« 2010年07月 | メイン | 2010年09月 »

2010年08月30日

今の生活が乱れているのは本を忘れているから?

生活が乱れている、組織運営がうまくいかない?商売が壁に突き当たっいる、

仕事が思うようにいかない? これは末が乱れている事なり(現象)。

この原因(目的)は本を忘れているからだと思います。

商売の目的は経営理念、経営理念の土台は経営者の倫理観にあり。

倫理観には人間観、事業観、国家観と三つが大事と考えます。

投稿者 ohata : 08:55 | コメント (0)

 『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
           『生きる知恵:仕事のヒント』
八月の言葉
『 過ち 』
過ちを犯したとき、如何に対処するかでその人の本当の値打ちが決まる。

『 全員経営 』
全員経営とは、勝手なことを言い合うことではない。全員が経営者としての良識を持つことである。

投稿者 ohata : 08:54 | コメント (0)

2010年08月27日

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
            『生きる知恵:仕事のヒント』
八月の言葉
『 主体性 』
とかく他人の花は赤くみえがちなもの。
他人の行いに刺激され、ただ引っぱられると、失敗を招く。

『 自主経営 』
事業というものは皆が自主経営を心がけねばならぬ。
各自それぞれの仕事に自主経営が必要である。

投稿者 ohata : 09:22 | コメント (0)

2010年08月26日

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
           『生きる知恵:仕事のヒント』
八月の言葉
『 人を育てる 』
貧しさの中なら、いたわりだけで十分子供は育つ。
だが豊かさの中では、精神的な厳しさを与えなければ、鍛えられない。

『 政治と経済 』
政治が好ましい形で存在してこそ経済の発展がある。
経済人も政治がどうあるべきかもっと考えたい。

投稿者 ohata : 09:46 | コメント (0)

2010年08月25日

『信ずればなり、憂えれば崩れる』

『信ずればなり、憂えれば崩れる』こんな言葉があります。

また『先憂後楽』という言葉もあります。

問題が多い日本の国、貴方は何を信じ、何を憂いていますか?

信じることも大事、しかし憂えることも大事です。

信じるだけはめでたい人、憂えるばかりでは暗い人。

ビジョンを信じ、方策、方法を憂える、これが最も大事と思います。

投稿者 ohata : 09:41 | コメント (0)

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
            『生きる知恵:仕事のヒント』
八月の言葉
『 誠意 』
人の誠意は必ず相手に通ずる、という強い信念を持って人生に処したい。

『 創造、開発 』
既成のものにとらわれず、たえず創造し開拓していく姿に、日本と世界の未来がある。

投稿者 ohata : 09:40 | コメント (0)

2010年08月24日

 『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
            『生きる知恵:仕事のヒント』
八月の言葉
『 最善を尽くす 』

持ち場持ち場に最善を尽くし、その最善を尽くす道程に生きがいを感じることが大切。

『 叱る 』

部下の失敗はただ叱ればよいというものではない。
失敗を自覚しているときには慰めもまた必要である。

投稿者 ohata : 09:46 | コメント (0)

2010年08月23日

『理念、社風、方法』

松下幸之助翁は、成功の絶対条件は経営の目的『経営理念』に忠実であれ。

必要条件として『社内、部内が経営目標に一念であれ』

そして付帯条件として『戦略、戦術』が大事と語られていました。

しかるに我が社は『経営理念』に忠実であったとしても業績が上がらなければ

それは戦略、戦術に走りすぎなのです。戦略、戦術でたとえ一時業績が上がったとしても

お客様が当社の商品、サービス、付加価値に満足されなければ、一瞬の幸せに終わる。

今日も心して一日『基本を忘れず、末を乱さず(後悔)』頑張りましょう。(

投稿者 ohata : 09:56 | コメント (0)

 『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
            『生きる知恵:仕事のヒント』
八月の言葉
『 縁 』
深い縁の力があっての人と人とのつながりである。
このつながり、縁の存在をもっと大事に、もっとありがたく考えたい。

『 お得意先 』

お得意先が儲かるよう、喜びを感じるように配慮しなければ、
やがてお得意先でなくなってしまうだろう。

『 成功 』
成功しすぎてもいけない。もう少し成功してもいいなと思うくらいがちょうどいい。
成功も腹八分目に。

投稿者 ohata : 09:55 | コメント (0)

2010年08月21日

知識、学識、見識で飯は食えない。

知っている、解っている、私はいつも勉強している、それで満足していませんか?

知識は大事、しかし知識では幸せになれない。

我々は実務家、学識、見識、知識を現場で発揮してこそ、実利が生まれます。

その実利を誰のため、何のため、何に使うかが今、問われています。

当面、会社なら働く我らの経済のため、お客様のため、そして納税を通じて、あるいは雇用の

確保の為にそして納税通じて社会の為に、売上、利益が必要なのです。

その事に意義を感じて、今日も頑張りましょう。(

投稿者 ohata : 09:46 | コメント (0)

 『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
           『生きる知恵:仕事のヒント』
八月の言葉
『 向上発展 』
常に、もうこれでいいというのではなく、より良き方法、より良き道を求めるという姿勢が大切。

『 好不況 』

景気のいいときはさしあたり必要なものを作り、不況の時は後日の発展の基礎となる仕事をすべきである。

投稿者 ohata : 09:45 | コメント (0)

2010年08月20日

『チームプレイ、チームワークの前に』

スポーツならチームプレイ、仕事ならチームワークがすべての基本です。

また日本人はチーム、全員で力をあわせて頑張ろうという言葉が大好きです。

しかし過剰な民主主義、言葉の上での自己責任任、自主、自立が叫ばれている日本

でチームで何かを行うことは本当に可能でしょうか?

私の考えるチームワークは、各個々人が自分の任務、役割、責任を果たしてこそ

チームとしての成果が生まれると思います。先ずは自分に与えられた成果(売上)を優先して

その後にチームの足らざるを補う心構えをもって下さい。他人、同僚を頼りにする仕事観

を戒めましょう。  

投稿者 ohata : 10:00 | コメント (0)

 『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
         『生きる知恵:仕事のヒント』
七月の言葉
『 権威 』
権威を権威として認めることが大事。
それを認めようとしないところには非能率が起こる。

『 真剣 』

全生命を打ち込む真剣さで仕事に挑んでこそ、活力が湧き、仕事のしがいや喜びを
味わうことが出来る。

投稿者 ohata : 09:59 | コメント (0)

2010年08月18日

一円不足しても会社は倒産する。

会社は一円不足しても倒産する、この事が解っていながら諦められる。

目標が未達成でも仕事が終われるその辺の神経が経営者と社員さんとの違いかもしれませんね?

我らはプロフェツショナル、プロにはプロとしてのの誇りが大事、責任感が大事です。

投稿者 ohata : 08:43 | コメント (0)

 『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
         『生きる知恵:仕事のヒント』
七月の言葉
『 禍福 』
災いに頭をかかえこむばかりでなく、逆にそれを福に転じるだけの英知と勇気を持ちたい。

『 ケジメの大切さ 』
何事もケジメが大事。ケジメのないダラダラした暮らしは、肉体的にも精神的にもよくない。
身体もだらけて、ともすれば病気になったり、自己をおこしたりするものである。

投稿者 ohata : 08:42 | コメント (0)

2010年08月17日

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
         『生きる知恵:仕事のヒント』
七月の言葉
『 方針と目標 』
部下の努力不足を嘆く前に、責任者として、部の方針なり目標を明示して訴えているかどうか反省したい。

『 体験の尊さ 』
砂糖は甘い、塩は辛い、それは誰でも知っている、しかし舐めてみないと本当はわからない。
百聞、百見は一験にしかずである。

投稿者 ohata : 09:50 | コメント (0)

2010年08月12日

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
                『生きる知恵:仕事のヒント』
七月の言葉
『 心意気 』
勝って泣き、負けてなく甲子園の高校球児たち。彼らの全身全霊で打ち込む心意気を見習いたい。
『 国際人 』
国際人の条件の一つは国際感覚があること。世界の人々の心が読み取れる人でなければならない。

投稿者 ohata : 09:55 | コメント (0)

2010年08月11日

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
                『生きる知恵:仕事のヒント』
七月の言葉
『 心意気 』
勝って泣き、負けてなく甲子園の高校球児たち。彼らの全身全霊で打ち込む心意気を見習いたい。
『 国際人 』
国際人の条件の一つは国際感覚があること。世界の人々の心が読み取れる人でなければならない。

投稿者 ohata : 10:05 | コメント (0)

2010年08月10日

 『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
                『生きる知恵:仕事のヒント』
七月の言葉
『 病気 』
病気と仲良く親しんで、これも修練と積極的に近づいていけば、病気の方から卒業証書をくれるものだ。

『 信用 』
自分の商売、つとめを誠実に大事にしていくことの積み重ねによって、自然に信用が生まれてくる。

投稿者 ohata : 09:59 | コメント (0)

 『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
                『生きる知恵:仕事のヒント』
七月の言葉
『 病気 』
病気と仲良く親しんで、これも修練と積極的に近づいていけば、病気の方から卒業証書をくれるものだ。

『 信用 』
自分の商売、つとめを誠実に大事にしていくことの積み重ねによって、自然に信用が生まれてくる。

投稿者 ohata : 09:59 | コメント (0)

2010年08月09日

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
                『生きる知恵:仕事のヒント』
七月の言葉
『 発想の転換 』
5パーセントのコストダウンをはかるより、30パーセント下げる方が容易な場合がある。
5パーセントの時は、今までの延長線上で考えがちだが、30パーセントともなれば、
もはや発想を根本的に転換せざるを得ず、そこからまったく新しい発想が生まれてくる
ことがあるからである。

投稿者 ohata : 08:40 | コメント (0)

2010年08月07日

『鍛錬するとは』

以前、勉強会で『千鍛万練』という言葉を聞いた覚えがあります。

この言葉の意味は千日基礎(石の上にも三年)を鍛えて万日練習(継続)するとの意味合いです。

私が社会人になるときに、父親から石の上にも三年辛抱するのやでと言われました。

その時は生返事でハイと返事をしていました。63才の今となってその言葉の意味が心にしみます。

人生、仕事も勉強もその意義がわかるまでは我慢、忍耐、辛抱の連続です。

その心があれば今の仕事が天職となるのです。

また万日練習すると思考、行動、趣味までもが変わります。

つまり習慣がかわります。 相手を変えようと思うより、自分が変わるほうが経済的です。

終生ビジョン、志、一念をもって練習を継続する心を養いましょう。

投稿者 ohata : 10:23 | コメント (0)

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
                『生きる知恵:仕事のヒント』
七月の言葉
『 決意 』
いかなる強い決意も、時間と共に弱まるもの。常に自分に対する説得、戒めを続けなければならない。

『 経営の要諦 』
槍の名人は突くときより引くときの方が早いという。経営でも時期を誤らず引ける人がその道の達人。

『成功と失敗』
失敗の中にも成功の萌しあり、成功の中にも失敗の萌しあり。

投稿者 ohata : 10:23 | コメント (0)

2010年08月06日

『人間は人によって磨かれる』

63年間生きてきて17年はサラリーマン28年間は経営者として生きてきました。

その間に多くの人と出会いがあり、別れがありました。

いま思えば哀しい事ですが騙され、誤解され、裏切られた事もありました。

職場の人間関係がうまくいかずに退職した人もあっただろうと思います。

その間の多くの人との出会いの学びで人を見る目を養わせていただきました。

言葉巧みな人、売上させたら上手な人、口数少ない人、欠勤が多い人、怠けくせの人

他人の事が異常に気になる人、しかし結局は正直、真面目、素直、一生懸命、

そのうえにプラスして向上心があり夢、目的、目標がある人が明るく、元気で活気があり

業績にも貢献してくれています。不満、不平を探せばきりがない、

感謝する事を見つけてがんばりましょう。

投稿者 ohata : 10:34 | コメント (0)

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
                『生きる知恵:仕事のヒント』
七月の言葉
『 男女の平等 』
男女には異なる特質、役割がある。
その違いを知り、それぞれの役割を果たしていくところに真の平等がある。

『 価格 』
適正を欠いた価格は、低きに失しても、高きにすぎても、ともに商道からすれば罪悪である。

投稿者 ohata : 10:33 | コメント (0)

2010年08月05日

朝礼をおろそかにしない。

おはようございます。貴方にとって朝礼とはどんな価値を感じていますか?

朝礼は貴方が気づかないうちに固定観念、先入観念、貴方の常識、貴方の殻を

打ち破ってくれるのです。

また朝礼は、日々刻々と変化する外部環境に対応する、社内の方針、戦略転換をお互いが

確認する、またルールの再確認を行う場所でもあり、知恵を仕入れるところでもあります。

眠けを覚まし、シャキットとして明るく、朗らかに、元気、活気に満ちた職場づくりの機会でもあります。

朝礼をおろそかにしないで下さい。真剣に朝礼に参加してください。貴方の潜在意識が開花します。

投稿者 ohata : 10:19 | コメント (0)

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
                『生きる知恵:仕事のヒント』
七月の言葉
『 進歩向上 』
どこがまだ足りないところがある。まだまだ道があるはずだ、と考え続ける人の日々は輝いている。

『 物づくり 』
当たり前のことが当たり前に行われてはじめて、間違いのない製品ができ、信頼も得られる。

投稿者 ohata : 10:18 | コメント (0)

2010年08月04日

新たな一日、新たな一歩

今日も新たな一日が始まった。昨日よりは一歩、一段進歩したいものだ。

進歩、成長する為には昨日の体験(課題、成功)は財産です。

先ずは売上ありきですが、その前に朝礼、ミーティングで昨日の課題を思いだし改善策を立てて

今日の目標に熱意と闘争心をもってチャレンジしなければ昨日と同じ結果に終わります。

業績は結果であり現象です。課題が修正出来ていないのにも関わらず頑張ってみても仕事は

空回りで疲れるだけです。特に責任者の皆様は先頭に立って対策を講じて下さい。

投稿者 ohata : 09:45 | コメント (0)

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
                『生きる知恵:仕事のヒント』
七月の言葉
『 学問、知識 』
何が正しいか、を考える。
そこから言いにくいこともあえて言うことのできる勇気や力が湧いてくる。

『 使命感 』
どんな商売をやるにしても、一番大事なのは使命感をもつこと。そこに力強い経営も生まれ、人も育つ。

投稿者 ohata : 09:44 | コメント (0)

2010年08月03日

お客様は有限、ライバルは無限の時代。

昨日の課題を改善する。課題をほったらかしにして業績が昨日よりは上がる事はありません。

そんな仕事は運まかせの仕事となります。

運は自分でつかむもの。運(チャンス)はたえず転がっている。

しかし昨日の課題、反省点を改善しなかったなら昨日程度の成果しか得られない。

先ず責任者が解決策を考え社員さんに具体的に指示して実行して業績アップにつなげて下さい。

これからの時代は販売軒数をアップする事とリピート軒数アップすることがビジョンの実現には不可避。

投稿者 ohata : 09:49 | コメント (0)

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
                『生きる知恵:仕事のヒント』
七月の言葉
『 学問、知識 』
学問もよし、知識の習得もよし、問題はそれを消化しつくし使いこなす人間的成長があるかどうかだ。

『 経営の要諦 』
世間は正しいーーーその正しい世間から期待される仕事にお互いすべてをかけたい。
期待に応えたい。

『よき人生』
今、という一瞬、一瞬を精一杯生きる積み重ねが、充実した人生をつくりだす。

投稿者 ohata : 09:48 | コメント (0)

2010年08月02日

『作戦、戦略、戦術』も大事だが?

作戦、戦略、戦術は計画を立て、目標を達成る意味でとても大事です。

しかし魂のこもっていない策は『策し策に溺れるとなる』これが賢い人の錯覚。

『意図と方法』と言われるように、意図が明確で何としても達成したいとの想いが強いなら

方法は無限です。また行動計画、実行計画をたてたなら即、行動するのみ。

結果はあとからついてくる、その時に『原因結果』の観点から修正すればよい。

偉い人は先ず自らが行動して渦巻き(旋風)を起こして下さい。

投稿者 ohata : 09:51 | コメント (0)

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
                『生きる知恵:仕事のヒント』
七月の言葉
『 成功 』
心を素直にしておけば大体のことは予見でき、謙虚な気持ちで努力すればたいていのことは成就する。

『 経営の要諦 』
経営は進みすぎても遅れすぎても困る。一歩進んでいる状態が望ましい。

投稿者 ohata : 09:50 | コメント (0)