« 【 生きる知恵、仕事のヒント 】 | 大秦進公式ブログのTOPへ | ========================【 私の日々の気付き 】========================== »

2012年01月18日

          『 ほど良い緊張感 』

海の魚を生きたまま、鮨屋、料理屋に運ぼうとしたら、水槽にいれてトラックで運びます。
しかし生きたまま運ぶのは中々難しいそうです。

そこで如何したら生きたまま元気な状態で運ぶかというと、違った種類の魚を水槽に入れて
運ぶそうです。

そうすることで魚がお互い緊張感を持ち合うそうです。
これを人間生活に当てはめると、互いに緊張感を持つことが大事だということを
教えてくれているのです。

会社内に程よい緊張感がなくなれば社内はやがて惰性、堕落した社風となり、進歩、
向上心も失せ、知恵も育まれず、目的、ビジョン、目標、理念の実現が叶わない職場となります。

程よい緊張感を持ち、ミスを少なくする仕事を心がけましょう。 

投稿者 ohata : 2012年01月18日 10:05

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

Copyright (C) 2006 大秦進株式会社ヤマサン / Produced by Genius Web.