« 2010年01月 | メイン | 2010年03月 »

2010年02月27日

 『生きる知恵:仕事のヒント』『悩み、迷い』『商品』

============= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
             『生きる知恵:仕事のヒント』
「2月の言葉」
『悩み、迷い』
悩みから逃避するのではなく、悩みがあるから生きがいがあるのだと考えてはどうか。

『商品』
他から不良を指摘される前に、自分で一番先にその不良を発見して改めるようでなければならない。

投稿者 ohata : 10:53 | コメント (0)

2010年02月26日

プロなら??『誠』『有言実行』

プロの仕事人なら、自分の口からはいた言葉、自分の宣言した目標に責任を持ちましょう。

この行為を【有言実行】【誠】と呼ぶ、不言実行出来るほど凡人は意志が強くない。

投稿者 ohata : 10:03 | コメント (0)

 『生きる知恵:仕事のヒント』

============= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
            『生きる知恵:仕事のヒント』
「2月の言葉」
『人間の本質』
人間は原則として平等であるが、その平等観に立ってさらにその中に差異があることを認識すべきである。

『執念』
五つや六つの手を打ったぐらいで、万策つきたなどと言ってはならない。

投稿者 ohata : 10:01 | コメント (0)

2010年02月25日

《がばいばーちゃんの言葉》

佐賀のがばいばーちゃんは夢をもたないかんばい

しかし【しょせんは夢は夢】できなかってもよかばいと孫の島田洋七に話していたそうです。
小学校くらいの子供のころなら夢でもよいと思いますが

自らの働き(仕事)で生活しなければならない大人はいつまでも夢では済まされません。
夢を夢で済まさずに実行、実践、結果を出すことのみです。

《今日も一日朗らかにやすらかに喜んで進んで働きましょう》

投稿者 ohata : 19:04 | コメント (0)

『生きる知恵:仕事のヒント』『好機』『企業の使命』

============= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
            『生きる知恵:仕事のヒント』
「2月の言葉」
『好機』
一生のうちにはいろいろな好機が訪れる。
問題はその機会をつかまえられるかどうかである。

『企業の使命』
企業は儲けるべし。
儲けてその半分を税金として国庫に納め、国家社会に大いに貢献すべし。

投稿者 ohata : 09:42 | コメント (0)

2010年02月24日

なんで私だけが《他人の振り見て》

《他人の振り見て、我が振り正す》という言葉があります。


この言葉の意味は、自分の態度、行動、言動、癖は他人にとやかく言われなくても自分が
一番知っていると思っている心を戒める言葉です。

知っているようで気づいていないのが自分自身です。
例えば自分の目の前で上司から注意され、叱られている人がいたなら、
大方の人は自分には関係ないと、他人事と見過ごす、何故、私だけが叱られる?

他の人も、私と同じように叱られる、注意される事をやっているではないか、
自分は損した、運が悪い、上司に嫌われていると思いがちです。


そんな状況にせっした時に周りで聞いている人も、自分も叱られている、
注意されていると受け止めて、改めたなら社風はもっと良くなり、会社は繁盛します。
スピード違反、駐禁で他人の車は捕まらずに自分の車が捕まるのと同じです。


叱ってくれる、注意してくれる人がいるだけ有り難いと思えるか?思えないか?
貴方の心の問題です。今日もベストを尽くしましょう。

投稿者 ohata : 09:49 | コメント (0)

 『生きる知恵:仕事のヒント』『成長』

==============幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
            『生きる知恵:仕事のヒント』
「2月の言葉」
『成長』
喜んで人々の教えを受け、みずから新しいものを吸収し勉強する。
そういう態度を持ち続ける人には、進歩はあっても停滞はない。
一歩一歩、年を経るにつれて着実に伸びていく。

投稿者 ohata : 09:47 | コメント (0)

2010年02月23日

 『生きる知恵:仕事のヒント』『物の見方』『賢い人間』

============= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
            『生きる知恵:仕事のヒント』
「2月の言葉」

『物の見方』
事実は一つ。
その事実を明暗どちらからの面から見るかによって、結果に大きな違いが出てくる。

『賢い人間』
賢い人間は国を興し会社を興す。
同じように、賢い人間が国をつぶし、会社をつぶす。

投稿者 ohata : 09:58 | コメント (0)

2010年02月22日

「豊かなライフスタイル?」

幸福は青い鳥が運んでこない。

自らの目的、目標を見失わず日々の働きで実現するものです。

今日が最善の一日になりますように。

夢は願望に過ぎない。

《夢は一瞬の幸福、目標達成には数値が必要》

【何よりも自分のその気が大事】

投稿者 ohata : 15:55 | コメント (0)

『生きる知恵:仕事のヒント』(豊かな心)(仕事への取組方)

============= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
            『生きる知恵:仕事のヒント』
「2月の言葉」
(豊かな心)
足ることを知るという心、物の価値判断ができる心
それらが心の繁栄の姿に結びついてくる。

(仕事への取組方)
仕事に取組む情熱、ファイトは大いに結構。
ただ自己の才の赴くままに周囲を無視した行動は慎もう。

投稿者 ohata : 15:47 | コメント (0)

2010年02月20日

終わりが大事。【一時の成功、人生の成功】

冬のオリンピックが開催されています。
夜はテレビの前で一喜一憂されていると思いますが、メダル獲得は多い少ない
見方は色々だとおもいます。

日本の選手は前半までは勢いはよいが競技が終われば着外です。
最初(出だし)はよいが終わりが弱い。人生も商売も最も大切なのは終わりです。
【物に本末あり、事に終始あり】【一時の成功、人生の成功】終りで評価されます。

週初めに売上結果が良くても週半ば、一週間終わって見て先週より低調ならば喜べない。
終り良しで明日の日曜日を楽しく迎えましょう。

投稿者 ohata : 10:32 | コメント (0)

『生きる知恵:仕事のヒント』(共同生活)(人の動かし方)


============= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
            『生きる知恵:仕事のヒント』
「2月の言葉」
(共同生活)
とにかく皆が豊に楽しく暮らしていくには、
譲り合いと辛抱と、奉仕の精神が必要である。

(人の動かし方)
百人までは命令で動くかもしれないが、
千人になれば頼みます、一万人になれば拝む心がなければ人は動かない。

投稿者 ohata : 10:02 | コメント (0)

2010年02月19日

《仕事は自分で創る》

上司、責任者はビジョンがあれば、自分では処理出来ない、裁ききれない、
抱えきれないくらいの仕事がうまれるのです。仕事を与えられのではなく、創るのです。

その仕事が処理出来ないから部下にお願いをする、つまり仕事を与えるのです。

しかしトップ、責任者自身に仕事がない、
仕事を創れないから部下はするべき仕事がなく能力も技術も勉強もしないのです。

だから個人も会社も進歩向上、繁栄しないのです。
部下を育てる、戦力にするもすべてが上司の一存、一念です。

投稿者 ohata : 11:04 | コメント (0)

『生きる知恵:仕事のヒント』(勇気) (商取引)

============ 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
            『生きる知恵:仕事のヒント』
「2月の言葉」
(勇気)
皆の面前で公言したことでも、正しくないとわかればいつでも
取り下げられる素直さと勇気を持ちたい。
(商取引)
品物の値段についてかけひきすることは、売手にとって買手にとっても
時間と労力のムダとなる。

投稿者 ohata : 10:54 | コメント (0)

2010年02月17日

『生きる知恵:仕事のヒント』(困難)(体験)

============ 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
            『生きる知恵:仕事のヒント』
「2月の言葉」
(困難)
かってない困難からは、かってない革新が生まれ、
かってない革新からは、かってない飛躍が生まれる。

(体験)
経営、商売はいわば臨床医学。
であるならば、実地の体験を積まずして立派な仕事はできない。

投稿者 ohata : 09:29 | コメント (0)

2010年02月16日

 『生きる知恵:仕事のヒント』(体験)(経営者の条件)

=============松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
            『生きる知恵:仕事のヒント』
「2月の言葉」
(体験)
ただ不用意に漫然と一日を過していては、歳をとっても血肉となる体験を
持たざる人になってしまう。
(経営者の条件)
馬の手綱を締めつつ緩めつつ、ということの出きる人が本当の経営者である。

投稿者 ohata : 11:33 | コメント (0)

2010年02月15日

今日という日は?

今日という日は昨日の延長ではない。

誰にも平等に訪れる新たな一日である。

しかも二度とない人生に一度しかない一日である。

この一日を昨日までの惰性で過ごすのか?

昨日までの怠惰な自分と訣別して仕事に取り組むのか?

すべては自分の心が決めるのです。

誰もが変化する機会を与えられている。

強い人、物が生き残るのではありません。

ビジネスにおいても時代にあわせて変化対応出来る人

商売、会社が繁盛するのです。

貴方も改めるは、改め昨日よりは成長して下さい。

投稿者 ohata : 09:56 | コメント (0)

『生きる知恵:仕事のヒント』(人間の道)

============ 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
            『生きる知恵:仕事のヒント』
「2月の言葉」
(人間の道)
人間の道は排除の道ではない。
いやな人も、いやなものも、心を定めてあるが儘を承認し、受け入れる。
そこに対立の中にも調和がうまれ、自他ともに生きる道がひらけてくる。

投稿者 ohata : 09:55 | コメント (0)

2010年02月13日

[生きる知恵:仕事のヒント』(学ぶ心)(協力)

============= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
            [生きる知恵:仕事のヒント』
「2月の言葉」
(学ぶ心)
学ぶ心が旺盛な人ほど新しい考えを生み出し独創性を発揮する。
何物からも謙虚に素直に学びたい。

(協力)
協力は無理に得ようとしても得られない。
熱意と誠意で懸命に取り組むところにおのずと集まってくる。

投稿者 ohata : 09:35 | コメント (0)

私が考える 《苦労、逆境》

苦労、逆境とは身からでた錆、「因果応報」「宿命」である。
どんな災難、幸福も「原因結果」がある。

恩とは心の因である。
恩を忘れると「因果応報」が宿る。これを宿命と呼ぶ。

貴方は宿命を受け入れ運命を切り開いていますか?
未来は明るいですか?〜〜〜〜

夢は願望に過ぎない

《夢は一瞬の幸福、目標達成には数値が必要》
【何よりも自分のその気が大事】

投稿者 ohata : 09:32 | コメント (0)

2010年02月06日

報酬(給与)を得る仕事はプロ選手。

プロ野球、プロサッカー、プロボクシング、およそプロとつく限りは働きに応じて
報酬(給与)をもらいます。
プロ野球にはコーチ、監督がいます。監督は勝利するために戦略、戦術を考えます。
従ってチームが勝利する事を優先して選手を選びます。バッティング、守備、走塁が
人並み程度では試合に出ることは出来ません。

私はあの選手より上手だと自信を持っていても試合に出られません。
選手から見れば、えこひいきと感じることもあるでしょう。それがプロ(仕事)の世界です。

世の中には公平ばかりではありません、不合理、不平等な事は間々あります。
会社に例えるなら上司、責任者はその課、店、部門、チーム全体を勝利(幸福)にする
監督であり責任がある立場だからです。

会社、チームで報酬(給与)を得て仕事する限りは自由奔放、好き勝手に仕事は出来ません、
おのずと制約があり、時には、何で私だけ、あの人ばかり、えこひいきしていると感じる事もあります。

これがプロ(仕事)の世界です。野球、サッカーの世界なら解雇、場合によっては
戦力外トレードはあたりまえです。今日からプロの仕事人としての心構えに変格しましょう。

投稿者 ohata : 10:12 | コメント (0)

 『生きる知恵:仕事のヒント』(学ぶ心)(協力)

=========== 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
            『生きる知恵:仕事のヒント』
「2月の言葉」
(学ぶ心)
学ぶ心が旺盛な人ほど新しい考えを生み出し独創性を発揮する。
何物からも謙虚に素直に学びたい。

(協力)
協力は無理に得ようとしても得られない。
熱意と誠意で懸命に取り組むところにおのずと集まってくる。

投稿者 ohata : 09:58 | コメント (0)

2010年02月05日

『生きる知恵:仕事のヒント』(決断)(生産の使命)

=============【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
            『生きる知恵:仕事のヒント』
「2月の言葉」
(決断)
決断は物事の終わりではなく始まり。
決断したことを実現させて始めて事が解決する。
(生産の使命)
世の多くの人々の生活を日一日と高めていくところに、生産の使命がある。

投稿者 ohata : 09:38 | コメント (0)

2010年02月04日

前途洋々の若い人へ「学問の薦め」

「学問の薦め」とは福沢諭吉の言葉です。
福沢諭吉とは慶應大学の創立者で一万円札の肖像画の歴史上の人です。
有名な言葉に「天は人の上に人をつくらず、人の下に人をつくらず」という有名な言葉があります。
その言葉だけを聞くと一見、人間は平等のように聞こえますが、平等の機会があるとの事を言っているのです。

しかし世の中には厳然として、恵まれた人、裕福な人がいる反面に不幸な人、貧しい人がいます。
この違いはどこにあるかと言えば学問(勉強)の差にあると言っているのです。
学校での学問は基礎学問としても大事ですが、
社会人となったならば、お客様、同僚、上司、あらゆる人々、あらゆる場面を通じて
学び続ける事が自分と家族、生活を、人生を、そして社会を豊かに(幸福)すると論じているのです。
前途洋々の若い皆様は特に勉強される事を望みます。

投稿者 ohata : 10:47 | コメント (0)

 『生きる知恵:仕事のヒント』(向上、成長)お客様)

============= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
            『生きる知恵:仕事のヒント』
「2月の言葉」
(向上、成長)
自主性をもって多くの人の意見を聞けば
それは自らの血となり肉となる。
(お客様)
お客様に満足していただけるようにという思いを持てば
それが商売発展の知恵となってあらわれてくる。

投稿者 ohata : 10:24 | コメント (0)

2010年02月03日

チーム力とは。

日本人はよく「皆で力を合わせて」「チーム全体で」と口では言います。
そんな国民性だから駅伝競争が大好きです。

しかし耳障りの良いチーム、皆で力を合わせてと叫びながら
自分だけ、自分さえ、責任を果たせば文句を言われる筋合いはないと心の中で思う。

このような考え方の人々がいてはチームの総合力は発揮されない。
もちろん責められるべき人は最大限の技術、能力、気力を発揮もせずに責任を果たしていない人が
一番問題ではあるがであるが、

しかしチーム、組織、集団で仕事をする最大の長所は助け合い、支え合い、補い合う事にあります。
貴方の心の中、貴方のチーム、貴方の店にはそんな空気がありませんかか?

投稿者 ohata : 09:41 | コメント (0)

『生きる知恵:仕事のヒント』(進歩向上)(主体性)

============= 【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
            『生きる知恵:仕事のヒント』
「2月の言葉」
(進歩向上)
何事にも素直な心で、なぜ、と懸命に考えるところから進歩もうまれる。
(主体性)
どういう方針で、どう動くのか。
この会社としての主体性を失ったならば、これは烏合の衆を集めた団体に過ぎない。

投稿者 ohata : 09:39 | コメント (0)

2010年02月02日

『生きる知恵:仕事のヒント』(叱り、叱られる)(夢と現実)

==============【松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
             『生きる知恵:仕事のヒント』
「1月の言葉」
(叱り、叱られる)
叱り、叱られもしないと、知らず識らずのうちに見方が甘くなり、
弱さと、もろさが生まれてくる。
(夢と現実)
大志を抱く、夢を持つことはよい。
だがそのために今日の仕事を忘れてはならない。

投稿者 ohata : 09:48 | コメント (0)

2010年02月01日

『生きる知恵:仕事のヒント』(感謝)

==============松下幸之助翁が語る日々の言葉】=====================
            『生きる知恵:仕事のヒント』
「1月の言葉」
(感謝)
人間は一人で大きくなったのではない。会社もまた一人で大きくなったのではない。
あわただしい日々の中にも、ときに過去の歩みをふり返って、世と人の多くの恵みに
感謝する心を、お互いに持ちたい。
その心こそが明日への歩みの真の力になるであろう。

投稿者 ohata : 09:57 | コメント (0)