« 2009年08月 | メイン | 2009年10月 »

2009年09月30日

【素直な心】になろう。

今日は最善の一日、今は無二の好機(チャンス)なり。

【素直な心】とは猜疑心(疑いの心)のない心なり、少年、少女のような心なり。

【素直な心】とは、まるで砂に水が浸透していくように邪心を捨て全てを一旦受け入れる心なり。

【素直な心】は新たな方策、智恵を生み出す源泉になる心なり。

人間は壁に突き当たると【素直な心】になって人の話しを聞く事が大事と解っていながら

何故か固執、頑固、自我がでる。

これでは未来の展望は開けない、新たな策、方法、アィディア、智恵、道は開けない。

だから益々、高くて厚い壁となり自分では打ち砕く事が出来ない壁が立ちはだかり

その困難、障害を手には何も持たずに真っ暗闇を手探りで歩かなければならなくなる。

そんな歩み方ではやがては壁の下敷きになるか、横道にそれて断崖の淵から谷底へ転落して

誰からも見捨てられ二度と立ち上がる事も出来ないだろう。

やはり【素直な心】は何物にも変えられない人間の財産である。

【素直な心】で今日も一日頼みます。
【Never、Give up、CHANGE、Yes,WEE,CAN】その気を持ち続けたならばたいていの事は叶うと信ずる】

投稿者 ohata : 10:00 | コメント (0)

【14】迷うだけ迷う。

___________________リーダになる人に知っておいてほしいこと______________________
       第二章 【日に新たな生成発展の道を求める】 「松下幸之助翁述」
===============================================================================
【14】迷うだけ迷う。
   迷うだけ迷えばいい。けれどもそのあいだはじっとしていること。
   光明がみえるまで、迷いながらも勉強し研究し続けること。
   その迷いが大きいほど、偉大なものが生まれるはず。
   でも迷わないでいいことでは、決して迷わないように。

投稿者 ohata : 09:58 | コメント (0)

2009年09月29日

【13】その日その日を生きる。

___________________リーダになる人に知っておいてほしいこと______________________
       第二章 【日に新たな生成発展の道を求める】 「松下幸之助翁述」
===============================================================================
【13】その日その日を生きる。
   人間は大きな運命の流れの中で生きている。
   その流れに素直に乗るには、まずは
   その日、その日を充実させて生きていくことが大切である。

投稿者 ohata : 09:48 | コメント (0)

2009年09月28日

【12】人間の本質を知る。

___________________リーダになる人に知っておいてほしいこと______________________
       第二章 【自修自得で事の本質を究める】 「松下幸之助翁述」
===============================================================================
【12】人間の本質を知る。
われわれ人間は、お互いに「飼いあい」をしていると考えればいい。
だから、成功しようと思うのなら、まずは「相手の本質を知る」
つまり「人間というものはこんなもんや」ということを知る。
そこから出発していけばいい。

投稿者 ohata : 09:55 | コメント (0)

2009年09月26日

【11】成功のコツをつかむまでやめない。

___________________リーダになる人に知っておいてほしいこと______________________
       第二章 【自修自得で事の本質を究める】 「松下幸之助翁述」
===============================================================================
【11】成功のコツをつかむまでやめない。
一事に成功すれば万事に成功する。
一事に成功できない者が、あせって万事に手を出してもそうそう成功するものではない。
先ずは成功のコツをつかむまで努力をやめない。
そして、使命感と気力、この二つなくして真の成功はない。

投稿者 ohata : 09:51 | コメント (0)

2009年09月25日

物(価格)と事(価値)どちらを販売するか?

世の中には【物を売りにする店と事を売りにする店】が存在する。
百均ショップ、コンビニ、スーパー、安売り王のドンキホーテ、10分1000円理髪店、料金の安い美容室

これらの業態はどちらかといえば物(価格の安さが売り物)で商売を行っている。
しかし、この安売り商法にも限界があります。百均ショップも最近はお客様も少なく売上低下ぎみです。
また1000円理髪、安さが売り物の美容も来店客(新規、リピーター)が少なく売上がく低下しています。

美容院は全国的に見ても、コンビニよりも店舗数は多い過当競争の業界です。
その中において、私の友人の美容室経営者はお客様サービスに(満足)徹しています。

また美容(髪の手入れ)だけでは売上、利益があがらないから、シャンプー、リンス、その他洗顔商品の
販売に力を注いでいます。

しかもドラッグストアーよりも高価な商品を販売して、利益を上げています。
その商品が販売出来るのは、普段の接客態度、機敏な行動、正しく丁寧な言葉使い、
話の話題の豊富さ、清潔感溢れる身なり、礼儀作法、これらサービスに力をいれているからです。
それらを身に付ける方法、手段は毎朝の朝礼、勉強会です。

即ち店舗の目的(理念、方針、目標)を徹底して共有しています。
人口減の時代、お客様が多様な価値観(価格の安さを求める人、安価で間に合う物)を持つ時代には
中小、弱小会社は幅広いお客様を獲得するのではなく、自社の価値(事)を評価して、
お取引して下さる会社を目指さなければ、お互いの生活の糧となる会社が倒産することに繋がります。

【豊かなライフスタイル】を実現するために更に努力いたしましょう。
【Never、Give up、CHANGE、Yes,WEE,CAN】
その気を持ち続けたならばたいていの事は叶うと信ずる】〓社長〓〓

投稿者 ohata : 09:33 | コメント (0)

【10】運命をかける。

___________________リーダになる人に知っておいてほしいこと______________________
       第二章 【自修自得で事の本質を究める】 「松下幸之助翁述」
===============================================================================
【10】運命をかける。
悲観したり、思うようにいかなかったり、迷うときもある。
そうした時に、もうこれしかないと運命をかけることができるかどうかが、
成功と失敗の分かれ道となる。

投稿者 ohata : 09:31 | コメント (0)

2009年09月24日

人格を創るには【点々、線々、面々】

「点を点々と相連ねて線となる、線を相並べて面となる、面を相重ねて体(器)と成る」

一日一歩三日で三歩、一万回、祈ればたいていの事は成就する。

一日一回ならば一万日、一日二回なら五千日、一日十回なら千日(約三年)何事を為すにも

石の上にも三年の祈りと辛抱(心棒)忍耐、我慢強さ、信念が成功の道(方程式)なり。

(これは、論語の大家、伊与田覚先生に教えていただいた言葉です)

【Never、Give up、CHANGE、Yes,WEE,CAN】
その気を持ち続けたならばたいていの事は叶うと信ずる】〓社長〓〓

投稿者 ohata : 09:57 | コメント (0)

【9】自分から進んで吸収する。

___________________リーダになる人に知っておいてほしいこと______________________
       第二章 【自修自得で事の本質を究める】 「松下幸之助翁述」
===============================================================================
【9】自分から進んで吸収する。
考えても答えのでないものはある。
しかし、志のある人は、歩いて尋ねて教えを請い、いずれ答えをだすだろう。
自分から進んで学ぶ。教えてくれるなどと思ってはいけない。

投稿者 ohata : 09:54 | コメント (0)

2009年09月19日

会社、社長の考えは日々刻々変化する。

会社方針、社長の考えは毎日のメールにあります。

いわばメールは会社が日々刻々と進化、変化している事を表しています。

しかしそのメールを見ていない、読んでいない、意味が理解出来ていない、無関心では

目的、目標の共有ははかれません。

また職場内で自分一人だけが理解していても仕事が上手くいくわけが有りません。

社内、職場内に落としこむ、浸透させてこそ、全社員の目的、目標に向かう意識、手段、方法

戦略、戦術も共有されるというものです。

トップの心掛け一つで会社、店は栄枯盛衰を決する事を胆に銘じて任務遂行して下さい。

私からのメールの意図、意味を社員さんと共に絶えず確認して下さい。

【Never、Give up、CHANGE、Yes,WEE,CAN】
その気を持ち続けたならばたいていの事は叶うと信ずる】〓社長〓〓

投稿者 ohata : 14:14 | コメント (0)

【8】自分の境遇を受け入れる。

___________________リーダになる人に知っておいてほしいこと______________________
       第二章 【自修自得で事の本質を究める】 「松下幸之助翁述」
===============================================================================
【8】自分の境遇を受け入れる。
   貧しいことが、幸となるか不幸となるか、それは自分次第である。
   自分の境遇を素直に受け入れて、それを生かせばいい。

投稿者 ohata : 14:12 | コメント (0)

2009年09月18日

喧々諤々の議論、ミーティング。

会社方針、店方針は一度決定したならトップダウンで実行すれば良い。

決定した事にあとからつべこべ言う人は会社方針に忠実でない。

先ず喧々諤々の議論、ミーティーングで衆知を集めたらよい。

最後はトップが責任を持って断行あるのみ、結果の責任は会社が判断する。

投稿者 ohata : 08:20 | コメント (0)

【7】知識にふり回されない。

___________________リーダになる人に知っておいてほしいこと______________________
       第二章 【自修自得で事の本質を究める】 「松下幸之助翁述」
===============================================================================

【7】知識にふり回されない。
   知識は道具である。知識の奴隷になってはいけない。
   知識の主人公になる。縦横無尽に知識を使いこなす。

投稿者 ohata : 08:18 | コメント (0)

2009年09月17日

事に絞り込め。

スーパーは物売りが仕事、潟с}サンは事+物=価値で販売するのが仕事です。

物(商品)が先ではなく事が先です。清潔な印象、さわやかな挨拶、誠実な態度、

不安感を与えない表情、明るく元気な声、これらの態度、言動、行動、表情が悪い印象なら

お客様は腰を引いて貴方の話を聞いています。

また物(商品)は何でも、かんでも奨めるのではなく、定期、準定期、定期と明確な意思を持って

徹底する。

何でも良いから売上額が上がれば良いと商品のお披露目では物売り(移動スーパー)と同じです。

移動スーパーなら安い価格で多品種を積み込まなければお客様は買ってはくださらぬ。

品種を絞り込め、事を評価して買ってもらへ、

これが出来なければ潟с}サンのプロの仕事人ではない。

【Never、Give up、CHANGE、Yes,WEE,CAN】
その気を持ち続けたならばたいていの事は叶うと信ずる】〓社長〓〓

投稿者 ohata : 09:51 | コメント (0)

【6】敵をほめる。

___________________リーダになる人に知っておいてほしいこと______________________
       第一章 【素直な心で衆知を集める】 「松下幸之助翁述」
===============================================================================
【6】敵をほめる。
  商売や経営では相手をくさすことはしない。
  ライバルのいいところを見て、それを頂戴する。
  政治も同じく、相手のよい政策は取り入れ、そのうえで味付けをすればいい。
  そうすれば、日本の政治もよくなる。

投稿者 ohata : 09:50 | コメント (0)

2009年09月16日

「遺伝子には【気】が存在している」

人間には【気】という目に見えないものが体内の遺伝子に存在している。

従ってどんな環境にあっても、心(体内)の中の【気】が「この環境はいい」とプラスに解釈すれば
、それは自分にとっていい環境になる。
「生命の暗号==村上和雄先生の言葉を一部引用」

気の持ち方一つで運、奇跡も引き寄せる事ができる、幸福、不運にもなるのです。
今日より始まる15期は【気】を活用して「豊かなライフスタイル」を実現いたしましょう。

【その気を持ち続けたならばたいていの事は叶うと信ずる】〓社長〓〓

投稿者 ohata : 07:57 | コメント (0)

【5】知恵がどんどん湧いてくるコツ

___________________リーダになる人に知っておいてほしいこと______________________
       第一章 【素直な心で衆知を集める】 「松下幸之助翁述」
===============================================================================
【5】知恵がどんどん湧いてくるコツ
   大きく生きる。小さなことにはこだわらず大きく生きる。
   知識にとらわれないで大きく生きる。
   それができるようになると、知恵がどんどん湧いてくる。

投稿者 ohata : 07:49 | コメント (0)

2009年09月15日

? 奇跡、運はあると思うか? 念わないか?

【奇跡、運】、それはひとえに貴方の心に潜んでいる。
例えば難病、奇病、不治の病、あるいは臨終間近の病人に医者が最善の治療を尽くしました、
後はご本人の生きたいとの強い意欲しだいですと家族に告げます。

生きる意欲とは生きたいとの願望、つまりマダマダいろんな事を行いたいとの目的意識です。
それが奇跡、運を招くのです。スポーツ選手、事故で植物人間状態の人々が快復した話しなど
テレビ、雑誌などで紹介されている事実があります。

その事実を信じ、あやかり、自らが目的、目標、志しを心強く持ち難解なお互いの前に立ちはだかる
壁を突破して【豊かなライフスタイル】を実現しましょう。

社会は自分ひとりではない、会社には相談出来る多くの先輩、仲間がいるではないか
我々は有り難い、恵まれた環境にいることに感謝して、慢心、油断、諦めの心を排除し
素直な心でがんばりましょう。【その気を持ち続けたならばたいていの事は叶うと信ずる】

投稿者 ohata : 10:38 | コメント (0)

【4】よいことは素直に取り入れる。

___________________リーダになる人に知っておいてほしいこと______________________
       第一章 【素直な心で衆知を集める】 「松下幸之助翁述」
===============================================================================
【4】よいことは素直に取り入れる。
   誰のいうことでも一応は素直に聞く。
   いいなと思ったら素直に取り入れて実行する。人の意見を聞くときは、
   虚心になって、私心をなくして、素直な心で聞く。
   そうして他人の知恵才覚を授かる。そのむずかしくないことを、人はなかなかでき
   ない。そして失敗する。

投稿者 ohata : 10:34 | コメント (0)

2009年09月14日

物に事をプラスする。

おはようございます。今日をいれてあと二日、
マダマダ間に合う、今期、今月の自己記録更新の可能性、そんな気持ちで頼みます。

ところで「物と事」についてですが、新規のお客様はどちらかと言えば、物(商品)を、
貴方の一生懸命、熱心さに応えて買って下さいます、しかし二度、三度、あるいは定期コース
あるいはプラスワンでのお買い上げ、初リピートのお客様は情だけでは商品を買って頂けません。

やはり事(商品の価値)なくしては不可能です。事とは、商品の原材料のこだわり、
製造者のこだわり、安全、安心のこだわり、どこの店にも販売していないオリジナルのこだわり
あるいは使用、利用方法、ホスピタリティー、お客様の喜びの言葉、それらを含めて継続して
使いたい気持ちになって頂くセールストークの開発にこそ潟с}サンの売上、利益アップの真の
繁栄の法則です。
その為には何を為すべきかを衆知を集めて創出いたしましょう。

投稿者 ohata : 08:47 | コメント (0)

【3】客観的にみること。

___________________リーダになる人に知っておいてほしいこと______________________
       第一章 【素直な心で衆知を集める】 「松下幸之助翁述」
==============================================================================
【3】客観的にみること。
   自分の主観で見ると、たいていはまちがう。
   客観的に物事を見る。つまり、素直に物をみることが大切である。

投稿者 ohata : 08:41 | コメント (0)

2009年09月10日

トップの人間の心得。「人が好き」

職場、家庭に関わらずトップに立つ人間に必要な思想は
人間に興味があり、人間が好きでなければならない。

家庭に例えるならば、親が子供に無関心、子供が親に愛情を感じないようでは
人間の親子とは呼べない。会社なら上司は部下に、部下は上司に関心がなければならない。

上司も部下も同じ人間、同じ人間なら能力に対した差はない。
上司は部下の進歩、向上、成長に関心を持ち、成長が喜びであり、
またそれが楽しみでなければ良い上下関係も築けない。

それを為すには、上司、部下共に、お互いの足らざる点、足る点を知る、
そして、【何が任せられて、何が任せられないか】を、よく認識して、報告、連絡、相談を通じて

足らざるを日夜、お互いが研鑽して、補い合い、日々の仕事を実践して行くことで、
当人はもとより会社の繁栄に結びつき、『豊かなライフスタイル』に一歩近付くのであると考えます。
仕事の進捗確認、一人ひとりの成長度合いの確認、これを怠った職場には、
金品による一時の幸福は訪れても、二度とない人生の幸福感は味わえない。

投稿者 ohata : 08:13 | コメント (0)

【2】戦術、戦略も大事。

___________________リーダになる人に知っておいてほしいこと______________________
       第一章 【素直な心で衆知を集める】 「松下幸之助翁述」
==============================================================================
【2】戦術、戦略も大事。
   しかしそれ以上に、何が正しいかということを忘れてはならない。
   そうでなければ大事は決行できないものだ。

投稿者 ohata : 08:10 | コメント (0)

2009年09月09日

職場のトップは仕事に一念を。

仕事とは何かと問われれば?
一人の人間、社会の一員として、他人様に仕えること、他人様のお役に立つことと私は応える。

しかし昨今はとかく仕事イコール会社に勤める、誰かに使われる、誰かの指示、命令にもとづき
働かされる苦しい、厳しい、我慢、忍耐を強要される事のように考えられている。

仕事とは「二度とない人生」をより良い人生(過去に悔いのない一生)を過ごす為の
道場のような物である。

では道場とは何を教え、諭してくれるところか? と問えば、人間社会、人は一人では生きられない
また、生きられるものではない、しかし俺は、私は自分の力で生きていると錯覚している人が
いたとしたら、それを気付かせてくれる場所が会社でもである。

だから集団、組織体をなし、お互いが足らざるを補い合い、支え合い、
時には邪悪な一人の人間の暴走を抑止する規則、ルールを定め、企業の繁栄を通じて
人類の平和、幸福を実現するという人間共通の価値観(理念)を会得させてくれる場なり。

社員一人一人が、一人の店主、経営者がその一念を持って会社を運営すれば
世の中は栄えるのであると思います。
【その気を持ち続けたならばたいていの事は叶うと信ずる】〓社長〓〓

投稿者 ohata : 09:04 | コメント (0)

【1】物事の本質を見る眼

___________________リーダになる人に知っておいてほしいこと______________________
       第一章 【素直な心で衆知を集める】 「松下幸之助翁述」
==============================================================================
【1】物事の本質を見る眼
素直になれば、物事を色眼鏡でみないようになる。

赤は赤、黒は黒にみえるようになる。本質が見えるようになる。

そうすると過ちが少なくなる。融通無碍な人間になる。

投稿者 ohata : 09:03 | コメント (0)

2009年09月08日

日本の政治の将来を鑑みて。

自民党の惨敗、民主党の圧勝をどのように受け止め、考えるか? が問われていると思います。

選挙の票は会社、企業、法人には一票の権利もない、しかし国民(消費者)には一票の権利が
約束されている。企業に対する減税、助成、補助はやがて国に税という産物として還ってくる。

しかし国民に対する減税は必ずしも返ってくるという保証はない。
政治家は国家百年の計を念頭に持って国民に迎合する事なく言うべき事はハッキリと、
出来るだけ解りやすく言い、国民に耐えるべき時は忍耐、我慢をお願いするだけの度量が求められる。
これは会社経営にも必要な事である。

しかし最近の政治家は安売り、バーゲンセール、芸人の一時しのぎ人気とりと全く変わらないように見
えてしまう。その時、その場を取り繕うためと、受け取られない公約を掲げて当選するから始末が悪い。

こんな政治家と、選ぶ側の国民ばかりでは、やがて日本の国も財政破綻となり、
子々孫々には大きなつけを残すだろう。

そうなればしっかり金を蓄えた金持ちは重税から逃れるために、国外逃亡し、
どうする事も出来ない貧乏人だけが日本に取り残され、やがては最貧国の、仲間入りするだろう。

経営にも同じことが言えるのではと思います。指導者の一念が次世代を決定づける。
『理念なき経営、理念なき政治』

投稿者 ohata : 09:58 | コメント (0)

巻八 「世の中というものは」(2009年9月07日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻八 「世の中というものは」(2009年9月07日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

商売とは、いかに多く売るかではなく

相手がどれだけ買う能力があるかを判断することである。

投稿者 ohata : 09:33 | コメント (0)

2009年09月05日

再度、物と事について【物だけ売りは押し売り】

綺麗に陳列されている商品はただの物にすぎません。
その(物)商品の活用方法、便利な利用方法、効果、効能、また一方、親切、丁寧、清潔感
心のこもった言葉使い、礼儀正しい、感謝心が、お客様に伝わってこそ、物(商品)に
価値が生まれるのです。

お客様は価値に対して対価(プロフィット、代金)を下さるのです。
商品(物)に価値を与えるのが我々の仕事です、任務です。
ベネフィットの提供とはお客様に価値を与える、評価していただく、価値を買っていただくことです。

物売りなら信用力、ブランド力、価格差、どれ一つとして大手企業には絶対に勝てない、
貴方が大手に勝てる武器は(事)しか有りません。

〓物だけ売りは押し売り〓と同じ、
たとえ一度買っていただいても二度と買っては頂けぬと肝に銘じましょう。
【その気を持ち続けたならばたいていの事は叶うと信ずる】〓社長〓〓

投稿者 ohata : 09:55 | コメント (0)

巻八 「世の中というものは」(2009年9月5日)

  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻八 「世の中というものは」(2009年9月5日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

調和と進歩は相反するものではなく、真に調和すれば進歩し、

真の調和なくして本来ありえない。

投稿者 ohata : 09:54 | コメント (0)

2009年09月04日

潟с}サンは何を売り物にするのか?

本物のローレックスの腕時計、ルイヴィトン、シャネルのバックをセルフ販売している商
店、会社をみたことは有りません。

しかしバッタ商品、コピー商品(偽装)価格が売りの商品は、チラシ広告でお客様を大量
に集客して、アルバイトさんを雇い、お金と商品の引き換えのみのセルフ販売(物々交換)
となるのです。

潟с}サンのこだわり食品は充分な説明(商品の使い方、手入れ、保証)が必要な商品で
す。我々社員は言うなれば、お客様のおもてなし、商品のこだわりの説明をする為に仕事
を与えられているのです。

この役割、任務が果たせないなら潟с}サンには働く場所は無いことになります。
更に商品知識、お客様への提案方法を高めましょう。お客様から学びましょう。

【その気を持ち続けたならばたいていの事は叶うと信ずる】〓社長〓〓

投稿者 ohata : 09:49 | コメント (0)

巻八 「世の中というものは」(2009年9月4日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻八 「世の中というものは」(2009年9月4日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

生命力は永遠である。人間の究極の祖先は、宇宙根源である。

投稿者 ohata : 09:48 | コメント (0)

2009年09月03日

こだわり商品を販売するには丁寧な説明が必要。

ローレックスの腕時計、ルイヴィトン、シャネルのバックをセルフ販売している商店、会社は有りません。

しかしバッタ商品、コピー商品(偽装)は価格が売り物だからセルフ販売となるのです。
こだわり商品を販売するには、おもてなし、商品の使い方、手入れ、保証を説明しなければ。

潟с}サンのこだわり食品は充分な説明が必要な商品です。

我々社員は言うなればお客様に商品のこだわりの説明をする為に仕事を与えられているのです。

この役割、任務が果たせないなら潟с}サンには働く場所は無いことになります。
更に商品知識、お客様への提案方法を高めましょう。

【その気を持ち続けたならばたいていの事は叶うと信ずる】〓社長〓〓

投稿者 ohata : 09:26 | コメント (0)

巻八 「世の中というものは」(2009年9月3日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻八 「世の中というものは」(2009年9月3日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

生命力は、肉体の形成とともに、宇宙根源の力によってつくられ、肉体の消滅とともに

宇宙根源に帰り、一体化する。

投稿者 ohata : 09:19 | コメント (0)

2009年09月02日

我社は『物』を売っていない『事』を売る会社。

潟с}サンは『事』『他社にはない価値』を販売するのが仕事です。

セルフ販売、チラシ販売の会社は『物』を売るが得意です。

物を売るとは価格、値引きサービス、ポイントフックとどちらかと言えば、お客様の財布(お金)に
高い安い、を訴えます。

しかし『事』を販売する潟с}サンのような会社は、熱意「魂」持って、熱心に生産者、製造者の思い
(念) こだわりを伝え、その真心を販売する事が、他社が真似ることが出来ない唯一絶対的な
コア(核となる)コンピタンスです。

その事を忘れて、単なる物売りになると、価格競争(高い、安い)に巻き込まれ我社のような零細会社は
厳しい時代に生き残る事は出来ません。物を売るより事(価値)を販売しましょう。

投稿者 ohata : 10:19 | コメント (0)

巻八 「世の中というものは」(2009年9月2日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻八 「世の中というものは」(2009年9月2日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

万物は、人間を中心にそれぞれの生命力も異なり、

従って使命も異なって存在しているのだから、役割が異なるだけで、

価値の軽重はありえない。

投稿者 ohata : 09:37 | コメント (0)

2009年09月01日

「選挙から学ぶ」

選挙で当選した民主党の新人議員が今日テレビで語っていました。

あの小沢一郎が新人議員に要求する必勝策は、一日50ケ所の演説、
期間中に30000人との握手が最低ノルマを与えるそうです。

このノルマを消化しなくて当選云々を言えるものではないとの事です。
これは潟с}サンの営業、通販、電話部門にもあてはまります。

つまり楽をして売上、金儲けをしよう等は虫がよすぎます。
原点、初心に還りましょう。

【その気を持ち続けたならばたいていの事は叶うと信ずる】〓社長〓〓

投稿者 ohata : 08:55 | コメント (0)

巻八 「世の中というものは」(2009年9月1日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻八 「世の中というものは」(2009年9月1日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

宇宙に存在するすべてのものは、宇宙根源の力によって、生命力が与えられている。

投稿者 ohata : 08:54 | コメント (0)