の場合
は、一日程度なら良いが、3日ともなると、頭の中は浦島太郎の如く、数字の計算能
力は衰えるし、知恵は浮かばなくなるし、浮世離れの状態になる事が多い。心の中で
は現実逃避を求めているのであろう。
しかし、現状、現実は逃避できるほど会社の組織力、人財力、資本力ではない。
いつになったら、ボーッとのんびりとした生活が出来るのであろうか。
一個人のビジョンとして心の中に持ち続け、今日も一日、現実に立ち向かい頑張るし
かない。

投稿者 ohata : 19:15 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年06月02日

「くらべる」道をひらく:松下幸之助著


生まれたときは、透き通るような黒い瞳に、天上天下何ものにも変えがたい宝のしず
くがあふれていたのに、日と共に、年と共に、まわりの諸々と比べられて、誰にくら
べて可愛いとか、賢いとか、偉いとか偉くないとか、比べに比べられる日々が続いて
いく。幼き日でも、学校でも、社会に出ても、一刻も比べられないときはないのであ
る。そんな中で、知らず知らずのうちに、他と比べた自分だけが自分と思い込んで、
おごり、たかぶり、嘆き、沈む。 天上天下、比べるにも比べようのないあの純粋な
自分だけの宝のしずくをどこに見失ったのか。比べつつ歩むのは、一つの新歩でもあ
る。しかし、比べようのない自分を深く見つめて、そこにドッシリ腰をすえて歩むの
も、貴重な進歩を生む。お互いうろたえ傷つけ合うことのない人生を歩むために、せ
めて年の初めだけでも、あの純粋な天与の自分を思い起こす静思の時を持ちたい。

松下幸之助日々の言葉  
「勇気」何度失敗しても、もう一度、の勇気を失わなければ、必ずモノになる。
「創意工夫」お互い日々の生活、仕事に絶えず新鮮な工夫を加え、進歩する日   
   月を送ることが大切である。

「理念と経営」
人間はかってな動物だと思う。他人と比較されて、他人より諸々が良ければ悦に入
り、悪ければ落ち込み、比較されたことに悪意、敵意を持つ事さえある。
誠に身勝手な生き物であると思う。比較される事を毛嫌いしながら、しかし自らの心
の中には、ライバル、競争相手、競合他社がツイツイ気になる。世間の批評がなけれ
ば、いくら正しい考え方をもって事に挑んでも、正誤の判断はつかない。だから、比
較される事を恐れない度量を持たなければならないと思う。
他人は他人、自分は自分、他社は他社とはいっては見たものの、やはり自分、自社の
現状、現実を認識する為にも、「素直な心」で他人の諫言が聞ける自分になる努力を
絶えずしておこうと思う。可能思考力、ビジョン力、構想力は大事だけれど、それの
みでは、机上論の経営になる恐れは充分にある。やはり白い杖を携えて歩く、目の見
えない人の歩みの如くバランス経営に、特に私のような経営者は気をつけねばなら無
いと自らに誓う。

投稿者 ohata : 19:14 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年06月01日

「心の力」道をひらく:松下幸之助著

ウルシにかぶれやすい人がいる。その人に眼をつぶってもらって、柿の葉でサラサラ
と手をなで「ウルシの葉にさわったよ」と言う。と、たちまち全身にかぶれの現象起
こってきて、その人はもがき苦しむという。心に思ったことが、そのまま形に現れて
くる一つの例であろう。心の作用というものは不思議なものである。なせばなる、と
いうことも、ならぬは人のなさぬなりけり、ということも、単に精神主義とだけでは
片付けられない人間の本質の一面をついているように思われる。この不思議な心の作
用も、昨今のようにこうも物が豊富になってくると、いつしか物のみにもたれてし
まって、心の力が力として働いてこないようになりがちである。いうなれば喪心であ
る。 心があって物があって、その力が物を支配して、はじめて人としての真の豊か
さ生まれてくる。物心一如か心物一如か、いずれにしてもせっかくこの人間の力を、
もっともっと認識し直したい。この年の初めに、シャンとしてもう一度考え直してみ
たい。

松下幸之助日々の言葉  
他人の昇進」他人の昇進、成功に拍手をおくる素直な心を持ち、日々の仕事に生命を
かけて打ち込む、それが出来る人に適当な処遇をしない職場があろうか。

「理念と経営」
管理、どうも管理という言葉を我社の社員さんは、人を縛る言葉のように解釈する人
が多い。私の解釈は、管理とは人を幸せにする、理念、ビジョンを実現する為の手
段、方法と考えます。人の心は縛ったように管理者が思っていたとしても、心の中ま
では縛れていない、むしろ反感、反発をもつのが人の心であると思う。やはり、人生
目標、夢、ビジョンに気付いてもらう、その目的、目標のずれを修正して、自立、自
発、自主、自然性を育む為にとの管理者の正義が必要と思う。時として我社のような
販売会社は、毎日の売上高が目標となり、客単価でその日の目標を達成しようとする
人が多い、それではその日は暮らせても、未来ビジョンの実現は無い。やはり客数増
で売上を造らなければならない。客単価重視の売り方は、一攫千金に等しい、艱難辛
苦しながらコツコツ真面目に、一軒一軒を訪問して、体験、経験を積み重ね、実績を
創り上げた人でなければ、本当の報恩感謝の心は生まれない、そのような仕事をする
社風に創り上げる為に、管理監督者が存在するのである。どうも売上偏重の管理者が
多いことが気になる。

投稿者 ohata : 19:14 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年05月31日

「天与の妙味」道をひらく:松下幸之助著


砂糖は甘く、塩はからい。全くの正反対。だから、甘くするためには砂糖さえあれば
よいので、塩は不用のように思えるけれど、その正反対の塩を少し入れることによっ
て、砂糖の甘さはさらに深みを増す。正反対の調和から生まれた新しい味である。天
与の妙味である。われに対立するものは、すべて拝したい。押しのけたい。われさえ
あればよいと願う。これは一つの人情でもある。排しても排しきれず、押しのけても
押しのけきれないままに、心を痛め、悩みを深める。本来、排せるものでなく、拝す
べきでないものを排しようとしているからである。対立大いに結構、正反対大いに結
構。これも一つの自然の理ではないか。対立あればこその我であり、正反対あればこ
その深みである。妙味である。だから排することに心を労するよりも、これを如何に
受け入れ、これと如何に調和するかに、心を労したい。そこに、さらに新しい天与の
妙味が生まれてくる。日々新たな道がひらけてくる。

松下幸之助日々の言葉 
「正義感」矢面に立つ、そんな気持ちの中から生まれる正義感が、
 大事においてもうろたえない人をつくる。
「人材」立派な歴史伝統を持つ会社でも人を得なければ徐々に衰微する。
 歴史伝統を生かすのも人である。

「理念と経営」
理解力のある人、無い人。以心伝心で伝わる人。打てば響く人。ツーと言えばカーと
解る人、何度も何度も言わなければ理解できない人、波長が合う人合わない人、腹の
たつ人、心穏やかにさせてくれる人。いろんな人が会社の中には在籍する。人間一長
一短がある。だけと望むべきは、自分の言いたいこと、やりたい事を、いち早く感じ
取ってくれる人が一番望ましい。しかし松下幸之助翁は、そんな人材ばかりでは会社
が危ういと云われている。そんな言葉を素直に解釈できるような大人物になりたい。
良く考えてみたら、それは一方的に、捉われた、物の見方、考え方に通じるし、衆知
経営にはつながらないと思う。
得た人材を活かしきる経営とは、こんな事にも通じるのかと思う。
正誤、善悪、その判断基準は、松下幸之助翁の、「世間は正しいと思おうよ」が、結
局最後の判断基準なのかな。

投稿者 ohata : 19:12 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年05月30日

「完全無欠」道をひらく:松下幸之助著


完全無欠ということは、これ以上望めないほどに好ましいことではあるけれど、
この完全無欠な状態を、お互い人間に求めることは、まず不可能である。人間個々は
そんなに完全にはつくられていない。だから、その考えること、なすことに、どこか
欠けることがあったとしても、一応はやむを得ない事と素直に理解し合わねばなるま
い。この素直な理解があれば、おのずから謙虚な気持ちも生まれてくるし、人を許す
心も生まれてくる。そして、互いに足らざるを補い合うという協力の姿も生まれてく
るであろう。人はとかく、己の考え、なすことを完全無欠と錯覚し、自らを一人高し
として、他にもその完全無欠を求めんとしがちである。しかしそこに生まれるのは、
いたずらな対立といさかいと、そして破綻だけでだけであろう。完全無欠でないから
こそ、調和が必要なのである。この道理の中に、繁栄への一つの道がひそんでいるの
ではあるまいか。

松下幸之助日々の言葉 
「衆知」衆知によって物事を判断し、過ちなくやっていくところに
人間としての真の価値が生まれる。
「仕事の与え方」仕事を担当する以上は、その仕事に関連する人に一種の感銘を与え
るような仕事をしなければいけない。

「理念と経営」
最近自分自身に感じる事は、自分自身が完全で無いにも関わらず、完全無欠を他人に
求めるところがある事に気付く。
日創研のカリキュラム、田舞塾、ビジョンツアー、その他色々な機会に木野先生を通
じ松下光之助翁の思想、心情、生き方、考え方に接し、また「理念と経営」の冊子を
通じ、MAST、WILL、CAN、DOOが、勉強の機会、社内、家庭内で強く出すぎるところが
ある。自分自身の経営、態度、行動、能力の現状認識も出来ていないにも関わらず、
どうも他人に押し付けているのではないかと自己反省、これは迷いか、悩みかどちら
か解らない。こんな人間の事を松下幸之助翁は戒めて言われたのであろうと思う。真
剣に苦言を呈してくれる、叱ってくれる、戒めてくれる、学びの友、同志を本当に
持っていなければ、経営が危ぶまれると真剣に時として考える。松下幸之助翁が云わ
れている、寛厳宜しくを、得るとはこの事かも知れない。

投稿者 ohata : 19:12 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年05月29日

「初心」道をひらく:松下幸之助著

幼き日、まだ西も東もわからぬころ、優しい母からは時には厳しく、厳しい父からは
時には優しく、箸の持ち方から靴の履き方まで、手に手をとって教えてもらった。時
には喧嘩をしながらも兄から教えてもらったこともあるし、姉に導かれたこともあ
る。小学校の先生からも隣のおばさんからも、時にのぞみ折にふれて、色々のことを
教えられ、それを素直に聞きつつ、また自分でも考え、そして次第に成長していっ
た。密林の中で、動物に育てられた人間の子は、動物みたいなふるまいになっていた
という実例があったけれども、有難いことにお互い人間の中に生まれ育てられ、たく
さんの人々の教えや導きを受けつつ、人間として成長してきたのである。それがいつ
の間にか、他人の言をおろそかにするようになる。われ成長せりと思うからだろうけ
れども、どんなに成長しても、他人の言うことに耳を傾ける心を失ったら、それはも
はや自分を失うことにもなりかねない。 初心にかえる、とは、あの幼き日、人に教
えられ人に導かれていたあの頃の、あの素直な心を取り戻すことではあるまいか。

松下幸之助日々の言葉 
「成功と失敗」原因はすべてわれにありという思いに徹してこそ、失敗の経験も生か
され成功への道が開ける。


「経費」人々が僅か、僅かと思いつつ支出する経費の集積ほど恐ろしいものは  な
い。

「理念と経営」
今思えば、「積小為大」が多少は理解できる年齢、立場になった。
私は、会社勤めをした時に、随分と貯金をしなさいと口うるさいほど言われた事を思
い出す。その時は、返事はすれども馬の耳に念仏の自分であった。
毎月1000円を一年積み立てれば、1年間で12000円、それなら毎月貯金をしなくても、
12月に12000円すれば一応帳尻は合う。そんな心であった事を思い出す。しかしこの
歳になって、やっと意味が理解できる事がある。
松下幸之助翁の云われている、ダム式経営も相、通じる事であるのではないでしょう
か。利益が出なければ貯える事は出来ない、だから仕方が無いと諦めるのでは無く、
絶えず資源(人、物、金)のダム、危機意識を持って経営に当れとの先人の戒め言い伝
えであると思います。二宮金次郎の「積小為大」もこの事を指していると思う。経営
者は愚者の境地で「学びのダム」即ち継続して学び続けなくては21世紀の生存し続け
る会社を創造することは出来ないと思います。「理念と経営」を社内、社外、地域に
普及しようではありませんか。

投稿者 ohata : 19:11 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年05月28日

「出処進退」道をひらく:松下幸之助著

日本古来の武士道については、いろいろと解釈もあろうけれど、
これはつまり要するに、人間の出処進退の真髄を教えたものであると思う。
やってはならんときには、やってはならん、そして、やらねばならんときには、
断固としてやるー―これがつまり武士道というものなのである。
お互いわが身がかわいいから、自分の利害得失について敏感であるのは当たり前であ
るけれど、しかし、わが身の利害得失のみで是非善悪を論じ、出処進退を決するなら
ば、これは動物と、大して変わりないことになる。
いつもそうであれとは言わないけれど、やらねばならんときには、一身の利害を第二
にして、一つの強い使命感のもとに、断固としてやる。また、やっていけないときに
は、たとえ面目がつぶれても、毅然としてやらない、それが出来るところに人間とし
ての一つの尊さがあるのである。利害、面目を超越して、常に真実に立ち、真実に直
面して事を進めていくという心構えが大事なのである。お互い弱い人間であるけれ
ど、折にふれてこういう反省も加えてみたい。

松下幸之助翁、日々の言葉  
「余裕」身の危険を忘れて夢中になる、その状態までいってなお心に
 余裕を持つことが大事。
「部下」非常に働きのある立派な仕事をする部下も大切だが、愚痴をうまく聞   
     いてくれる部下もまた大切である。

「理念と経営」
理念、ビジョン、目的、価値観の共有は、言うは易し、行うは中々難しい。
生まれ、育ち、学校、宗教、宗派、事ほど育ってきた環境が違うために、道徳感、倫
理観、人生の価値観、そこから派生する、仕事観、人間観、各人各様の人生目的があ
る。そんな多様な人間集団が、会社であると思う。
過去なら情報量も情報のスピードも違い、三日、三月、三年、石の上にも三年
我慢、辛抱するのやで、と親に教えられ、社会とは何たるか、仕事とは何たるかも知
らずに会社に入り、先輩、上司から教えられ、体験、経験を通して身につけ、自分で
感じて仕事に没頭してきたが、現代社会は、男女異質を忘れて男女平等声高々に叫
び、人権、権利、を主張して、自己優先の自己実現を唱え、国家までが世論に左右さ
れて、日本人の良き、祖先崇拝、年長者をいたわる、思いやる、年長者から体験、経
験を学ぶ事を否定するような政策になってきている様な気がする(人間は苦より楽を
選択する生き物、苦が楽を得る為に通らねばならない道)。どちらかと云えば、ウザ
イ、シッコイ、ウルサイと否定的に受け取る世の中になってしまい、そんな環境で
育った若者の心を、社会秩序を維持するための、道徳観、倫理観、会社の理念、目
的、方針を肯定的に受け取らせる事は至難の業である。「理念と経営」の月刊誌はこ
のためにも、いま一度経営者も目を通し、感じ、気付き、明徳を明らかにした経営を
目指さなければならないと思う。

投稿者 ohata : 19:16 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年05月27日

「人類の経営」道はひらく:松下幸之助著

経営という言葉を聞くと、何かすぐに事業経営、会社経営という イメージが浮かんできて、だから経営というのは事業経営者がやるもので、我々には直接縁のないもの、そんな思いになりがちである。
だがしかし、経営、というのを辞書で見てみると、こう書いてある。
規模を定め、基礎を立てて物事を営むこと、これが第一義で、工夫をこらして物事を営むこと、これが第二義、つまり経営というのは、人間が活動するところ必ずなければならぬもので、大きくは国家経営から各種の団体経営。政党も経営が必要なら労働組合も経営が必要。寺院、教会も経営を忘れてはその活動を続けることはできない。家庭の経営もまた然りである。さらには、一人ひとりの人生を歩むこと、これも経営であり、つまりは誰もが経営に縁があるということであろう。これは洋の東西、思想の如何を問わないが、それにしても激動しつつある昨今の世界を思うとき、人類の経営というべきものにも、時には思いをひそめてみたい気がする。
============松下幸之助  日々の言葉。==================
「天分」
天は二物を与えない。しかし一物は与えてくれる。その一物を大事に育て上げることである。
「技術者の心得」
開発にあたる技術者自身が、市場をある程度肌で知っていなければ、生きた製品は生み出せない。


「理念と経営」
昨日の朝礼で、会社の理念、目的、ビジョンの共有を社員さんに理解していだくのに、綱引きを例に話してみた。
綱引きに参加するためには、選手がいる、選手集めは社員さんの求人に当ると思う、社員さんに、会社の目的(理念)、目標を、伝え浸透をはかり、戦略、戦術を衆知を集め検討する、そして相手の戦力、戦術の仮説を立て、更に自社の強み、弱みを検討する、そして初めて勝負挑む、商売であれば市場に挑むのである。しかし一気に攻め落とせる時もあれば、相手の反抗をこうむる時もある。
だから、自分の戦力を絶えず見ながら、時には耐え、時には引き、ジワリジワリと此方に引き込み、相手の戦闘意識を奪う作戦が必要と思う。商売も、綱引きも、あい通じる所があると私は思います。経営資源(金、人、商品、信用)がない事を充分に認識して、ビジョンの実現を何としても果たす意気込みだけは
誰よりも強くありたい。

投稿者 ohata : 19:10 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年05月26日

「指導者の条件」人心の妙味に思う:松下幸之助翁著

「あるがままに認める」 
「指導者は人、物すべてをあるがままにみとめなくてはならない。」
聖徳太子のつくられた17条憲法の第一条に「和を以って、貴しとなす。さからうこと
無きを、宗とせよ。人みな党あり---」とある。人みな党あり、というのは、人間と
いうものは、必ずグループ、党派をなすものだということであろう。
それが人間の本質だと太子は見抜いておられたのだと思う。たしかに、人間のあつま
るところ、大小の別はあっても、必ずグループ、党派があると言っていい。そういう
ものが自然にできてくるわけである。けれども、そうしたグループ、党派というもの
が全体の運営の上で弊害をなす場合が少なくない。特に昨今、派閥と呼ばれるものに
はその傾向が強い。そういうところから、派閥解消、ということがさかんにいわれ、
色々と努力もされているが、そのわりにはあまり効果が上がらないのが実情のようで
ある。これは、結局派閥をつくるのは人間の本質であり、派閥をなくすことは不可能
だからではないだろうか。つまり、派閥というものは無くせるものでなく、その存在
を認めた上で、活用、善用すべきものだと思う。そのことを太子は言っておられるわ
けで、だから、和を以って貴しとなす----派閥だけの利害に囚われず全体の調和を大
切にしなさいと言われたのではないだろうか。これが太子の偉大なところだと思う。
人間の本質というものは変えることが出来ない。それを変えようと色々と努力するこ
とは無理である。というより、人間自身を苦しめることになる。だから、その本質は
これをあるがままにみとめなくてはならない。そして、その上でどう在るべきか、と
いうことを考える。それが大切なわけである。これは人間に限らず、ものごとすべて
についていえることであろぅ。けれども実際なかなかそれができない。ともすれば、
好きだとか嫌いだとかいった感情や、自分の利害にとらわれてものごとを都合のいい
ように見てしまう。そうなると、真実と離れた姿しか見られないということになる。
それでは正しい判断もできないし、ことをあやまる結果になってしまう。だから指導
者たるものは、出来る限り囚われを排して、ものごとをあるがままに見るようにつと
めなければならない。
そうしたあるがままの認識があって、はじめて適切な指導も生まれてくることを銘記
すべきだと思う。

「理念と経営」
木野先生から、松下幸之助翁は、物事を良い方に解釈され容認されたと聴いた。
しかし、私は容認したいけれど、中々それは難しく出来ない。
創業者、経営者、全ての責任者、チョツトした判断、決意、決断ミスで、人、物、
金、全てを失ってしまう可能性がある。
もちろん自らに火の粉が及ぶし、社員さんの生活、取引先に迷惑をかけてしまう恐れ
が充分に考えられる、だから、人、物、資金のダム造りが求められる。
しかし、そんな簡単にダムは出来るものではない。また出来たらできたで、失いたく
なるのも凡人の世の常。私如きの零細企業は悩み、迷いと呉越同舟の旅人である。そ
んな心境の経営者の私は、衆知を集める経営、世の為、人のため、地域に存在価値あ
る企業づくりを叫んでみても、チャンチャラ可笑しい。
それでも、ビジョンを心の支えにして、外部環境、社内の強弱、ダムの水量を掌握し
て、目の見えない人の如く、一歩づつ着実に経営の目的に向かって歩を進めたい。現
状を正面から、視る、聞く、受け入れる、容認できるようにダム式経営を何としても
成し遂げる決意である。「二度とない人生」過去に後悔なし。

投稿者 ohata : 19:09 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年05月25日

松下幸之助日々の言葉


「生き方」
誤解されたと必要以上に心をわずらわすより、これを自らの反省の機会としたい。
「不景気」
不景気だからといって悲観する必要はない。仕事を止める必要もない。だが走ると危
険、速足程度で。

「理念と経営」
誤解を与えたり、曲解されればなんで解ってくれないのだろうと、時として腹が立
つ、だから真意を正しく伝え誤解を取り除かなければならないと思う。しかしそんな
事ばかりを気にしていては身も心も持たない。
普段の態度、行動、言動が、言行一致であればそんな風に受け取られる事も無いので
はないだろうか。絶えず自らが素直な心で、教えを請う、素直に述べる、
解らぬ事は知ったかぶりをせずに、人様に聞く、愚者の心境で居る事だと思う。
しかし人間年齢を重ねれば重ねるほどに、プライド、見栄、自負心が身体を包み込
み、自己開示が出来ないものである。社内、社外、経営に当っても、自分一人で出来
る事は高々しれている。叡智、衆知を集める為には、人間として、経営者として目的
を定め、裸になることだと思う。そこに真の協力者が現れるのではないだろうか。マ
ダマダ自分は鎧兜を被っていると思う。

投稿者 ohata : 19:07 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2006年05月24日

「くらべる」 道はひらける:松下幸之助翁著より

生まれたときは、透き通るような黒い瞳に、天上天下何ものにも変えがたい宝のしず
くがあふれていたのに、日とともに年とともに、まわりの諸々と比べられて、誰にく
らべて可愛いとか、賢いとか、偉いとか偉くないとか、比べに比べられる日々が続い
ていく。 幼き日でも、学校でも、社会に出ても、一刻も比べられないときはないの
である。 そんな中で、知らず知らずのうちに、他と比べた自分だけが自分と思い込
んで、おごり、たかぶり、嘆き、沈む。 天上天下、比べるにも比べようのないあの
純粋な自分だけの宝のしずくをどこに見失ったのか。比べつつ歩むのは、一つの新歩
でもある。しかし、比べようのない自分を深く見つめて、そこにドッシリ腰をすえて
歩むのも、貴重な進歩を生む。 お互いうろたえ傷つけ合うことのない人生を歩むた
めに、あの純粋な天与の自分を思い起こす静思の時を持ちたい。

「理念と経営」
庭先に一ヶ月前にホームセンターから向日葵の花の種を買ってきて蒔いた、一つの袋
に15粒くらいの種が入っていた、それを同じ土のところに、同じように
種を蒔き、同じように水を与え、同じように肥料を与え、同じように太陽が当るよう
な条件を与えているにも関わらず、何故か、新芽出方が違う。成長の遅い向日葵はい
ずれ間引かれる運命にある。同じように手入れをしても、違いが顕著に出てくる。同
じ花から採取した種でも、やはり成長思考、生存欲、生命力、種族継承意欲の強い花
が大きく花開くのであると思う。
この点、人間社会、企業経営にも当てはまると思う。どれだけ素晴らしい環境
資源、ポジション、歴史、、勉強の機会、財力があったとしても、それを生かしきれ
なけれは、それは宝の持ち腐り、ようは目的、目標をしっかりと心に持ち、未来を見
据えて現状に即した行動をしているかで、人生は決すると思う。

投稿者 ohata : 19:05 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

Copyright (C) 2006 大秦進株式会社ヤマサン / Produced by Genius Web.