« 2011年12月 | メイン | 2012年02月 »

2012年01月30日

今日の気付き 『  感性とは????  』

感性とは感受性、言葉、文書、目、肌(皮膚)臭い五感で感じる。
感は感情、感激、感動、感謝、感心、その他、色々な言葉があります。
性は女性、男性、性質、性格、惰性、その他に有ります。

感と性が合体して感性。私が想うには性とはサガ(性)とも読みます。
私は根性とは根っこの性格、性質と解釈します。

根っこの性格と解釈したなら、根っこが曲がっていたなら感性も捻くれる。
根っこが腐っていたら、やがて樹木も枯れてしまう。

感性は大事だが、やはり松下幸之助翁がいわれているように、
『 素直な心 』自分の心が素直の上で感性が磨かれてこそ、創意、工夫、知恵、衆知も
活かされるのではないかと考えました。

心根が捻じ曲がり、腐っていては、どれだけ素晴らしい経営理念であっても、
経営理念とはよべないのではないでしょうか???

投稿者 ohata : 10:00 | コメント (0)

2012年01月28日

今日の気付き 『 誰にも財産はある???? 』

財産という言葉を聞けば、すぐに想いつくのは物質財産(金銭、土地、建物)を想像しますが、
それ以外に知的財産があります。もう一つ万人誰もが等しく持っている財産があると思います。
それは時間という財産、そして時間を消費しながら得た、体験、経験という財産です。


体験、経験は年齢に応じて、その本人しか知り得ない、その本人しか体験したことがない貴重な
財産です。財産には公共の財産と私有財産があります。
しかし財産、物は、これを活かす人にあっまってこそ、財産の真の価値があねと思います。
財産は自分の努力、創意工夫で手にしたかも知れませんが、やはり相手があり、協力者が
あり、物を買ってくださるお客様があってこそ、自分の手に入ったと考えます。
だから自分の体験、経験を自分の財産として占有するのではなく、周りの人に与え、
子孫に語りつぎ、欲張って墓場まで独り占めにしないで与えてこそ財産の有効活用になるのでは??
金銭、物質だけが財産だけではなく逆境体験、順境体験、これらすべてを公共財産となれば善いのだか。
                                          

投稿者 ohata : 10:03 | コメント (0)

2012年01月27日

今日の気付き 『 構造改革 フレーム改革???? 』

日本の政治、経済は改善、改善をくり返し今まで発展、繁栄してきたのは事実だと想います。
しかし改善は知恵の積み重ね、その時々の逆境、ピンチを抜け出す手段、方法だと考えます。

しかし地球上では発展途上国が経済では世界をリードする時代。
日本の戦後復興のように発展途上国は倫理、道徳をお座なりにして経済優先の繁栄、そこに
先進国との間に摩擦が生じ、軍拡競争がおこり、また戦争という悲劇が起こる可能性を秘める。

一方、日本国内といえば、構造改革、フレームを作り直さなければならないのにピンチを旧来
の手法、改善で乗り切ろうとしている、つまり一時しのぎで政策でピンチを切り抜けようとしている。

かって松下幸之助翁は一割のコスト削減要請に、現場が悩んでいるときに、一割の削減ではなく
思い切って三割の削減を考えたらと言われた、現場にとってはそんな無茶なことと思われたが
結果的に実現した。原因は一割程度なら中味の改善に意識が向くが、三割ならフレームから
見直し作り直さなくてはならなくなり、フレーム(構造)の改造と中味の改造により実現したそうです。

また先日新春セミナーでワタミフードの渡邊社長は農業を六次産業化すると農業も立派なビジネス
になると話されていた。生産、製造、販売(流通)までを一元的に考え、物流を改造されて農業分野
でも成功の道標を見つけられた。

その時、その場しのぎの知恵も大事だが21世紀に耐えられる抜本的な意識改革があらゆる分野で
求められているのではと私は考えます。

投稿者 ohata : 10:26 | コメント (0)

2012年01月26日

今日の気付き 『 学びを止めないで下さい???? 』

========================【 私の日々の気付き 】==========================
自分のことは自分で、これは人間として最低限のモラルです。
しかし自分のことは自分でやろうとしても、知識、技術、専門分野でない仕事もたくさんあります。

また一時的に仕事量が増えて仕事が遅れることもあります。
また本人の仕事が遅い、早いもあります。

しかし会社内のすべての仕事は結合しています。仕事の遅い人は遅い人で他の部署の人に迷惑を
かけないように上達してもらわなければなりません、またスピーディで正確な仕事が出来るように練磨
してもらわなければなりません。職場の仕事は貴方向きの仕事ばかりではありません。


一人の仕事の遅れが過酷な競争時代には商売の機会を逸することにつながります。
一人一人が自立し、自己責任を全うし、そして足らざるを補ってこそ会社は競争激しい商売のステージに
たつ資格を持つのです。

職場は時代の最適先を見つめて配置換え、職務換え、また昇格人事も行なわれます。
100%の能力、技術、見識が備わっていなくても自分に自信がなくても昇格するのが社内人事です。
その時に備えて知識、学識、見識、絶えず器を広げることに勤めて下さい。

自分、家族、会社、地域、国家を富める為に日々の仕事を通じて切磋琢磨しながら研鑽して下さい。
        

投稿者 ohata : 10:16 | コメント (0)

2012年01月24日

=============【 私の日々の気付き 】========

今日の気付き 『 記録と記憶???? 』

我が社は食品販売の会社です。過去は訪問販売という手法でビジネスを展開いたしていました。
しかし時代の流れによる、雇用確保の問題、労働時間規制の問題等、
企業を取り巻く環境変化により今は通信販売にビジネスモデルを変更いたしました。

今は電話、媒体広告、ネット、店舗を活用してビジネス展開を行なっています。
電話販売では、お客様との会話をコンピュータに記録させていただいていますが、
これが問題なのです。

お客様担当は社員さんの入社、退社により変更することがあります。しかしデータ、会話記録は
パソコンにのこっています。その記録の中に、お客様に叱られた、クレームをいわれた、
そんな記録が記されていると後を受けもった社員さんは、その記録に惑わされて電話をかけなくなり、やがて、そのお客様との取引が途絶えてしまいます。

大事なお客様を失うことになってしまいます。
お客様もいつもいつも機嫌がよいときばかりではない。
また電話している人にもお叱りを受ける原因がある。
一人の記録、先入観がパソコンに記憶としてのこっていることが大問題。

必要な記録、記憶と一時的な記録、記憶、消し去らなければならない
記録と記憶(先入観、固定観念)があることを峻別しなければならない。

≪お客様は有限、打つ手は無限≫

投稿者 ohata : 09:57 | コメント (0)

2012年01月23日

『 悩みと迷い 』

========================【 私の日々の気付き 】==========================

今日の気付き 『 人間は何で迷い、悩むのかな?? 』
人間はなぜ、迷ったり、悩んだりするのか自分なりに考えて見ました。

迷いは行き先、目的をを見失う、悩みは目的地への行き方が解らない。
言葉にすればこれだけの違いしかないと思います。
しかし、悩み? 迷い?を混同する、頭の中がゴチャゴチャになりトンネルに入ってしまい
自棄になったり、諦めたり、投げやりになってしまう。
トンネルには出口があることを信じて、一度、立ち止まって目的の再確認したなら悩んでいる
ことに気付くのではないでしょうか?? 悩みの解決方法は無限にあると信じて心強く、一意専心
を貫きたいものです。研修で習った言葉に『意図と方法』意図が明確なら方法は無限大。

投稿者 ohata : 09:45 | コメント (0)

2012年01月21日

========================【 私の日々の気付き 】==========================

今日の気付き 『 生きるために食べるのか、食べるために生きるのか 』

今日、倫理法人会で先輩経営者の方が、医者に視ていただいたら、
○○さん、貴方は何の為に食事をしているのですか?? と尋ねられたと話されていました。
この話を聞きながら、何の為に人間は食事を摂るのかを考えながら話を聞いていて、私なりに
一つの結論を見出しました。

その結論はただ単に生き永らえるために食するのではなく、
人生の目的を果たすために人間は食すると解釈しました。

また神、仏の違いについて考えて見ました。
神様には祈り、仏様には崇拝、頭をたれるのは姿は同じでも、祈りと礼拝、心に違いがあるのでは??

投稿者 ohata : 09:58 | コメント (0)

2012年01月18日

          『 ほど良い緊張感 』

海の魚を生きたまま、鮨屋、料理屋に運ぼうとしたら、水槽にいれてトラックで運びます。
しかし生きたまま運ぶのは中々難しいそうです。

そこで如何したら生きたまま元気な状態で運ぶかというと、違った種類の魚を水槽に入れて
運ぶそうです。

そうすることで魚がお互い緊張感を持ち合うそうです。
これを人間生活に当てはめると、互いに緊張感を持つことが大事だということを
教えてくれているのです。

会社内に程よい緊張感がなくなれば社内はやがて惰性、堕落した社風となり、進歩、
向上心も失せ、知恵も育まれず、目的、ビジョン、目標、理念の実現が叶わない職場となります。

程よい緊張感を持ち、ミスを少なくする仕事を心がけましょう。 

投稿者 ohata : 10:05 | コメント (0)

【 生きる知恵、仕事のヒント 】

========================【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
≪ 発想法 ≫
窮屈な枠の中で窮屈なものの考え方をしていては、心の動きも鈍くなり、自由自在な知恵も出てこない。

≪ 訓練、躾 ≫
心配りの行き届いた仕事は一朝一夕には生み出せない。やはり日ごろの訓練、躾がものをいう。

投稿者 ohata : 10:03 | コメント (0)

2012年01月17日

【 生きる知恵、仕事のヒント 】

========================【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
≪ 商品への関心 ≫
自分たちが苦心して手がけた商品が世上でどのように扱われているか、もっと強い関心を払いたい。

≪ 信頼 ≫
平凡なこと、ささいなことを疎かにしないところに、信頼を生み出す第一歩がある。

投稿者 ohata : 09:55 | コメント (0)

2012年01月16日

≪ 事業活動の意義 ≫

今日の松下幸之助翁の生きる知恵、仕事のヒント≪事業の意義≫は考えさせられます。
社会、人々、世の中の為に奉仕、貢献するのでなければ
事業を大きくする必要はないと断言されています。

この言葉を読んで、自らの経営の目的、目標、ビジョン、志を自問自答してみると??マークがつきます。

世の中の指導者、リーダー、政治家、官僚の賢い人、事業、商売を行なっている我々も
事業経営の命題を再確認の必要があるのではないでしょうか?? 。

投稿者 ohata : 10:04 | コメント (0)

 【 生きる知恵、仕事のヒント 】

========================【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
≪ 憎しみ ≫
憎しみは破壊を、自他相愛の心は建設をもたらす。 憎しみあうことほど人間としてみじめなことはない。

≪ 事業の意義 ≫
社会のため、人々の為に奉仕、貢献するのでなければ、事業を大きくする必要はないと思う。

投稿者 ohata : 10:02 | コメント (0)

2012年01月14日

     『 綺麗な花には蝿は集まらない』

ある研修でウンコにはハエしか集まらないと教えられたことがあります。
その時は何のことだか解らなかったでしたが、その通りとだと自戒します。
綺麗な蝶は色とりどりの綺麗な花にあつまる。
これを会社に例えるなら、新入社員、中途採用の社員さんが希望にみちて、会社に入社される。
しかし、会社へ入ってみたら、休憩時間、仕事中に先輩の言葉は不平、不満、愚痴ばかりを耳にする。
こんなはずではなかったと思った社員さんはさっさと退職していく、またこんな就職難の時代だから我慢
をしようと、綺麗な心をもって頑張っている社員さんも、やがては社風になじんでウンコに群が事を苦に
しない社員さんになってしまう怖さに気付いている必要があります。
経営者、幹部社員、社員さん共々に、働く目的『豊かなライフスタイルの創造』を目指して頑張りましょう。

投稿者 ohata : 10:20 | コメント (0)

     『 綺麗な花には蝿は集まらない』

ある研修でウンコにはハエしか集まらないと教えられたことがあります。
その時は何のことだか解らなかったでしたが、その通りとだと自戒します。
綺麗な蝶は色とりどりの綺麗な花にあつまる。
これを会社に例えるなら、新入社員、中途採用の社員さんが希望にみちて、会社に入社される。
しかし、会社へ入ってみたら、休憩時間、仕事中に先輩の言葉は不平、不満、愚痴ばかりを耳にする。
こんなはずではなかったと思った社員さんはさっさと退職していく、またこんな就職難の時代だから我慢
をしようと、綺麗な心をもって頑張っている社員さんも、やがては社風になじんでウンコに群が事を苦に
しない社員さんになってしまう怖さに気付いている必要があります。
経営者、幹部社員、社員さん共々に、働く目的『豊かなライフスタイルの創造』を目指して頑張りましょう。

投稿者 ohata : 10:20 | コメント (0)

     『 綺麗な花には蝿は集まらない』

ある研修でウンコにはハエしか集まらないと教えられたことがあります。
その時は何のことだか解らなかったでしたが、その通りとだと自戒します。
綺麗な蝶は色とりどりの綺麗な花にあつまる。
これを会社に例えるなら、新入社員、中途採用の社員さんが希望にみちて、会社に入社される。
しかし、会社へ入ってみたら、休憩時間、仕事中に先輩の言葉は不平、不満、愚痴ばかりを耳にする。
こんなはずではなかったと思った社員さんはさっさと退職していく、またこんな就職難の時代だから我慢
をしようと、綺麗な心をもって頑張っている社員さんも、やがては社風になじんでウンコに群が事を苦に
しない社員さんになってしまう怖さに気付いている必要があります。
経営者、幹部社員、社員さん共々に、働く目的『豊かなライフスタイルの創造』を目指して頑張りましょう。

投稿者 ohata : 10:20 | コメント (0)

【 生きる知恵、仕事のヒント 】

========================【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
≪ 責任者の心得 ≫
長たるものは、すべての責任を自らが負うのが当然。 それは私の責任です、と言い切れているかどうか。

≪ 成功の条件 ≫
成功している人は、みな途中であまり道を変えていない。いろんな困難があっても志を失わず、
最後までやり遂げた人が概して成功している。

投稿者 ohata : 10:19 | コメント (0)

2012年01月13日

            『 役を演ずる 』

倫理の教えに『役を演ずるという言葉があります』

私は会社の社長、その他の役を授かっています。

そして日々演じています。しかし役を演じている程度の意識では、
義務感、負担感、責任感ばかりで日々が楽しくない。

むしろ窮屈さを感じる。昨日、松下幸之助資料館を訪問して感じたことは
松下幸之助翁は、役は天職、天命、使命、あり難いたいことだと、皮膚、心、
感性で感じ居られた事が展示されている

文書、言葉、画像の表情で誰もが感じさせられました。

そんな境地にいたるための心の持ち方を、死を迎えるまでに身につけたいものです。

賢い人なら上手に演じる事が出来るだろうが、
凡人は何事も継続して身につけるしかないのでは??

投稿者 ohata : 09:20 | コメント (0)

【 生きる知恵、仕事のヒント 】

========================【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
≪ 共存共栄 ≫
一人だけの繁栄はあり得ない。 自他ともに生きようと望むところに、共存共栄の花が開く。

≪ 信念 ≫
みずから信じるものを持つというか、みずからの商売に期するものを持とう。それを持たねば右往左往する。

投稿者 ohata : 09:18 | コメント (0)

2012年01月12日

【 生きる知恵、仕事のヒント 】

========================【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
≪ 悩み、迷い ≫
悩みや迷いは誰にもある。それらを何とか克服し、乗り越えるために努力する過程を経て人は成長する。

≪ 時代感覚 ≫
どんな会社のどんな地位にいても、たえず触覚を外に出して、時代感覚を吸収していくことが大切である。

投稿者 ohata : 09:58 | コメント (0)

2012年01月11日

【 生きる知恵、仕事のヒント 】

========================【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
≪ 事をなす ≫
物事をなし遂げるのに安易な道はない。 そのことを常に心して何事にもあたりたい。

≪ 率先垂範 ≫
頭が回らぬと尾も回らぬ。 周りの人が気の毒に思うほど上司が働いてこそ部下もついてくる。

投稿者 ohata : 09:29 | コメント (0)

2012年01月10日

        『 初心、忘れるべからず 』

今日は1月10日、正月気分もボチボチとなくなる頃です。
それと同時に正月に立てた誓い、目標もボチボチ忘れる頃です。

初心、忘れるべからずという言葉があるように、忘れてよい事と、忘れてはならないことがあります。
忘れてならないのは一意(目的、ビジョン、志)です。
忘れなければならないのは悪夢に支配されている心。

過去の失敗、苦い体験、経験は財産です。
財産に縛られ、囚われていては新たに自分は生まれません。
大成功して蓄財を築いた人が金に縛られ、名声におぼれて人生の意味を見失った人はたくさんいます。

今一度、二度とない人生、自分の価値に気付き、自らの可能性にチャレンジし続けて下さい。
人生とは人としての生涯活動の意味なり。一生涯チャレンジャーの人生を送りましょう。

投稿者 ohata : 09:46 | コメント (0)

【 生きる知恵、仕事のヒント 】

========================【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
≪ 確信 ≫
世の中に絶対の確信などあり得るはずがない。すべて一応のものであり、仮のものである。

≪ 経営理念 ≫
経営理念というものは、正しい人生観、社会観、世界観に深く根だしたものでなくてはならない。

投稿者 ohata : 09:44 | コメント (0)

2012年01月07日

  ≪ 貴方が信じられるものは何ですか ≫

≪信じるものは救われる≫という言葉があります。

しかし最近の世相は信じられない事柄が、あまりにも多すぎます。
では何を信じたら良いのかを考えてみたいと思います。
先ずは自分を信じる、家族、家庭、両親、ご先祖様、職場の同僚、会社、商品、経営理念、
ビジョン信じるもの発見することが大事です。

信じる物事がないと自らの心が寂しくなり、何事にも前向きに取り組むことができなくなります。

神仏は自らを信じ崇拝する、祈りを捧げるものたせと思います。
神仏に祈ったからといって目的、目標が達するものではないと考えます。
神仏は我々の前向きの実践行動が無事に進むように、ご加護くださるものだと信じます。

神仏に祈りを捧げているだけで実りある人生は過ごせない。目的、目標、ビジョンの実現を信じて
行動をする人の心に神仏は宿ります。

二度とない人生、過去は体験、未来に夢、ビジョンがあれば、現在に課題(障害、問題、難関)は多々
あります。課題発見が成功の兆し、一里塚。頑張りましょう。  

投稿者 ohata : 10:05 | コメント (0)

【 生きる知恵、仕事のヒント 】

========================【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
≪ 豊かな心 ≫
人の言に耳を傾けないというのは、みずから求めて心を貧困にするようなもの。

≪ 商品の価値 ≫
売る人の誠意や熱意がつけ加えられてこそ、商人の値打ちは本物になる。

投稿者 ohata : 10:04 | コメント (0)

2012年01月06日

  『 ビジョンは人を引っぱる 』

今日の倫理日めくりカレンダーは『ビジョンは人を引っぱる』です。

何のために勉強し、働くのか。 誇り高く生きる未来の姿を、堂々と、具体的に画こう。

『誰の為、何の為、何故』働くのか、この世に生命を授かったのは『誰の為?、何の為?、何故?』

勉強、知識、気付きは目的実現の手段、目標は行動計画の一歩なり、計画は戦略、戦術の一歩なり

結果は全て現象なり、現象には問題、課題が山積みなり、問題の中に切磋琢磨しなけれはならない。

ダイヤモンドの原石が潜んでいる、ダイヤモンドを光り輝くよう、磨きをかけ、世間の要請に応えられる

ようになった暁にビジョンの実現が叶うのではないでしょうか??? 

投稿者 ohata : 09:46 | コメント (0)

 【 生きる知恵、仕事のヒント 】

========================【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
≪ 素直な心 ≫
『素直な心』とは、何物にもとらわれることなく物事の真実を見る心。
だから素直な心になれば、物事の実相に従って、何が正しいか、何をなすべきかということを
正しく把握できるようになる。 つまり素直な心は人を強く正しく聡明にしてくれるのである。

投稿者 ohata : 09:45 | コメント (0)

2012年01月05日

         『 利は元にあり』私の解釈

商売人の鉄則に 『利は元にあり』という言葉があります。

どこよりも安く仕入れ、仕入先とより良い関係を築け、

何処よりも早く新商品を提供してもらえる関係を築け。

こんな意味ですが、どれだけ安く仕入れても、販売する側が経費の無駄、販売の無策があれば

ライバル企業よりどれだけ安く提供していただいても価値は生まれません。

この言葉を我が身、我が社の現状を振り返る意味で考えたならば、

『利は足下にあり』と解釈するほうが賢明ではないでしょうか。

メーカー、生産者、仕入先様が何処よりも安く商品を提供していただいても、

販売する側の金銭の使い方が湯水の如く無駄遣いがあり、バケツに穴が空いていたら、

協力していただいた意味がなくなるのでは??

これは日本の政治、財政も同じではないでしょうか?

投稿者 ohata : 09:54 | コメント (0)

【 生きる知恵、仕事のヒント 】

========================【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
≪ 共同生活 ≫
自分の持てるものを他に与え、それに応じて他から受ける。多くを受けたいと思えば多くを与えればよい。

≪ 目標 ≫
目標を一つ一つ定めて、着々と大道を歩もう。それが結局は確実な発展につながる。

投稿者 ohata : 09:46 | コメント (0)

2012年01月04日

【 生きる知恵、仕事のヒント 】

========================【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
≪ 志 ≫
本気になって真剣に志を立てよう。 強い志があれば事は半ば達せられたといってもよい。

≪ 経営者の条件 ≫
経営者に必要なことは、未来を察知する先見性に加えて、未来を創造すし時代をつくる積極的な姿勢である。

投稿者 ohata : 08:51 | コメント (0)