« 2010年04月 | メイン | 2010年06月 »

2010年05月31日

『大局着眼』『小局着手』

この言葉の意味は、大きな視点で物事をとらえて小さな成果(目標)を着実に積み重ねる。
目標が小さければ安易な手段、方法、戦略、戦術を考えてしまう。
今日の目標が出来なくても明日頑張れば良いとツイツイ気が抜ける。

例えば小山に登山する場合と富士山に登るのでは装備も計画が違ってくる。
つまり簡単な事、少ない目標、過去に成し遂げたレベルの目標数字は自分の気持ちを
モチベーションアップしないばかりか心に余裕をかまします。

人間は未知、未開のレベルにチャレンジするところに進歩、向上、成長の芽生える。
《青春、若さとは年齢ではなくこの事を言うのです》
努力する事を諦めてはチーム(車両、店、課、部門)で仕事をするのに不向きです。
人は一人では生きられない。

投稿者 ohata : 11:34 | コメント (0)

『理念と経営』支部長会

月刊『理念と経営』購読者の皆様で、『理念と経営』京滋、関西地区で社内勉強会、経営者の会、設立予定者の皆様が参加できます。

ファイルをダウンロード

投稿者 ohata : 10:19 | コメント (0)

 『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
               『生きる知恵:仕事のヒント』
五月の言葉
『人間』
人間が常に主座にたつこと。
人間が主座からはずれるような考え方は邪道。人間が中心である。

『先見性』
先見性をもって発想も皆より先にやる。
そういうものを持たずしては経営者にはなれない。

『傲慢』
自分の意思によって何でもできると考えれば、必ず迷いが生じ苦難に陥る。心すべきことである。

投稿者 ohata : 10:15 | コメント (0)

2010年05月29日

天の岩戸神社

宮崎県高千穂の天の岩戸神社へ参拝しました。

100524_114132.jpg

投稿者 ohata : 15:31 | コメント (0)

全国経営研究会、IN熊本

中小企業経営者が年に一度全国9600名が集まり『原点回帰』をテーマに学びました。
ゲスト講師は 宇宙飛行士ま秋山豊寛氏他です。
100522_144605.jpg

投稿者 ohata : 15:24 | コメント (0)

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
               『生きる知恵:仕事のヒント』
五月の言葉
『判断』
ただその時点だけを考えて、よいとかわるいとかを決めて事をおこなってはいけないと思う。

『人を育てる』
事業は人にあり。人間としての成長がない人を持つ事業は成功しない。
物をつくる前に先ず人を養成したい。

投稿者 ohata : 10:33 | コメント (0)

2010年05月27日

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
               『生きる知恵:仕事のヒント』
五月の言葉
『叱る』
作為をもって叱る、さらに言えば、私心というか邪心をもって叱ることは厳に慎まねばならない。

『困難』
順調な形で成長すると筋金が入らない場合がある。
真の力は困難を乗り越えていく過程にこそ生まれる。

投稿者 ohata : 09:56 | コメント (0)

2010年05月26日

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
               『生きる知恵:仕事のヒント』
五月の言葉
『先見力』
長年の経験と鋭い観察力、生命を賭けるほどの真剣さ、これらがあいまって先を予見することができる。


『自主性』
他から命じられてやるようでは成果も少ない。
自主的に自問自答しつつすめる仕事こそ成果も大きい。

投稿者 ohata : 06:43 | コメント (0)

2010年05月21日

宮古島、長濱さんのマンゴ

沖縄宮古島、真面目な長濱さんのマンゴです。私は一生懸命な人を応援したい。ご注文は下記アドレスへ。
【潟с}サン】  http://www.kyotoyamasan.jp//
【ちゃがんじゅう】http://www.cha-ganju.com//

mango1.jpg

投稿者 ohata : 23:14 | コメント (0)

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
               『生きる知恵:仕事のヒント』
五月の言葉
『創造』
無から有を生み出していくほどのことが肝要。
そういうところにこそ新たな発展が生まれてくる。

『平凡、些事』
仕事には知恵も才能も大事。しかし、大事なのは平凡、些細なことをおろそかにしない心がけである。

投稿者 ohata : 23:08 | コメント (0)

2010年05月20日

今年のマンゴ(宮古島産)

長濱さんのマンゴです。


mango_chirasi.jpg height="430" />

投稿者 ohata : 09:50 | コメント (0)

「ちゃーがんじゅカフェ店頭風景」

たくさんのお客様に喜んでいただいてうれしいです。
潟с}サン】  http://www.kyotoyamasan.jp//
【ちゃがんじゅう】http://www.cha-ganju.com//
(おかずラー油が大人気です)

100404_164644~00~001.jpg

投稿者 ohata : 09:25 | コメント (0)

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
               『生きる知恵:仕事のヒント』
五月の言葉
『思いやり』
本当の思いやりとは、真にその人のためになるかどうかを考えて事をなすこと。
だから、ときには一見冷たく見られる態度や厳しい言葉が、非常な思いやりである場合もあるのである。

投稿者 ohata : 09:14 | コメント (0)

2010年05月19日

 『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
               『生きる知恵:仕事のヒント』
五月の言葉
『信念』
時代は変わった。人の考えも変わった。
しかし信念に生きることの尊さに変わりはない。

『商売の秘訣』
人集めのコツはその店独自の魅力をつくること。
この努力のあるところ、小さな店でも人は必ずあつまる。

『平等院です』
DSCF3203.jpg

投稿者 ohata : 09:49 | コメント (0)

2010年05月18日

ちゃーがんじゅお試し0円カフェ

お陰様でオープン2ケ月で9600名の皆様にご利用いただきました。

DSCF6868.jpg

投稿者 ohata : 14:12 | コメント (0)

ちゃーがんじゅ0円お試しカフェ

三方元気の渦巻きです。
DSC_2910.jpg

投稿者 ohata : 14:04 | コメント (0)

 『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
               『生きる知恵:仕事のヒント』
五月の言葉
『真剣』
真剣ならば、たとえ失敗してもそこから多くのことを学びとることが出来る。

『経営者の条件』
自分より数倍偉い人が周囲にいて、なおかつ秩序正しくやっていけるのが、真の名経営者であろう。

投稿者 ohata : 10:04 | コメント (0)

2010年05月17日

『出来る、叶う、必ず目標に到達する』

今日から六月度です。
ところで貴方の気持ちの中に《でけへん、でけへん、無理、無理、そんな無茶な要求されても、まだ経験がないから、自分の仕事を知らない人が無茶な事を要求する》そんな思いはありませんか?

そんなの関係ないです。
自分の仕事のスピードが遅いのを棚に上げて、自分の仕事の仕方が世間の常識にしていては進歩、成長はないです。

これを《井の中の蛙、大海を知らずとよぶのです》先輩から売れない失敗体験、経験は聞かないように、また先輩はお客様がその気になる会話(コミニュケーションのとり方)を教えて上げて下さい。

また後輩(新入社員)は先輩に積極果敢に競争を挑んで下さい、先輩は後輩に負けるような事がないようお互いがチャレンジして、今月は各店、部門でお客様は買ってくださる、出来る出来る信じて、私は目標を必ず達成出来ると信じて一ヶ月をやり抜きましょう。

継続出来たなら結果は後からついてきます。頑張りましょう。

投稿者 ohata : 10:12 | コメント (0)

 『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
               『生きる知恵:仕事のヒント』
五月の言葉
『失敗の原因』
行きづまりや失敗の原因は外部の事情はあるとしても、ほとんど100パーセント自分自身に
あると考えるべきである。

『国際交流』
中国には中国の常識、アメリカにはアメリカの常識、欧州には欧州の常識をわきまえてつきあう
必要がある。

投稿者 ohata : 10:10 | コメント (0)

2010年05月15日

テレビ取材を受けました。

DSCF7784.jpg

投稿者 ohata : 10:17 | コメント (0)

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
               『生きる知恵:仕事のヒント』
五月の言葉
『失敗の原因』
行きづまりや失敗の原因は外部の事情はあるとしても、ほとんど100パーセント自分自身に
あると考えるべきである。

『国際交流』
中国には中国の常識、アメリカにはアメリカの常識、欧州には欧州の常識をわきまえてつきあう
必要がある。

投稿者 ohata : 10:13 | コメント (0)

2010年05月14日

わが社のテラス

DSCF7587.JPG

投稿者 ohata : 10:03 | コメント (0)

 『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
               『生きる知恵:仕事のヒント』
五月の言葉
『失敗の原因』
行きづまりや失敗の原因は外部の事情はあるとしても、ほとんど100パーセント自分自身に
あると考えるべきである。

『国際交流』
中国には中国の常識、アメリカにはアメリカの常識、欧州には欧州の常識をわきまえてつきあう
必要がある。

投稿者 ohata : 09:59 | コメント (0)

2010年05月13日

DSCF7103.JPG

投稿者 ohata : 15:40 | コメント (0)

img10544204147.jpg

投稿者 ohata : 11:03 | コメント (0)

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
               『生きる知恵:仕事のヒント』
五月の言葉
『成功』
人生における成功の姿は、予知できない障害を乗りこえ、自分に与えられた道を
着実に歩んでいくところにあらわれる。

『協力』
もし、自分の仕事を単なる義務として、仕方なし二やっているとすれば、これほど
疲れるものはない。

投稿者 ohata : 10:59 | コメント (0)

2010年05月12日

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
               『生きる知恵:仕事のヒント』
五月の言葉
『常識』
過去の常識にとらわれず、いま一度見直してみよう。
新しい発見が生まれ、新しい活動も展開される。
『協力』
何を為すべきかの目標を持ち、使命感を持って、みんなが一致協力するところに成果があがる。

投稿者 ohata : 10:54 | コメント (0)

2010年05月11日

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
               『生きる知恵:仕事のヒント』
五月の言葉
『生き方』
今というときは、この瞬間しかない。
この一瞬一瞬を精一杯生ききる、その積み重ねが充実した人生をつくり、
躍動を生み出すのである。

投稿者 ohata : 10:19 | コメント (0)

2010年05月10日

茹でかえるの法則

【茹で蛙の法則】という言葉があります。

この言葉の意味は、冷たい水の入った鍋に蛙を入れ、その下から火を燃やしていくと、少しづつ水温が上がりは気持ち良くなり安心して湯を楽しんいる。

しかし時間とともに高温となり逃げ時を無くして茹であがってしまう。
この反対にお湯をそこそこの熱くしたところで蛙を入れると飛び出す。

このことわざの教訓は生ぬるい、馴れ合いの社風の職場、目標が未達成でも何とか給料がでる会社、何とか生活がやりくりできる、これらは茹で蛙の状況と代わらないです。

時代の変化にあわせてお客様の購買心理も変化しています、販売する側の我々も絶えず意識を敏感にして変革を行わなければ世間(お客様、消費者)から見捨てられます。

会社も変化しています、皆様も変化にスピードアップして対応していただきお客様に必要と思っていただける会社に致しましょう。

投稿者 ohata : 12:01 | コメント (0)

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
           『生きる知恵:仕事のヒント』
五月の言葉
『生きがい』
自分の運命に従うという素直さが大切。
そこに喜びと安心が感じられたら真の生きがいも生まれてくる。
『経営理念』
同じ経営理念から出発しても、具体的な経営のやりかたは無限。
基本をおさえみずからの持ち味をいかそう。

投稿者 ohata : 11:59 | コメント (0)

2010年05月08日

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
               『生きる知恵:仕事のヒント』
四月の言葉
『長所、短所』
人は皆、長所もあれば短所もある。
だからこそ、お互いに相手をかばいあい、協力しあうことが大切なのである。
『信念』
根無し草に花はさかないぬ。自分自身にしっかりとした信念がなければ本当の商売は営めない。

投稿者 ohata : 09:55 | コメント (0)

2010年05月07日

目標はなぜ必要なのか。

目標とは何かと聞かれれば?
私は自分の技術、能力、成長を高める目印でありよりよい生活(豊かなライフスタイル)を実現するためであり現状を確認する一里塚であり、日々努力を怠らない為の励みであると考えます。
しかし中には目標をおろそかにする人がいます。

自分の能力、技術の限界を高める事を諦め、目標が未達成だったら周りに恥をかくと思い込み(逃避)、自分は自分、他人は他人、他人と比較されたくない、競争したくない、このような人は競争を争いごとと勝手に解釈をして頑張る事を放棄していたり、ぬるま湯につかっています。まためったやたらに目標に意味を探す事に意識をむけ理屈をこねる。

登山家になぜ山に登るかと聞けば、そこに山があるから登ると言います。
つまり自分がチャレンジーする新な山(目標)がなければ登山家は山に登らないのです。
我々もチャレンジーする目標という目印がなければやる気、その気、頑張るというモチベーションは上がらないのです。

則ち人間が生きて生活していくうえでの技術、能力、進歩向上、成長が留まるのです。
時として苦しい、煩わしい目標は誰の為、何の為、なぜ与えられるのか、また必要なのか深く考えてみましょう。

投稿者 ohata : 11:55 | コメント (0)

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
               『生きる知恵:仕事のヒント』
四月の言葉
『悩み、迷い』
悩みはあってあたりまえ。
それは生きている証であり、常に反省している証左である。

『求める心』
会社や社会は人間や人生について教わる学校。
求める心さえあれば学ぶべきことは無限にある

投稿者 ohata : 11:53 | コメント (0)

2010年05月06日

『生きる知恵:仕事のヒント』

               『生きる知恵:仕事のヒント』
四月の言葉
『叱る』
親が叱らない、先生が叱らない、会社で上司が叱らない、
そんなことで良識ある人間が生まれるわけがない。

『不景気』
不景気はみんなの心が作り出すもの。
だから、発想の転換によって不景気はなくすことが出来る。

投稿者 ohata : 11:31 | コメント (0)

2010年05月01日

素直な心と問われれば。

『理念と経営』今月度の設問1に対する解釈は各店、部門、部署でされていますが、

『素直な心』とは自分の考え方を捨て去れ、あなたの考えは間違っている、考え方を変えろとの意味合いではありません>

松下幸之助翁の言われている、『素直な心』とは自分の考え方(思想、哲学)を一度、横において

他人の話を自分の心を開いて聴いてみる、他人の話しを聞いて自分に問い掛けてみる(自己観照)。

自分の考えを検証してみるとの意味合いです。

『井の中の蛙も大海を知らず』とならないように常に『素直な心を持ちつつ、素直な心で他人の言に

耳を傾けましょう』歳を重ねれば重ねるほどに『素直な心』を忘れない事が肝要です。

投稿者 ohata : 09:39 | コメント (0)

『生きる知恵:仕事のヒント』

================= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
               『生きる知恵:仕事のヒント』
四月の言葉
『欠点』
欠点を欠点として認識していれば、その欠点が災いとなることは少ない。
『反省』
反省の無い経営には発展が無い。
発展のある経営には必ず反省があると思う。

投稿者 ohata : 09:38 | コメント (0)