« 2011年02月 | メイン | 2011年04月 »

2011年03月31日

【良い習慣、悪い癖】

悪いクセは長年の間に身に付いた自分にとって都合のよい習慣(生活法則)

良い生活習慣は自分にとって不都合で面倒くさいクセ。

自分に不都合な習慣、クセを身につけるのは自分一人では中々至難の技です。

だから会社、組織、集団の皆さんの力を借りて、監視、管理されながら良い習慣

クセを身に付け、未来に向けて、二度とない人生を自分の豊かなライフスタイルの

道を切り開かなければ、何の為の人生かと後悔する事になる。

投稿者 ohata : 09:54 | コメント (0)

【 生きる知恵、仕事のヒント 】

============== 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
≪ 窮屈 ≫
身体も心も窮屈にしてはいけない。 のびのびとして事にあたることが大事である。

≪ 入念 ≫
念には念を入れよ。 仕事を完全にやり通すのに念のいれすぎということはない。

投稿者 ohata : 09:52 | コメント (0)

2011年03月30日

【内に秘めたる志と世間の要請】が合致してこそ?????

経営(商売)は一隻のボートでオールを漕いで海を目指すようなものである。

オールを一生懸命に漕いでいたならいづれは小川から支流を経て本流にのり
大海にたどり着く。

しかし、オールの漕ぎ方が不充分であったり(勉強不足)
漕ぎ方がいい加減であったり(手抜き)、また逆流したり(同じ過ちを何度も繰り返す)、
同乗している人と呼吸があわなければ(チームワーク不足)舟は前に進まない。

大海(会社の繁栄)にたどり着けたその原因は
会社、商品、サービスが世間の要請(期待)に応えている証なり。

そんな言葉を信じて、
いつまでも忘れずビジョン(定性、定量)の実現を目指す会社をつくりましょう。

投稿者 ohata : 09:43 | コメント (0)

【 生きる知恵、仕事のヒント 】

============== 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
≪ ものの本質 ≫
美と醜は表裏一体。美の面にとらわれ、反面の醜を責めるに急なのは、真実をしらぬ姿である。

≪ 責任者の心得 ≫
経営の最高責任者は、どんな場合でも、最後の責任は自分にあるという自覚を持っていないといけない。

投稿者 ohata : 09:42 | コメント (0)

2011年03月29日

【 生きる知恵、仕事のヒント 】

============== 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
≪ めざめの効用 ≫
1人の目覚めが百人に及び、百人の目覚めが千人に及び、
千人の目覚めは会社全体に及んで、社会に及ぶ。

≪ 仕事の心得 ≫
事にあたって、ある程度の負担や多少は足を引っ張られることは
最初から覚悟しておくべきだ。

投稿者 ohata : 09:22 | コメント (0)

2011年03月28日

【問題とは???課題とは???】明確に。

頭の中で問題課題が混同していませんか???

言葉ではなんとなく解っているが、

問題、課題という言葉を自分自身が明確にしておくことで

対処、対策、改善すべきことがハッキリとして

的確な判断、決断、指示を出すことが出来ます。

問題とは目的実現の前に現れる障害物。障害事象。

課題とは問題の中から抽出して優先的に解決しなければならない事象。

投稿者 ohata : 09:57 | コメント (0)

【 生きる知恵、仕事のヒント 】

============== 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
≪ めざめの効用 ≫
1人の目覚めが百人に及び、百人の目覚めが千人に及び、千人の目覚めは会社全体に及んで、社会に及ぶ。

≪ 仕事の心得 ≫
事にあたって、ある程度の負担や多少は足を引っ張られることは最初から覚悟しておくべきだ。

投稿者 ohata : 09:56 | コメント (0)

2011年03月26日

【もと(本、基、元を再確認】

「もと(本、元、基)を忘れず、末を乱さず」こんな言葉があります。

まったくそり通りだと思う反面、本当かなと疑ってみるのも勉強だと思います。

一番怖いのはもうしん(猛進、妄信)だと思います。

チョツト疑って(客観視)見ることで、
改めて再確認、確信できることが多々あります。

チョツトしたまちがい、勘違いが、
チョツトしたズレが年月が経てば大きな勘違いにつながります。

疑心暗鬼よりは確認、確信、信念、一念と高めることにより
何事にも熱意を注いで打ち込めるのではないでしょうか????? 

投稿者 ohata : 11:20 | コメント (0)

【 生きる知恵、仕事のヒント 】

============== 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
≪ 若さ ≫
常に新しいものを求めていくという考え方なり態度が若さを生むというか、若さそのものだ。

≪ 失敗 ≫
仕事に失敗するのは運が悪いのでもなんでもない。為すべきことを怠ったからである。

投稿者 ohata : 11:09 | コメント (0)

2011年03月25日

【 生きる知恵、仕事のヒント 】

============== 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
≪ 天分 ≫
自らの天分、資質を正しくつかみ、それを存分に生かす所に、人間として喜びに満ちた生活がある。

≪ 信念 ≫
人の信念というものは偉大なことをなし遂げる。 常に自分の分に応じた一念、信念を堅持したい。

投稿者 ohata : 11:36 | コメント (0)

2011年03月24日

【 生きる知恵、仕事のヒント 】

============== 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
≪ ものの本質 ≫
ものには表と裏がある。 表から見た面を考慮しつつも、表にある美を認めて、それを伸ばすことが大切。

≪ 経済交流 ≫
経済交流は有無相通ずることが基本である。 自国を満たしなお余裕があれば他国にも提供すべきである。

投稿者 ohata : 10:25 | コメント (0)

2011年03月22日

【 生きる知恵、仕事のヒント 】

===============松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
≪ 信念 ≫
人の信念というものは偉大なことをなし遂げる。常に自分の分に応じた一念、信念を堅持したい。

≪ 商売の基本 ≫
商売の基本姿勢は、朝に発意、昼に実行、夕べに反省。 繁盛発展はその着実な実践から生まれる。

投稿者 ohata : 08:56 | コメント (0)

2011年03月19日

【問題、課題は前進するための推進力】

どんな立派な会社であっても、またどれだけ成功した個人であっても

問題、課題がない会社、個人はいない。
問題、課題はひょつとしたら成功、成長の漢方薬かもしれません。

夢、ビジョン、目的には一応のゴールはありますが、
しかし大欲(大志)のある人にはゴールはありません。

その夢、ビジョン、志を実現に導くのが、問題点であり課題点です。
問題とは、夢、ビジョン、目的を実現しようとする前に立ちはだかる
壁のような事象です。

課題とは数多くの問題点の中で抽出して早急に解決しなければならない事象です。
各部署で問題点を発見して、課題を抽出して早急に対策を講じて
今期の目標に向かって前進しましょう。

投稿者 ohata : 09:55 | コメント (0)

【 生きる知恵、仕事のヒント 】

============== 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
≪ 順応 ≫
刻々と変化する世相に、正しい意味で順応するということを忘れてはならない。

≪ 上司との関係 ≫
幹部や上司の無理解を嘆く前に、自分の思いを誠心誠意訴え、理解を得る努力と工夫をしたか反省したい。

投稿者 ohata : 09:54 | コメント (0)

2011年03月18日

【 生きる知恵、仕事のヒント 】

============== 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
≪ 礼儀作法 ≫
礼儀作法は人間関係をなめらかにする。いわば社会生活の、潤滑油である。

≪ 今日の時代 ≫
昔にくらべて現在は交通、通信の便が格段にすぐれている。
それだけに現在は昔の何倍も仕事ができるはずである。

投稿者 ohata : 09:19 | コメント (0)

2011年03月17日

【 生きる知恵、仕事のヒント 】

============== 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
≪困難 ≫
困難におびえていられない。 努力し、希望を失わなければ報いられるときが必ずくるものだ。

≪ 経営者の役割 ≫
大きな会社になればなるほど、経営者は常にみずから困難に取り組み、問題を発見していかねばならない。

投稿者 ohata : 10:06 | コメント (0)

2011年03月16日

【 生きる知恵、仕事のヒント 】

============== 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
≪ 進歩向上 ≫
頭で考えて身で行なう。 行なってまた頭で考える。 それをくり返していくところに進歩向上がある。

≪ 経営とは ≫
経営とは船に乗って航海しているようなものである。穏やかな海であっても舵取りに油断は禁物である。

投稿者 ohata : 09:52 | コメント (0)

2011年03月14日

『みんな、みんな役割がある』

社長、常務、部長、課長、社員と会社内には各々の立場、肩書きの社員が混在して会社という家族を形成しています。

しかし、お互いがお互いの天分を存分に発揮して、会社を栄えさせて、
『豊かなライフスタイル』を実現するのが企業の責務です。

各々の人間には個性、徳性があります。必要な個性、不必要なクセと千差万別です。

賢い人、偉い人、目配り、気配りのつく人、技能が優れた人、あるいは清潔好きの人
いろんな人が、いろんな個性、特性をコラボレートして会社は成り立っています。

貴方は何を発揮して会社の繁栄、成長に貢献していますか????
これを一度、自問自答してみたらいかがですか?????

投稿者 ohata : 14:48 | コメント (0)

【 生きる知恵、仕事のヒント 】

===============松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
≪仕事の仕方 ≫
仕事というものは、本来遂行するのに犠牲をともなわないのが理想である。
働くことを楽しみつつ、希望に満ちて、欣喜雀躍の中に成果を上げていくべきものである。

≪ 企業の使命 ≫
他の迷惑を考えず、ただ成果をあげさえすればよいでは、その事業は社会的に何ら存在意義はない。

投稿者 ohata : 14:46 | コメント (0)

2011年03月12日

≪生成発展≫

現代社会のあらゆる事象は、宇宙界の生成発展の結果であり
宇宙界の進化の途上の現象です。

松下幸之助翁が生前、松下電器の順境、逆境の度に自分に言い聞かせて居られた言葉です。つまり、艱難辛苦の時に経営者は時に経営を投げ出したい心境になるものです。

しかし、逃避出来ないのが経営者の天命です。そんなときに自分の心を穏やかにし、聡明にし、忍耐強く逆境に立ち向かわせてくれる言葉の一つに、全ては生成発展の現象と思えたなら、目の前の逆境に対して立ち向かうことができ、また無限の方策、道も見つかるというものだと思います。

生きるも地獄、死んだら地獄行きなら、生きているうちに徳を積み、天国のキップを手にしましょう。

投稿者 ohata : 09:28 | コメント (0)

【 生きる知恵、仕事のヒント 】

============== 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
≪ 成功と失敗 ≫
順調なときに失敗の原因が生まれ、困難に直面しているときに成功の芽が生まれる。

≪ 働き方 ≫
人より多く働くことは尊い。 しかし、人より少なく働いて、今まで以上の成果をあげることもまた尊い。

投稿者 ohata : 09:27 | コメント (0)

2011年03月11日

『理念と経営』社内勉強会の意義

理念と経営、社内勉強会は何を勉強するのかと聞かれたなら?
勉強会の機会、場を通じて、自社の経営の目的を理解する

参加者が上下関係を排除して、社員間のお互いの思い、考え方を発言して
自分の考え、思いを再確認する。

また月刊「理念と経営」の設問を題材にして、雑誌に掲載されている企業の
順境(成功要因)、逆境(失敗原因)を通じて学びその時その場に備えの勉強をする。

また自らの足る、足らざるに気付く、本人がその気になれば心を鍛えことも出来る
器を大きくするヒントもたくさんえられます。
社内勉強会の意義、意図を理解して

大切な時間を無意味で無駄な時間を過ごさないようにして下さい。
今月も積極心を持って参加してください。

投稿者 ohata : 10:15 | コメント (0)

【 生きる知恵、仕事のヒント 】

============== 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
≪ 人生とは ≫
人生は演出も演技も自分でする生きた芝居。腕次第、やり方次第でいくらでもいい芝居になる。

≪ 不景気 ≫
景気の悪い年は、物を考えさせられる年。 だから、心の改革が行われ、将来の発展の基礎になる。

投稿者 ohata : 10:14 | コメント (0)

2011年03月10日

直球だけでは通用しない。

もう直ぐプロ野球が開幕します。
プロの投手はポールが速いだけでは勝てない、
緩急(球が速い、遅い)をつけ、シュート、カーブ、フォークと変化球が必要です。

どれだけ速い球を投げてもバッターの目がなれたら打たれる。
通信販売でお客様に対しても直球一本のトークでは打ち返される、つまり断られる
買っていただけない。

新人は基礎、基本を覚え、それから変化球、応用編を
一つづつ覚えさせるようにして下さい。

永年にわたり仕事していながら売上が上がらない真面目な社員さんは
直球しかないから成果が上がらないのです。

変化球(話しの話題、トークの開発)を指導ください。

投稿者 ohata : 10:00 | コメント (0)

【 生きる知恵、仕事のヒント 】

============== 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
≪ 聞く ≫
人の意見はまず感心して聞く心を持つ。 そこから何かヒントも得られ、新しい発想も生まれてくる。

≪ 商売の仕方 ≫
商品の価値は、つくる人間より使う人の方がよく知っている。買ってくれる人に聞くのが一番いい。

投稿者 ohata : 09:59 | コメント (0)

2011年03月08日

【 生きる知恵、仕事のヒント 】

============== 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
≪ 心配、不安 ≫
心配や憂いは新しくものを考え出す一つの機転。 正々堂々とこれに取り組めば新たな道が開けてくる。

≪ 成功の条件≫
道にかなった方針を立て、全員が心を合わせてつとめれば、事は必ず成就する。

投稿者 ohata : 11:15 | コメント (0)

2011年03月04日

【 生きる知恵、仕事のヒント 】

============== 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
≪成功と失敗 ≫
人間ともすれば、上手くいけば自分の腕でやったとおもいがちである。 
それがおごりに通ずる。
だから、事がうまくいったときは運が良かった考え、上手くいかなかったときは運がないと思わず、腕がなかったと考えたい。 そうすれば、自分の力を上げざるを得まい。

投稿者 ohata : 12:02 | コメント (0)

2011年03月03日

人材育成を○○に例えるなら==

野菜の栽培は手間がかかる。

野菜の苗を買って来て、畑に植えたら勝手に育つものではない。

水をやり、肥料を与え、間引きをして虫を駆除して、

そして太陽の光を与えなければ立派な野菜には育たない。

社員も厳しく、優しく、ときには社内に害を及ぼす社員は駆除しなければ

真面目、正直、一生懸命で会社の財産となる社員を失う事につながる。

手間ひまかけてヤマサンの未来を担う社員を育てて下さい。

しかし若い社員の手本とならなければならない先輩社員さんに

手がかかりすぎも困ったものだ。

投稿者 ohata : 09:55 | コメント (0)

【 生きる知恵、仕事のヒント 】

============== 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
≪ 成長 ≫]
人生は終生勉強であると考え、日々精進していく人こそ、大器晩成型の人である。

≪ 決断 ≫
聞こえざる声を聞き、見えざる戦況を見て大将が即断しなければ、戦に勝てない。

投稿者 ohata : 09:54 | コメント (0)

2011年03月02日

≪私の自戒≫

松下幸之助翁の『任せて任さず』を言葉では学んでいますが、
しょせん知識でしかありませんでした。

社員に肩書きを与え、地位を与え、権限を与え、待遇を与えていれば
そのうちに幹部は育つ幹部が育てば会社は繁栄すると思っていました。

つまり任せていた、任せ放しになっていた。
やはり人間にも水、肥料、太陽が必要ですね????

社長に従順で責任感は強い幹部育ったが
今の時代にもっとも求められる資質創意、工夫改革、改善、知恵を創出することが
出来ない、指示、命令待ちの幹部を育てたことが自戒です。

知識、学識、と実学(実践力)は月とスッポンくらいの差があることに気付きました。

投稿者 ohata : 10:00 | コメント (0)

【 生きる知恵、仕事のヒント 】

============== 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================

≪ 権威 ≫]
権威とは正義を象徴する一つの力。
権威を持って事に当たるとは、正義の力で正しく事を処理することである。

≪ 欲望 ≫
人間の欲望の中で、働きたいという欲望はもっとも強く、
これが満たされるとき感ずる喜びは、他の何ものよりも大きいと思う。

投稿者 ohata : 09:59 | コメント (0)

2011年03月01日

『道は無限にあり』

この言葉は手段、方法、戦略、戦術に悩み、迷ったときに励まされる言葉です。

しかし、言葉は知っていても、いざとなったら中々「道は無限にないものです」

それは、我々、凡人の知恵、才覚はたかだか知れたもの所詮は一人力です。

『無限の道』は先輩に、部下に、家族に、異業種の人に、素直な心になって聴けば、

道は必ず見つかる、道は拓かれると信じて、今月も頑張りましょう。 

投稿者 ohata : 10:22 | コメント (0)

【 生きる知恵、仕事のヒント 】

============== 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
  
≪ 志 ≫]
志さえ失わなければ、困難や問題はすべて新たな発展の契機として活かすことが出来る。


≪ 経営者の条件≫
経営者が成功するための条件の第一は、経営が好きだということ、好きになるということである。

投稿者 ohata : 10:20 | コメント (0)