« 2010年10月 | メイン | 2010年12月 »

2010年11月30日

『生きる知恵:仕事のヒント』

=================== 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
                    『生きる知恵:仕事のヒント』
11月の言葉
『相談の仕方  』
迷いごとを相談するには、自分なりの考えをある程度持ち、その考え方のチェックのために相談する姿勢が大事。

『商売の秘訣 』
厳しい経営環境のもとでこそ、商売の基本の原理原則を一つ一つ着実に実践していくことが求められる。

投稿者 ohata : 09:54 | コメント (0)

2010年11月29日

『お金は目的のために稼ぎたいものだ』

松下幸之助さんの言葉にあるように『心豊かな人』に成りたいものですね。

若い人、壮年、高齢者、年齢により、金銭の支出額に差があり、使う用途も違いがあります。

私の年齢(63才)になると、一応、子育て、住宅ローンの支払も終わり、生活費はたいして必要ない。

しかし若い人は、これからの生活費は多く必要、だから収入を求める気持ちは理解できるが、

使う用途が必要ない高齢者がいつまでも金(収入)を求めるのはほどほどにしなければと思います。

また目的もなく、たくさんの収入があればろく考えしか浮かばない。

不足の事態(魔坂)に備えて、ほどほどの蓄えがあれば良い。後はビジョンがあれば楽しく日々の仕事

が出来ると思います。

『今日も一日、諦めなければビジョンが必ず実現するものだと信じて、頑張りましょう』

投稿者 ohata : 11:30 | コメント (0)

 『生きる知恵:仕事のヒント』

================== 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
                    『生きる知恵:仕事のヒント』
11月の言葉
『成功と失敗  』
原因はすべてわれにありという思いに徹してこそ、失敗の経験も生かされ、成功への道がひらける。

『経費 』
人々が僅か僅かと思いつつ支出する経費の集積ほど恐ろしいものはない。

『心豊かな人』
百万円もらって不足をいう人もあれば、紙一枚もらって喜ぶ人もある。後者は心豊かな人だと思う。

投稿者 ohata : 11:29 | コメント (0)

2010年11月27日

 『生きる知恵:仕事のヒント』

=================== 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
                      『生きる知恵:仕事のヒント』
11月の言葉
『 勇気 』
何度失敗しても、もう一度、の勇気を失わなければ、必ずモノになる。

『 創意工夫 』
お互い、日々の生活、仕事には絶えず新鮮な工夫を加え、進歩する日月を送ることが大切である。

投稿者 ohata : 11:16 | コメント (0)

2010年11月26日

『責任感が強すぎるのも困ったものだ』

人間成人(大人)になれば自己責任が求められる。

会社のトップ、幹部、社員、各個人、すべてが自己責任を求められる。

会社で個人で不始末、不祥事を起せば責任をとりますと簡単に口走るのが世の常です。

しかし責任などとれるものかと考えてみると、しかるべき立場の人間は

真に責任などとれるものではない。

トップ、しかるべき立場の人間が責任を感じて退職しようが、降格されようが、

その部下には多大な迷惑、被害を及ぼす。

そんなことにならない為にも、自分の能力、技術、技量、器は1/3人力と自覚して

すべてを自分で解決しよう、一人の知恵で課題、困難、障害を解決しようと思わずに

プライド、見栄を捨て去り、相談を持ちかけてより良い方法を考えだすに限る。

そうすれば相談するがわ、相談される側、双方に信用、信頼が熟成され社風もよくなるものです。

そんな社風づくりに心がけて下さい。

投稿者 ohata : 09:41 | コメント (0)

 『生きる知恵:仕事のヒント』

=================== 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
                      『生きる知恵:仕事のヒント』
11月の言葉
『 正義感 』
矢面に立つ、そんな気持ちの中から生まれる正義感が、大事においてもうろたえない人をつくる。

『 人材 』
立派な歴史伝統を持つ会社でも人を得なければ徐々に衰微する。歴史伝統を生かすのも人である。

投稿者 ohata : 09:40 | コメント (0)

2010年11月24日

時代が変われば、自分も変わらなければ?

潟с}サンは今期より過去の販売戦略から、ビジョン実現に向けて戦略方針が変更いたします。

今までの販売スタイルでも、今すぐに会社の業績が低下するわけではありませんが、今までの

販売スタイルでは、より『豊かなライフスタイル』は実現いたしません。

『経営理念』がお題目では私のモチベーションも、また社員の皆様のモチベーションも

維持、アップすることはありません。

だから、販売スタイル、商品、価格、システム、仕方(販売トーク)、ありとあらゆる事柄を改革、革新

します。過去と他人は変えられませんが、自分が変われば、会社の未来も展望が拓けます。

過去の体験を活かし、積極果敢にビジョン実現にチャレンヂ、トライして下さい。

投稿者 ohata : 10:05 | コメント (0)

 『生きる知恵:仕事のヒント』

=================== 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
                      『生きる知恵:仕事のヒント』
11月の言葉
『 とらわれ 』
事物の背後にある流れ、つながりを見通す目と心を培え。ものの一面にとらわれることは失敗と呼ぶ。

『 組織 』
時代が変われば当然組織というものも変えねばならない。しかし変えすぎてはいけない。

投稿者 ohata : 10:04 | コメント (0)

2010年11月20日

 『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
                   『生きる知恵:仕事のヒント』
11月の言葉
『 体験 』
体験を通じて身についたものは、その人だけに与えられた何にもまさる宝である。

『 経営の進歩 』
風が吹いても雨が降っても、それを克服する考えを刻々生み出していく、そこに経営の進歩がある。

投稿者 ohata : 10:22 | コメント (0)

2010年11月19日

良くも悪くも時代の進化なり。

今日は11月19日、一年は早いものですね。

野山の木々も色づき、街にはクリスマス用のイルミネーションも灯り、
来週からはイヨイヨ気ぜわしくなります。

交通事故には充分に気をつけて下さい。
正月は正しいことを正しく行うと決意する月と言われて、右往左往しながら今日を迎えています。

世の中の変化は我々の思考に関係なく、進化しています。
進化をとめることは出来ません。
変化、進化に歩を合わせるか、1歩先を行くしか現状の生活レベルは維持できません。

『豊かなライフスタイル』を標榜するなら、出来る、出来る、叶う思考で毎日を迎えて下さい。

投稿者 ohata : 10:07 | コメント (0)

『生きる知恵:仕事のヒント』

=================== 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=========================                       『生きる知恵:仕事のヒント』
11月の言葉
『 共存共栄 』
自分だけが先に進もうとか、うまくやろうとすると落ち着きを失ってしまう。そこにまちがいが生じる。

『 国際交流 』
日本は他国と交流していかなければ存続できないという現実を知るなら、つきあい方も真剣になろう。

投稿者 ohata : 10:06 | コメント (0)

2010年11月18日

『出来る、出来る、誰でも出来る』可能性がある。

『出きる思考』と『出来ない思考』の違いはどこにあるか?

出来ない思考の人も出きる思考の人も同じように、出来ない理由、原因は必ずある。

しかし出来ない思考の人は、他に出来ない原因を転嫁する、出来ない理由を正当化する。

また出来ない原因を他人に相談して、出来ないことに納得する。

一方で、出来る思考の人は、出来ない人と同じように出来ない原因、理由を探求し、他人に相談して

出来る方法を求める。出来ない人は相談を持ちかけた同僚までも出来ない思考に引っ張っていく。

『類は類を求める』お互いできる思考の類に属していきましょう。『人生は選択の連続』です。

投稿者 ohata : 10:11 | コメント (0)

 『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
                   『生きる知恵:仕事のヒント』
11月の言葉
『 信念と勇気 』
何が正しいかということに確固たる信念を持つならば、そこから出る勇気は非常に力強いものとなる。

『 仕事の任せ方 』
任せてもダメな場合には自分が代わってやる。具体的な指示をする。具体的な方法を提案する。

投稿者 ohata : 10:10 | コメント (0)

2010年11月17日

『生きる知恵:仕事のヒント』

================== 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
                    『生きる知恵:仕事のヒント』
11月の言葉
『 説得 』
説得は他人にするものとは限らない。自分自身に対して説得することが必要な場合もある。

『 店舗 』
自分の店舗は街の一部をなすもの。だから街の品位を高める見地からも店舗の美化やあり方を考えたい。

投稿者 ohata : 10:30 | コメント (0)

2010年11月15日

『生きる知恵:仕事のヒント』

================== 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
                    『生きる知恵:仕事のヒント』
11月の言葉
『 欲望 』
欲望は人間の生命力の一つのあらわれ。それを善く使うか悪く使うかは、人間の心次第である。

『 人情の機微 』
理屈で割り切れないのが人の心。
微妙に動く人情の機微を知り、それに即した言動を心がけてこそ豊かな人間関係が築かれる。

投稿者 ohata : 07:46 | コメント (0)

2010年11月13日

 『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
                   『生きる知恵:仕事のヒント』
11月の言葉
『 誠意 』
誠意に溢れ真剣な思いに満ちた行動は、必ず人々の心をとらえ思いもかけぬよい結果を生む。

『 持ち味 』
経験、知力、体力等、老、壮、青年がもつそれぞれの持ち味を尊重し生かしあってこそ力強い活動が生まれる。

投稿者 ohata : 10:51 | コメント (0)

2010年11月12日

2010年頃は日本は没落寸前だったと子孫に語りたい。

『豊かなライフスタイル』は潟с}サンの経営理念でもあり、社会全般の永遠の課題です。
ところで、昨日、11月度の『理念と経営』大秦支部経営者の会が開催され活発な議論がありました。

【設問】で経営者は青臭くてもよい、熱く希望を語れとの問いかけがありました。
参加者の皆様が個々の希望、夢、理想、志、ビジョンを語っておられました。
皆様発表時の表情は正面を見据えて力強く話されます。

この表情一つとってみても、希望、夢、ビジョンは心の太陽、やる気の源泉ということを感じます。
ところで私は、昨日倫理講演会でのサンゴ養殖に取り組んでおられる、講師の金城浩二さんの話の
一節に強く気付かされました。

金城さんいわく、【昔は沖縄の海はサンゴがいっぱいで綺麗な海だったよ】と子孫に語るよりも
【昔は沖縄の海は大人が経済優先で、環境破壊の影響でサンゴが死滅してこの海汚れていたよ】
語りたいと話されていた。

日本の戦後は荒廃して国の秩序も乱れ、無法地帯と化していた
それを国家と国民のたゆまぬ努力で世界に例を見ないスピードで復興をはたした。

こんな体験、経験のある国、国民が、最近は昔は良かったと回顧するばかり。
そんな暇があるなら、2010年頃の日本の国は没落寸前だったよ、
しかし国民が希望を失わずビジョンを掲げて、世界に冠たる、豊かな日本を作り上げたのだよと
子孫に誇れるような気構えが必要ではないかと思います。

月に一度の【理念と経営】の学びの会は我が心を聡明にしてくれる、実相が見えてくる勉強会でした。

投稿者 ohata : 10:07 | コメント (0)

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================
                      『生きる知恵:仕事のヒント』
11月の言葉
『 発想の転換 』
発想の転換さえできれば、不利と考えられていたことでも成果をあげていく道はいくらでもある。

『 経費 』
経費が有効適切に使われている会社、商店は繁栄する。

投稿者 ohata : 10:06 | コメント (0)

2010年11月11日

企業は経営者『座して死を待つ心境にはなれない』

『花の咲かない冬の日は、下へ下へと根を下ろせ』
こんな言葉があります。まったく持ってその通りだと思います。

しかし冬眠する資金のない会社(現状維持する体力、資金)は、それも不可能。
やはり、下へ下へと根を張りながら(経営理念、ビジョンを支えにして)チャンス(機会)を見つけ出す
努力を怠ることなく、資金、資源がないなか改善、改革、工夫を断行して時をしのばねばなりません。

丁度、人間の病気と同じです。癌を宣告されたのに耐え忍ぶだけでは治療にはなりません。
全知全能を傾け、最善の方法を傾け、あくなき生への執念を持つことで『病は気から』の如く
快方に向かう。商売もこれと同じです。
如何なる状況でも、夢、ビジョン、目的、志を諦めずに、頑張りましょう。

投稿者 ohata : 10:18 | コメント (0)

『生きる知恵:仕事のヒント』

=============== 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
                    『生きる知恵:仕事のヒント』
11月の言葉
『 誤解 』
誤解されたと必要以上に心をわずらわすより、これを自らの反省の機会としたい。

『 不景気 』
不景気だからといって悲観する必要はない。仕事を止める必要もない。だが走ると危険、速足程度で。

投稿者 ohata : 10:17 | コメント (0)

2010年11月10日

『日めくりカレンダー』

私の部屋には三枚のひめくりカレンダーが掲げてあります。

日めくりを忘れる時、キチット毎日めくるとき、色々な毎日です。

日めくりを忘れる、おろそかになる日は、商売が不調か、気がめいっている日です。

日々の商売が順調の時には毎日キチットめくることができています。

またただ単に日めくりをしている日と、言葉の意味を深くかみ締めている日と、

心のゆれに併せて微妙に変化します。心を定めるのは中々難しいものです。

しかし心が病気にならないようにカレンダーの言葉を毎日かみ締めたいものです。

投稿者 ohata : 09:50 | コメント (0)

 『生きる知恵:仕事のヒント』

=============== 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
                   『生きる知恵:仕事のヒント』
11月の言葉
『 生きる姿勢 』
そう思い通りにはいかないのが人生。一つのことにくよくよせず、何事も結構という心構えでいどみたい。

『 商売の進め方 』
人間と同じように商売というものは病気にかかりやすい。悪いと思えばすぐに治療することが大事。

投稿者 ohata : 09:49 | コメント (0)

2010年11月09日

『時と場合に人間の心は右往左往、振り子の如く』

『豊かなライフスタイル』これは潟с}サンの永遠の課題です。

世の中に通ずる正しい考え、行動、言動、仕事ぶり、
その上で『豊かなライフスタイル』これが一番ですが
しかしこれを実行するとなると中々難しいものですね?

人間は一人で生きていないから私的(倫理観)公的(道徳観)の両面を持たねばならないです。
だから困難に直面したなら私的(私欲)な面が優先します。
その時に自分を諌めてくれるのが倫理観です。
また組織(会社)集団(団体)地域での関われでは和が問われます。
自社の利得を諌めてくれるのが道徳心です。

人間の心は時計の振り子の如く、右左にたえずぶれて当然(欲求、欲望)です。
振り子の真ん中に倫理、道徳があれば、悪なる心を思いとどまらせてくれます。
今日も精進しましょう。

投稿者 ohata : 10:05 | コメント (0)

 『生きる知恵:仕事のヒント』

============【松下幸之助翁が語る日々の言葉】====================
                『生きる知恵:仕事のヒント』
11月の言葉
『 生き方 』
人間として一番尊いことは、最善を尽くして自らが生き、同時に人をも生かしていく態度である。

『 中小企業の強み 』
中小企業は、人の力を100%、あるいはそれ以上生かすことができるという大きな強みを持っている。

投稿者 ohata : 10:04 | コメント (0)

2010年11月08日

『豊かな人生は永遠の課題』

『豊かなライフスタイル』これは潟с}サンの永遠の課題です。
心身、物心、時間、これらを含めて、豊かになりたい気持ちは万人の目標であり願いであります。

しかし、そんなに簡単に実現する課題ではありません。
人間には正誤善悪を含めて、本来は欲求、欲望の強い動物だから豊かさには限りがないです。
限りがないから、生成発展が起こるのです。会社の業績アップ、お客様のニーズウオンツしかり

全ての事柄に当てはまります。
いわばこの意識が強く、この念が強く、どんな時にも諦めない人、会社が生存競争の厳しい時代に生き残っていくのです。ガラパゴス現象という言葉がマスコミで言われています。

業界内の常識に縛られ、業界と社会(お客様、消費者)の乖離が拡がればその会社は淘汰されます。
社会に必要な会社となりましょう。   

投稿者 ohata : 10:12 | コメント (0)

『生きる知恵:仕事のヒント』

================ 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
                 『生きる知恵:仕事のヒント』
11月の言葉
『 お金 』
金銭によって左右されるような人間になってはいけない。金銭を左右する人間になることが大切。

『 プロ 』
厳しい境地に立って、実に大変なことをやりとげるのがプロ。それでこそ一人前として給料がもらえる。

投稿者 ohata : 10:11 | コメント (0)

2010年11月05日

『説得、納得、得心』

商売は、お客様を説得する商品知識、使用方法、効果効能、熱意、お客様にとっての魅力

優位性を感じていただけるプレゼンテーション力が必要です。

その能力がなければ押し付け販売と思われても仕方がないです。

我々は一生懸命にお客様に説得に努め、お客様が納得(得心)されてこそ

次なる購買(継続)にも結びつくのだと肝に銘じて日々研鑽しましょう。

お客様が商品を買われるのは価格が安いことも大事だが、購入動機の全てではない。

投稿者 ohata : 10:24 | コメント (0)

『生きる知恵:仕事のヒント』

==================== 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
                 『生きる知恵:仕事のヒント』
11月の言葉
『 説得力 』
周囲の意見に耳を傾ける姿勢そのものが、周囲に対する説得力になり得る。

『 商売の基本 』
商売というものは今日一日だけのものではない。一生のものである。だから常日ごろがモノをいう。

投稿者 ohata : 10:15 | コメント (0)

2010年11月02日

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】==========================                  『生きる知恵:仕事のヒント』
11月の言葉
『 判断の基準 』
何が正しいのかの判断は、
それがお互いの繁栄、平和、幸福を高めるかどうかということに基づかねばならない。

『 真剣 』
真剣になるかならないか、その度合いが人生を決める。
大切な一生、尊い人生、日々真剣勝負で臨もう。

投稿者 ohata : 11:51 | コメント (0)