« 2010年08月 | メイン | 2010年10月 »

2010年09月30日

今日も一日喜んで。

今年の夏は記録的な猛暑がつづき外販の皆様にとって厳しい状況であったことと思います。

ところが九月後半にはいったら夏場がうそのように朝晩めっきり肌寒さをかんします。

体調管理に充分気配りして頑張っていただきますようにお願いします。

貴方の背中には両親、ご家族の安寧な生活がかかっています。

二度とない人生を自分のためだけの人生ではなく、より多くの人に感謝され、喜ばれ、その結果として

自らの生き方に誇りを持てる日々の仕事、生活のために

今日も一日『明るく、朗らかに、喜んで、進んで働きましょう』

投稿者 ohata : 09:33 | コメント (0)

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
            『生きる知恵:仕事のヒント』
九月の言葉
『 安定成長 』
勢いにのることは一面成長につながるが、反面危険性もある。だから自己のペースを守るのが一番よい。

『 広告宣伝の意義 』
どんな良い製品も、世の人々に知らせなければ意味がない。宣伝広告の本来の意義はそこにある。

投稿者 ohata : 09:31 | コメント (0)

2010年09月29日

持ち場の責任者は三つの目と耳を持って下さい。

一つは部下の態度、行動、言動、癖を見る、聞く目と耳。

二つ目は上司、会社の方針また報告、連絡、相談、確認を行う目と耳。

三つ目は、お客様、世間の声なき声を聞く耳、表情を見分ける感性の目と耳。

この三点(三方良し)を見抜き、見分け、聞き分ける事を忘れては

責任者、上司としての任務は務まりません。

ヒラメのような片一方に偏った、目、耳だけでは責任者は永く勤まらないことを肝に銘じて

『今日も明るく、朗らかに、喜んで、進んで働きましょう。』

投稿者 ohata : 09:55 | コメント (0)

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
             『生きる知恵:仕事のヒント』
九月の言葉
『 失敗 』
たとえ失敗したとしても、それはある一定期間の失敗である。回りまわって生成発展ともなり得る。

『 不景気 』
不景気でもいいものは売れる。だから品物がよく価格も適切なら、不景気でなくなる。

投稿者 ohata : 09:54 | コメント (0)

2010年09月28日

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
            『生きる知恵:仕事のヒント』
九月の言葉
『 自己認識 』
自分がいま幸せな状態にあることを正しく認識することは、人間として非常に大事なことである。

『 経営者の役割 』
経営者は要求者にならなければならない。要望を持たない経営者はいないに等しい。

『日々新た』
日に新たな方策を打ち立てられない経営体は、やがて老いて朽ち果てる。

投稿者 ohata : 09:48 | コメント (0)

2010年09月27日

『気付きが原点』

なんだかんだと言っても、自分に気づくことに勝る師はないです。

『無知は人生に壁を作る』どこかで聞いたフレーズの言葉ですが、正しくその通りだと思います。

より良い会社、より良い家庭、より良い社会、より良い仕事、すべては気づきが原点です。

賢い、偉い、馬鹿、『足るを知り、足らざるを知る』すべては気づくにありです。

気づくためには素直(純情)が出発点だと思います、そこに無限の可能性が拓けると思います。

今日も一日『朗らかに、喜んで、進んで働きましょう』

投稿者 ohata : 10:06 | コメント (0)

 『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
            『生きる知恵:仕事のヒント』
九月の言葉
『 主張 』
正しいことは堂々と主張すべし。だが、それにとらわれて自分の言うことが正しいと、何が何でも押し通せば
かえって反感を買う。正しいということにもとらわれず、素直に私心なく、時と場合を考えつつこれを行うことが大事。

『 感謝とこわさ 』
感謝とこわさを知らないと、必ず自己の力を過信し、ついに暴力や権力にたよるようになる。

『自主性』
命令なくとも以心伝心。各自が適時的確に進んで事を運ぶ姿にこそ発展性がある。

投稿者 ohata : 10:05 | コメント (0)

2010年09月25日

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
            『生きる知恵:仕事のヒント』
九月の言葉
『 困難 』
困難は飛躍発展のための一つの大きな原料。その処理の仕方、使い方いかんで好ましいものが生まれる。

『 経営者の態度 』
経営者の一挙手一頭足が会社の業績に影響する。経営者は態度、物腰に十分気をつけねばならない。

投稿者 ohata : 09:38 | コメント (0)

2010年09月24日

「より良い職場をつくるには」

楽しく朗らかで明るい職場は誰でも望んでいる理想の職場であります。

しかし、それは一つの結果であり、目的ではないと考えます。

目的は物心両面の豊かさが実感できてこそ楽しく明るく、朗らかな職場となります。

楽しく、明るく、朗らかを求めるあまりに、厳しい要求、要望、指示、指摘が的確に出来ないようでは

その職場、集団、組織は永遠に「真の幸せ」の実現は不可能だと考えます。(

投稿者 ohata : 09:23 | コメント (0)

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
            『生きる知恵:仕事のヒント』
九月の言葉
『 生きる掟 』

あらゆる動物は働いている。独自に働いて生きていくのが、生きとし生けるものに与えられている掟である。

『 業界と自社 』
個々の会社が向上し、業界全体のレベルが高くならなければ、自分の会社の安泰もあり得ない。

投稿者 ohata : 09:22 | コメント (0)

2010年09月22日

『信念と頑固』

信念と頑固は紙一重の違いです。

信念には、世のため、人のため世間を利する強い念が必要と思います。

頑固は自我に固まることを意味すると思います。

自我とは利己心、見栄、体裁、自分が正しく他人が間違い?

そんな気持ちがつよいのではないでしょうか、つまり「井の中の蛙」大海を知らず

あるいは浦島太郎かも知れません。

絶えず頭、心を柔軟にしていてこそ、衆知があつまり多くを学べる、知識、見識も身につくのでは?

歳をとればとるほどに身体と脳みそを柔軟にする努力をいたしましょう。

投稿者 ohata : 09:36 | コメント (0)

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
            『生きる知恵:仕事のヒント』
九月の言葉
『 信念 』

社会生活は日々これ戦い、日々これ苦難。その時に心が動揺するかしないかは、信念の有無で決まる。

『 報告 』
いい結果の場合も報告する。悪い場合にも報告する。常に報告を怠ってはいけない。

投稿者 ohata : 09:35 | コメント (0)

2010年09月21日

『方針を周知徹底する』

年度始めに社長が会社の方針を周知しなければ、また部長が部としての、課長が課としての、

方針を明確に打ち出さなければ、会社、部、課に所属する人々は、何に向かって、

どのような方法で日々の仕事をしてよいものか迷う。

これを迷子の経営と言うのです。方針がはっきりしないから、個人が

勝って気ままな方法で、お客様視点ではなく、自分の都合の良い方法で

仕事をすることになるわけです。

日本の国の財政が逼迫しているにも関わらず、官僚が省益を死守するのも

トップ(総理大臣)に責任があります。

これは会社、国家だけではなく、各種団体の運営でも同じことが言えるとおもいます。

各部長さん、課長さん、会社方針に基づき、部下の皆さんに会社の年度方針を正しく伝えて下さい。

投稿者 ohata : 09:51 | コメント (0)

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
            『生きる知恵:仕事のヒント』
九月の言葉
『 感銘を与える 』

言うべきを言うだけでは足りない。なおその上に相手に深い感銘を与えるような話しをすることが大切。

『一人の責任』
会社の経営の良否は、結局は社長一人の責任。部は部長、課は課長一人の責任である。

『熱意』
学問や手腕が十分でなくても人は使える。けれど熱意において他に劣るようでは決して動かない。

投稿者 ohata : 09:50 | コメント (0)

2010年09月18日

『心、仕事、知恵のダム』

貴方の心、仕事、知恵のダム(貯金)はありますか。?

ダムに水(蓄え)が無く、日照りが続けば直ぐに断水となり飲料水、家庭用水、農業用水も不足して

日常生活が成り立たなくなります。だからダムに水を貯めておく必要がいるのです。

会社なら非常時に備えて絶えず人材育成、商品開発、余裕資金を作る必要があるのです。

働く我々も会社に何でもかんでも任せっぱなしではなく、自分は自分で出来る範囲で体験、経験、勉強

を通じて、今日のために、明日のために、その時に備えてダムをつくろうと思いましょう。

ダムのない仕事は心に余裕もなく、せっぱ詰まった仕事となり、ミスを招く怖れがあります。

お互いに自分、自社、家族の幸せのためにも自己修練に励みましょう。

投稿者 ohata : 10:39 | コメント (0)

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
            『生きる知恵:仕事のヒント』
九月の言葉
『 カンと科学 』

カンと科学は車の両輪。カンにかたよってもいけないし、数字や科学にかたよってもいけない。

『ダム経営』
先ずは心のうちにダムを持つこと。それが根本になってあらゆる面でのダム経営が生まれてくる。

投稿者 ohata : 10:37 | コメント (0)

2010年09月17日

『16期をスタートするにあたり』

理論、理屈では飯は食えません。

どれだけ知識、学識、想いが強くても、飯は食えない、従って真の豊かさは実現できません。

松下幸之助翁が語られている。

経済の繁栄を通じて平和、幸福、豊かな生活、社会の実現がもっとも大事。

知識、見識、勉強は目的に非ず、手段に過ぎません。

勉強を通じ、知識をひろめ、行動(実学)を通じて成果を手に入れてこそ目的が実現します。

成果(付加価値、利潤)を得ない行動も手段に問題、課題があるのです。

世間(お客様)は正しい方法には正しく応えていただくものと信じて、

正しい商い(王道)に徹して下さい。

投稿者 ohata : 10:24 | コメント (0)

 『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
            『生きる知恵:仕事のヒント』
九月の言葉
『 行動する 』
先のことは誰もわからない。どうすれば上手くいくか、あれこれ思い巡らし悩むことも大切だが
ある程度考えたあとは、実際に行動に移してみることである。
そこから思いもよらなかった道が開けてくる。

投稿者 ohata : 10:23 | コメント (0)

2010年09月15日

『スランプ、不調の心構え』

人間の心は右に揺れたり、左にゆれたり、
時には立ち止まったり、スランプに陥ったり、日々千差万別。

しかし実はスランプの時の心の持ち方が、その後に影響します。
【花の咲かない冬の日は下へ下へと根を下ろせ】

こんな言葉があるように、過去の成功、失敗体験を糧にして自らの目標を再確認して
新たな知識を仕入れて(勉強)して、焦らず、腐らず、落ち込まず、

やがて来る春(チャンス)を待つ心境で耐え忍び、心を成長させる努力を
怠らなければ、必ず不調、スランプが肥料となりプラス(成長)につながります。

そんな事を信じて二度とない人生の一日を今日も頑張りましょう。

投稿者 ohata : 09:34 | コメント (0)

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
            『生きる知恵:仕事のヒント』
九月の言葉
『 自得する 』

自得する心構えなしに本当のプロは生まれない。自得の意識あってこそ知識も人の教えも生きてくる。

『 真の商売 』
品物を売って代金をいただくだけなら自動販売機と同じ。お客様と心を通わす物心一如の商売こそ真の商売。

投稿者 ohata : 09:33 | コメント (0)

2010年09月14日

報告、連絡、相談、確認

一日の仕事を終えたら部下は上司に報告するのは社会人の常識。

また部下から報告を受けるのは当たりまえ、これを怠ると上司と自分、

部下と自分の間にすき間風がはいる(考え、解釈違い、誤解)。

だからキッチリ報告を受け、報告をする。

しかし売上結果(数字)の報告では明日も明後日も、来月もよくて現状程度の結果しか出せない。

今日の反省、悪かった点、良かった点、明日の改善点、明日の決意までいれて報告と言える。

報告を正しく受けてこそ、現実、現場、現状の確認が出来る、また腑におちるのです。

貴方の報告はこの点が実践出来ていますか?出来ていない人は今日から即、実行するように。

投稿者 ohata : 10:00 | コメント (0)

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
            『生きる知恵:仕事のヒント』
九月の言葉
『 あせり 』
あせってはいけない。遅れているからこそ一番にもなれる。だから生きがいがあり、やりがいがある。

『 任せる 』
部下に任せる。やがて部下は自分以上になるであろう。そういう人を多く擁している会社は発展する。

投稿者 ohata : 09:59 | コメント (0)

2010年09月13日

新たな一日、一週間が始まった。

新しい一日、新たな一週間がはじまりました。

ありがたい事にどんなに苦しくとも、厳しくとも等しく平等に新たな一日、時間がやってきます。

時間は有限、自分の能力、技術は無限、未知なる自分を発見する一週間。

自分の潜在能力を開花するスタートの一日といたしましょう。

【言葉は言霊】言葉には意味を、意義を強い決意の言葉を自分の心根に叩き込みましょう。

私が考える【根性】とは自分自身の根っこの性格なり。

投稿者 ohata : 10:16 | コメント (0)

 『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
            『生きる知恵:仕事のヒント』
九月の言葉
『 先手を打つ 』
問題が起こってからでは遅い。起こる前に原因を察知して手をうち、問題を起さぬようにしたい。

『 人を育てる 』
暮らしの豊かさに合わせて精神的に厳しいものを与えなければ、人間は心身ともになまってしまう。

投稿者 ohata : 10:15 | コメント (0)

2010年09月10日

『チームは個人の集合体』

会社は個人の集合体です。個人の成績(売上、利益)の積み上げが会社の業績です。

だから個々人が自分の責任を果たしてこそチーム、会社は成り立つのです。

たとえ一人でもチームワークを乱す考え、チームに頼り切る人がいたならチームに綻びが生じます。

各社員が心底持てる力、能力、体力を発揮しているとチームの皆が認めるならば多少成績が低くても

チームはその人を支えることを容認することでしょう。そんな社風を次年度の為にも作りあげて下さい。

投稿者 ohata : 09:35 | コメント (0)

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
            『生きる知恵:仕事のヒント』
九月の言葉
『 成功と失敗 』
成功するまで続けたならば失敗というものはない。成功あるのみである。

『 競争 』
競争はものを生む母である。だから自由に競争したほうがよい。しかし過当競争になってはいけない。

投稿者 ohata : 09:34 | コメント (0)

2010年09月09日

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
            『生きる知恵:仕事のヒント』
九月の言葉
『 学ぶ心 』
人の意見に流されてはいけないが、誰の意見からも何かを学び取れる柔軟な心を養い高めたい。

『 商売の基本 』
商売は本当は楽なもの、楽にできる商売を非常に難しくしているのが、今日のわれわれの姿ではないか?。

投稿者 ohata : 09:27 | コメント (0)

2010年09月08日

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
            『生きる知恵:仕事のヒント』
九月の言葉
『 一生懸命 』
一生懸命やっているのに、それでも上手くいかないと嘆いていないか。
本当にそのことを成そうと考えるなら、その一生懸命を突き抜けるほどの
努力をせねばならないのである。

『 共存共栄 』
事業経営で一番大切なことは、すべての関係先とともに栄えていく共存共栄の精神である。

投稿者 ohata : 09:51 | コメント (0)

2010年09月07日

苦労、難儀は幸せの露払いなり。

昨日迄は厳しく、苦しく、問題、課題、失敗の連続で憂鬱な日々であった。

目の前が真っ暗闇であった、しかしこのままでは人生も仕事も楽しくない。

だから昨日までの自分と決別して今日からは最良の人生を歩もうと決意して

目の前の事象をチャンス(好機)と受けとめて明るく朗らかに喜んで進んで働ける事が

実りある一日のすごし方であり、人生のおくりかたなり。

投稿者 ohata : 10:32 | コメント (0)

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
            『生きる知恵:仕事のヒント』
九月の言葉
『 事の進め方 』
まず、できない、という考え方を捨てることだ、そして一から新しい方法を生み出してみることだ。

『 素直な心 』
素直な心とは他人の言葉に盲従することではない。その言葉の中にある正しさに従うことである。

投稿者 ohata : 10:31 | コメント (0)

2010年09月03日

人生を豊かに生きるには目的を持とう。

素晴らしい人生を過ごすには、短期の目標、中期の目標、長期のビジョン、

そして人生の目的が必要だと思います。

目的なき人に目標はないです。目的、目標なき人に努力、一生懸命は無用の言葉です。

また、その人は勉強の必要性を感じません。

例えばダイエット、健康になりたい、勉強も手段に過ぎません。

また毎日頑張って売上を作っていただいているのも手段です。

手段の到達段階が目標です。

目標の積み重ねが結果として目的の実現に一歩近づくのです。

三歩進んで二歩下がる、これが体験、経験となり成長するのです。

ビジョンがあれば課題が見つかる、課題の解決は体験、経験知と学び(勉強)です。

仕事に人生にチャレンジャーとして今日も明るく元気に働きましょう。(

投稿者 ohata : 10:17 | コメント (0)

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
            『生きる知恵:仕事のヒント』
九月の言葉
『 誠意 』
誠意をもって事にあたってこそ、その人の言葉、態度に深い味わいが生まれ、それが人の心を動かす。

『 仕事は公事 』
かりに虫が好かない相手でも、仕事のためには頭を下げる気持ちも必要。仕事は公のものだからである。

投稿者 ohata : 10:15 | コメント (0)

2010年09月02日

問題、課題は成長の余地なり。

会社、個人に問題、課題が多いのは困ったことです。
無駄な時間と費用もかかり経営にはマイナスです。

しかし反面それは成長する余地がある証拠です。
則ち、個人、会社に伸びしろがあるとも言えます。

苦難は幸福の門(入り口)、幸福になる可能性が残されていると
解釈するほうが楽しい日々が過ごせる。

問題、課題を見ないように、見つけないようにする事も出来る、
しかしそれではいつかは好む、好まざるに関わらず苦難はやってくる。

時、すでに遅しとならないようにしたいものだ。

投稿者 ohata : 09:50 | コメント (0)

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
            『生きる知恵:仕事のヒント』
九月の言葉
『 悩み、迷い 』
悩みや迷いは人間にはつきもの。しかし、いくら悩み、迷っても、そのとりこになってはいけない。

『 地道な努力 』
一日一日の商いは、たとえささやかでも、その毎日毎日の積み重ねがやがて大きな力となり繁栄となる。

投稿者 ohata : 09:48 | コメント (0)

2010年09月01日

『変えてはならないことと、時代と共に変えなくてはならないことがあるのです』不易流行===

少子高齢化の時代は、一部の高齢者が豊かで、多くの人が生活苦で無駄なお金を使わず出来るだけ

安い商品を消費し節約して生活防衛に努めています。こんな時代に中小零細の我々は何をどのように

対策を講じればよいのか? そんな悩み、課題を解決するヒントが、この勉強会ではたくさんありました。

その中の一つに、お客様の苦情、不平、不満、不信対策があります。

お客様は当社に不平、不満、不信があれば、大方のお客様はリピートしていただけません。

クレームとして電話してくださるのは100名のお客様のうち2〜3名程度です。

のこりの98名のお客様はクレームも言わず、次回からお買い上げいただけません。

だからクレームのお客様はありがたいと思わなければなりません。

クレームを聞くのはいやな事、あるいはやる気を奪われるのも事実ですが、

むしろ励み、改革改善の刺激と受けとめる可能思考力が必要です。

そして改革、改善から販売促進策、新商品開発といわゆる仕組み、仕掛け、システム、

戦略、戦術が時代に適応した会社に生まれ変わるチャンスでもあるのです。

投稿者 ohata : 10:34 | コメント (0)

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
            『生きる知恵:仕事のヒント』
九月の言葉
『 熱意 』

磁石が周囲の鉄粉を引き付けるように、熱心さは周囲の人をひきつけ、周囲の情勢をも大きく動かす。

『 利益 』
適正利潤の確保は汗とあぶらの産物。
刻苦勉励、紙一枚も節約し、隅々まで工夫をこらして可能となる。

投稿者 ohata : 10:33 | コメント (0)