« 2008年11月 | メイン | 2009年01月 »

2008年12月29日

「松下幸之助翁述」「江口克彦記」巻八「一日一日が勉強」(2008年12月30日)

=============================「松翁論語」===============================
「松下幸之助翁述」「江口克彦記」巻八「一日一日が勉強」(2008年12月30日)

==================松翁ある人に次のように言われた=========================

ともすれば他を見て自分の精神をグラつかせる。
自分の仕事はこれでいいのかどうか、自信を失う。そして不安にとりつかれる。
そのような事を何度となく繰り返してきた、というのが私の偽りない体験である。

==================松翁ある人に次のように言われた=========================
巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月31日)

『自己観照』の出来る人に過ちはない。

一日、一週間、一年、その時、その後を堪えず、自問自答、自分の態度、行動、
言動を客観視する習慣と心構えを持たねば「裸の王様」になってしまう。
来年こそ「素直な心」を持ち続けようと、年の瀬に改めて誓う。

投稿者 ohata : 16:04 | コメント (0)

巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月29日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月29日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

内輪なのだからこの程度でいいだろうと、安易な気持ちになったり、内輪だからと

かえって礼を失することはないか。

投稿者 ohata : 08:53 | コメント (0)

2008年12月27日

巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月27日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月27日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

年功序列といっても、能力以外の配慮から昇進昇格させることで

結局は会社にもマイナス、本人も不幸ということもある。

投稿者 ohata : 09:45 | コメント (0)

2008年12月26日

巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月26日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月26日)
==================松翁ある人に次のように言われた========================

課長としてまことに立派な人だったが、部長にしたらどうも成績が上がらない

ということもある。

投稿者 ohata : 10:04 | コメント (0)

2008年12月25日

巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月25日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月25日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

国民が、国家すなわち政府に対して何か要望を出す前に、

まず、みずから何をすべきかを考える、それが真の民主主義というものである。

投稿者 ohata : 09:59 | コメント (0)

2008年12月24日

巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月24日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月24日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

政治に指導性がないのは、国家百年の計をうみだすような方針、哲理がないからだ。

投稿者 ohata : 09:58 | コメント (0)

2008年12月22日

『お前は無理だよ』Mジョンソンの言葉

今日の倫理法人会のモーニングセミナー(12月20日)で聴いた、いい話を送ります。

NBAプロバスケットのスター選手「マイケルジョウダン」が貧困街の黒人の子供達に言った言葉。『お前は無理だよ』と言う人の言う事を聞いてはいけない。

もし、自分で自分が何かを成し遂げたかったら、出来なかった時に、他人のせいにしないで、自分のせいにしなさい。多くの人が、僕にもお前にも無理だよ、と言った。何故なら、彼らは成功できなかったから。

途中で諦めてしまったから、だから、君にもその夢を諦めてほしいんだ。不幸な人は不幸な人を友達にしたいんだ。決して諦めては駄目だ。自分のまわりをエネルギーにあふれ、しっかりした考え方を持っている人で固めなさい。

自分のまわりを野心であふれ、プラス思考の人で固めなさい。近くに誰か憧れる人がいたら、その人にアドバイスを求めなさい。君の人生を考える事をできるのは君だけだ。君の夢が何であれ、それに向かっていくんだ。

『この言葉を子供だけへ言っている言葉と理解せずに、我々、大人にも言っていると理解しましょう』

投稿者 ohata : 16:02 | コメント (0)

成功の山登り。

過去と他人は変えられない、自分が変われば未来は変わる

自分が変わるには目的、目標、夢、ビジョンを再度確認して

何としても実現するとの決意の必要があります。

世間の流れを読み取り、戦略、戦術、手段、方法を見つめ、改めるは改める

改またらないのは自分の心が囚われているからです。

(固執)チームが一つの方向(目標)へ向かうように周知徹底(共有)をはかりチーム力を高めれば

必ず理念は実現するようになっています。

これが成功の根本精神です。

潟с}サンはマダマダ道半ばです。今日からまた高きビジョンの山を登りましょう。

投稿者 ohata : 15:58 | コメント (0)

巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月22日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月22日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

自分を粗末にするような人間は、

ほんとうに他人を大切にし、他と協調していくことは出来ない。

投稿者 ohata : 09:51 | コメント (0)

2008年12月20日

巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月20日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月20日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

自分にも自由があれば、他の人びとにも自由がある。

他人の自由を侵害するような姿は、真の自由とはいえない。

投稿者 ohata : 08:30 | コメント (0)

2008年12月19日

巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月19日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月19日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

自由というのは、何の制限もなく、何をしてもいいという事ではない。

投稿者 ohata : 09:19 | コメント (0)

2008年12月18日

巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月18日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月18日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

誠実の徳が、ともすれば軽視されがちな今日の世相のなかにあって、

いま一度、誠実の尊さについて考えてみてもよいのではないか。

投稿者 ohata : 09:47 | コメント (0)

2008年12月17日

巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月17日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月17日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

足りない点に目を向けて不平不満をもつか、それとも与えられたものに感謝しつつ

足りない面はみずからの力で満たしていこうと考えるか。

その分かれ目は、自主性をもつか、依存心をもつかにかかっている。

投稿者 ohata : 09:58 | コメント (0)

2008年12月16日

巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月16日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月16日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

いかに多勢であろうと、一人ひとりが多勢をたのむような心弱い人間ばかりでは

何も為らない。戦わずしてすでに敗れているに等しい。

投稿者 ohata : 09:39 | コメント (0)

2008年12月13日

巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月15日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月15日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

政府といわず、政党といわず、企業といわず、一般国民といわず

みんな互いに誰かがなんとかしてくれるだろう、といった

安易な依存心をもつにいたってしまった。

投稿者 ohata : 17:19 | コメント (0)

巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月13日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月13日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

いま国民の間に、福祉はみずからつくり出すもの、という意識は極めて

希薄になってきている。

投稿者 ohata : 10:18 | コメント (0)

2008年12月12日

華が綺麗と感じるのは。

花には枝がいる、枝には幹がいる、幹の素には根っこがある

寒い冬には根っこは地中で栄養を蓄えて春には見事な花を咲かせる

花は特別に綺麗な華を咲かそうとしているのではない

淡々と毎年同じ事を来る日も来る日も継続しているだけである。

華が綺麗に感じるのは華を綺麗と感じる貴方の心が綺麗に見ているだけです。

これは生き方、辛抱強さ、何事も継続が大切、人間関係について考させる話しです。

投稿者 ohata : 10:02 | コメント (0)

巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月12日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月12日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

不信感は、争いを起こし、物をこわし、事を不成功に終わらせ、結局において

人間の共同生活を貧困ならしめるものである。

投稿者 ohata : 10:01 | コメント (0)

2008年12月06日

巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月08日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月08日)
自己の利害と、他人や社会全体の利害を、調和させつつ事にあたっていく事が大切
である。

巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月09日)
政治の重要性なり政治家の重要性については、まず政治家が、そのことをみずから
正しく充分に認識、理解することが大切である。

巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月10日)
発展途上国に対して協力、援助をしていくことは大切だが、それは自国の実力の
程度に応じて行うことが肝要である。

巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月11日)
これからの日本は、精神大国、というか、徳行大国、といった姿を目指していく
ことが肝要である。

投稿者 ohata : 17:19 | コメント (0)

困った時の自問自答。

昨今は自己責任、自主独立、自分の意思で何事も解決しなければならない時代である。

しかしそれは両刃の刃で、どうしても自己中心、私利私欲、自己防衛の考え方、行動、発言がなってし

まうのも仕方がない事かも知れない。

しかし、それをいま一度心静かに天(先祖様)に聞いてみてはいかがですか。

目の前に見えること、耳から聞こえる言葉、その時、その場の現象だけに右往左往して

その場逃れの対策を講じていないか? 

自分が直面している、苦しみ、悩み、問題、課題は、運が悪いのか、偶然なのか、自業自得なのか

天が与えた試練なのか、心静かに手を合わせ、ご先祖様に問いかけて見る

そうすると、偶然、運ではなく、ご先祖様が残された「二度と無い人生」を心強く生きるために与えてくれ

ている試練だと受け取れる事もあります。

生かされている事に感謝、職場の同僚に感謝、お客様、世間に感謝、感謝にまさる学びなし。

感謝心は人間を強く生き抜く力の源なり。

投稿者 ohata : 10:43 | コメント (0)

巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月06日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月06日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

法律は厳しく守らなければならない。同時に、その法律自体も、人間というものは

どういうものかということをつかんで、それに即した法律をつくらねばならない。

投稿者 ohata : 08:37 | コメント (0)

2008年12月05日

貴方のこだわりは何ですか?

《小さな事、些細な事にこだわらない》《小さな事、些細な事にこだわる》

こだわる事、こだわらない事の判断基準が貴方の性格であり価値観です。

それが貴方の器、度量です、人間としての懐の深さです。

幸福感、不幸感、生き方、考え方全てがこの点に起因します。

チームは集団です、チームとしての目的、目標、ルールの遵守の『こだわり』の

共有がなければ、チームとは名前だけで中味はバラバラのチームとなります。

それにはコミュニケーション(お互いを理解する、チームとして向かっている方向を確認する)が

何よりも大事です。

投稿者 ohata : 10:53 | コメント (0)

巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月05日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月05日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

自分がよいと思って堅持している思想を大切にするあまり、他の思想を軽視したり

ときには否定したりする、というのはお互いに大きなマイナスである。

投稿者 ohata : 09:57 | コメント (0)

2008年12月04日

巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月04日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月04日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

今の政治には、慈悲心がない。すべてが理屈である。

投稿者 ohata : 10:12 | コメント (0)

2008年12月03日

巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月03日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月03日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

国民意識とか、国家意識というと、そういうものはいらざる戦争に結びつくから

いけないものだ、といった見方をする向きもあるかもしれないが、

そのような国民意識、国家意識は、真の国民意識、国家意識ではなく、自己中心的

な誤ったものである。

投稿者 ohata : 09:41 | コメント (0)

2008年12月02日

巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月02日)

=============================「松翁論語」===============================
  「松下幸之助翁述」「江口克彦記」
巻八 「一日一日が勉強」(2008年12月02日)
==================松翁ある人に次のように言われた=========================

日本を名実ともに立派な発展に導くには、国民一人ひとりが自主独立の精神をもち、

またそれぞれの責任のもとに国民が相協力していかなくてはならない。

またそういうことをお互いに言い合い、お互いに注意し合わなくてはならない。

投稿者 ohata : 09:44 | コメント (0)