2012年02月25日

≪ 僕は本来弱い人間や ≫ 二月二十五日

============== 松下幸之助翁に学ぶ 著者 木野親之 コスモ出版 ============
         『 指導者の三六五日 』 この時代をいかに乗り切るか!!!!
「 木野君、僕は本来人間やで。しかし、錦の御旗のある時には、強いんや。
なぜこういう経営をせねばならないかということを、使命感を持って語れるからや。
経営理念が確立すれば、その事業は、半分成功したものや」 と幸之助は言っていました。

投稿者 ohata : 10:19 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2012年02月14日

『 今日は最良の一日!  』

今日は最良の一日、今は無二の好機との言葉があります。
この言葉を考えて見ました。この言葉に異論を唱える人は誰も居られないと思いますが

今は無二の好機(チャンス)を信じ、実際にチャンスを活かした人はどれほど居られるでしょうか??
無二とはまたとないチャンス(機会)。しかし言葉は解っていても自分自身の目的、ビジョン、目標
が不明確なら、論語読みの論語知らず、つまり実学ではなく、知識レベル、学者の領域では????

我々は経営者、実業が本職、時代の変化、社会環境の変化、お客様のニーズの変化、それらに
備えて新たなビジョン、目標、商品開発、サービスの向上をたえず考えていなければ無二の好機
が訪れても気付かない、気付いていないことにより、誰か迷惑し、誰に迷惑をかけるかといえば、
自分、家族、社員、取引先、結局はすべての人に迷惑が及ぶこととなるのではないかと考えます。

柳生家の家訓、『縁に出会って縁に気付かず、縁に出会って縁を活かさず、袖触れ合うも多少の縁』

投稿者 ohata : 10:02 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2012年02月09日

『 王道、覇道、邪道 』の経営

私はビジョンツアー、問答塾、『理念と経営』経営者の会などで比較的に木野先生から
直接学ぶ機会がたくさんありました。

木野先生が話される一言一句になるほど、なるほどと納得して頭の中の引き出しに
いれてきました。
しかし頭のタンスの引き出しに入っいて、その時に備えていても、その場、その状況に

にならなければ活用されいないことに気付きました。
また言葉の本当の意味も理解していないことを知りました。

木野先生が経営には王道、覇道、邪道の経営がありますと語られた。
王道、覇道、邪道の経営の言葉は理解していましたが、詳しく実態にそくして誰もが
理解出来るように話せといわれれば文字のごとくの説明しか出来なかったです。

今朝、考えてみると、王道の経営は人間主役、人に光をあてる経営、人が幸せに経営
三方よし(世間良し)の経営、内なる志と世間の要請が合致した経営だとの考えに至りました。

覇道の経営とは、目的実現の為に主に金銭が手段に使われ、人間は道具に過ぎない経営
と考えました。
また邪道の経営とは、自利、自欲を満たすことが目的の経営、人も金もすべてが自己満足の
道具の経営と私なりに気付きました。

こんな事を気付かせていただける、木野親之様が『理念と経営』経営者の会、本部会長です。
『理念と経営』経営者の会の目的は日本の産業基盤である、全国各地の中小零細企業、商店
経営者が活力を取り戻す勉強会です。全国各地に支部があり、全国各地で地区大会が開催
され、多くの友、同志がゾクゾク参加されています。

皆様のお近くの経営者の会を一度尋ねてみて下さい。       

投稿者 ohata : 09:42 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2012年02月04日

今日の気付き 『   テンションとモチベーション!!  』

========================【 私の日々の気付き 】==========================
テンションとモチベーションについて私なりに勝手に解釈して見ました。
テンションはその気にさせる、モチベーションはその気を持続させると解釈しました。

とかく会社であれ、各種組織、団体であれ、目的への一里塚、目標を設定(計画)して
チャレンジ、トライ、挑戦、決起するために、その組織、集団がエイエイオーと気勢を上げるます。
周りの参加者は、それにつられてハイテンションになります。しかし、その気概が長続きしない。

これは心底、その目的に共感、共鳴、納得していなく、その場の雰囲気にのまれて一時的なもの。
リーダーはその場の気勢に満足して、これで目標は達成すると安堵の気持になります。

しかし時間が経過するとともに、大きく目標の到達に遅れが出てきて焦り、集団、組織に不信感を
心の中に持つようになる。
これがテンションが高いだけでは物事が成就しない大きな原因ではないかと思います。


やはり参加者、社員さんの現実、現状に即し、やり方、すすめ方手段、方法教え、これなら出来る
可能だと思わせてトライ、チャレンジさせ、事あるごとに助言、アドバイスして、やる気、その気を持続
させてこと目標、目的が達成するのではないでしょうか??

会社であれば社長、幹部が社員さんがワクワク、ドキドキを持続するように経営理念を語り続ける
必要があるのではないでしょうか????       

投稿者 ohata : 09:52 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2012年02月02日

今日の気付き 『 人柄だけが良い上司!!  』

人柄の良い上司は世間の評価は良いが、それが部下の成長阻害要因と考えます。
優しい、思いやり、同情、良い人に見てもらいたい心理は私にも誰にもあります。

しかし獅子の谷落としという言葉があるように、その本人の能力、力量を判断して
厳しい要求をするのが上司、責任者、指導者の役目です。
松下幸之助翁も上司は要求者たれと云われています。

厳しい目、言葉の奥底(心)に社員さんの成長を願い、豊かなライフスタイルを
何としても共に実現したいとの気概をもたなくして、その場かぎりの優しさ、思いやりでは
部下は育たないと思います。

真の愛情とはその時、その場ではなく、その人の未来を幸せにするものでなければならないと
考えます。共に栄え、共に豊かになるために、自分に厳しく、社員にも厳しく日々の仕事に
当たりたいものです。

投稿者 ohata : 09:39 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2012年02月01日

今日の気付き 『 2月1日にあたり????  』

今朝は月初めにあたりテレビ朝礼で伝えたい事は
『過去と他人は変えられないが、自分と未来は変えられる』という事実です。

私の中学校、高校の学業成績は2か3、せいぜい4が一つでした。
過去の学業成績は事実、いまさら過去に戻って決して消し去ることは出来ません。
しかし過去の通知簿にとらわれ、悲観していたら、今の自分はありません。

私は馬鹿なのかのん気なのか、はたまたのうてんきなのか解りませんが、
学業成績そっちのけで毎日、頭を壁にぶつかり、その都度問題、障害に遭いながら
毎日一歩づつですが前へ前へと進んでいます。

自分は変わらなくても、日めくりカレンダーをめくると否応なしに新たな日が巡ってきます。
貴方、私が、心の日めくりカレンダーをめくらなくても世間は間違いなく前に進んでいます。

自分が過去に囚われて止まっていても、周りは変化しています。
この事実は自分がどれだけ抵抗しても変えることが出来ない事実なのです。

人間に求められるのは、今、今日、何のため、誰の為、なぜ、変化しなければならないかです。
人の振り見て変わることもよかろう、しかし我がふりを見て家族、周り、社会を変えられる
人間になりましょう。

投稿者 ohata : 10:51 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2012年01月30日

今日の気付き 『  感性とは????  』

感性とは感受性、言葉、文書、目、肌(皮膚)臭い五感で感じる。
感は感情、感激、感動、感謝、感心、その他、色々な言葉があります。
性は女性、男性、性質、性格、惰性、その他に有ります。

感と性が合体して感性。私が想うには性とはサガ(性)とも読みます。
私は根性とは根っこの性格、性質と解釈します。

根っこの性格と解釈したなら、根っこが曲がっていたなら感性も捻くれる。
根っこが腐っていたら、やがて樹木も枯れてしまう。

感性は大事だが、やはり松下幸之助翁がいわれているように、
『 素直な心 』自分の心が素直の上で感性が磨かれてこそ、創意、工夫、知恵、衆知も
活かされるのではないかと考えました。

心根が捻じ曲がり、腐っていては、どれだけ素晴らしい経営理念であっても、
経営理念とはよべないのではないでしょうか???

投稿者 ohata : 10:00 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2012年01月28日

今日の気付き 『 誰にも財産はある???? 』

財産という言葉を聞けば、すぐに想いつくのは物質財産(金銭、土地、建物)を想像しますが、
それ以外に知的財産があります。もう一つ万人誰もが等しく持っている財産があると思います。
それは時間という財産、そして時間を消費しながら得た、体験、経験という財産です。


体験、経験は年齢に応じて、その本人しか知り得ない、その本人しか体験したことがない貴重な
財産です。財産には公共の財産と私有財産があります。
しかし財産、物は、これを活かす人にあっまってこそ、財産の真の価値があねと思います。
財産は自分の努力、創意工夫で手にしたかも知れませんが、やはり相手があり、協力者が
あり、物を買ってくださるお客様があってこそ、自分の手に入ったと考えます。
だから自分の体験、経験を自分の財産として占有するのではなく、周りの人に与え、
子孫に語りつぎ、欲張って墓場まで独り占めにしないで与えてこそ財産の有効活用になるのでは??
金銭、物質だけが財産だけではなく逆境体験、順境体験、これらすべてを公共財産となれば善いのだか。
                                          

投稿者 ohata : 10:03 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2012年01月27日

今日の気付き 『 構造改革 フレーム改革???? 』

日本の政治、経済は改善、改善をくり返し今まで発展、繁栄してきたのは事実だと想います。
しかし改善は知恵の積み重ね、その時々の逆境、ピンチを抜け出す手段、方法だと考えます。

しかし地球上では発展途上国が経済では世界をリードする時代。
日本の戦後復興のように発展途上国は倫理、道徳をお座なりにして経済優先の繁栄、そこに
先進国との間に摩擦が生じ、軍拡競争がおこり、また戦争という悲劇が起こる可能性を秘める。

一方、日本国内といえば、構造改革、フレームを作り直さなければならないのにピンチを旧来
の手法、改善で乗り切ろうとしている、つまり一時しのぎで政策でピンチを切り抜けようとしている。

かって松下幸之助翁は一割のコスト削減要請に、現場が悩んでいるときに、一割の削減ではなく
思い切って三割の削減を考えたらと言われた、現場にとってはそんな無茶なことと思われたが
結果的に実現した。原因は一割程度なら中味の改善に意識が向くが、三割ならフレームから
見直し作り直さなくてはならなくなり、フレーム(構造)の改造と中味の改造により実現したそうです。

また先日新春セミナーでワタミフードの渡邊社長は農業を六次産業化すると農業も立派なビジネス
になると話されていた。生産、製造、販売(流通)までを一元的に考え、物流を改造されて農業分野
でも成功の道標を見つけられた。

その時、その場しのぎの知恵も大事だが21世紀に耐えられる抜本的な意識改革があらゆる分野で
求められているのではと私は考えます。

投稿者 ohata : 10:26 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

2012年01月26日

今日の気付き 『 学びを止めないで下さい???? 』

========================【 私の日々の気付き 】==========================
自分のことは自分で、これは人間として最低限のモラルです。
しかし自分のことは自分でやろうとしても、知識、技術、専門分野でない仕事もたくさんあります。

また一時的に仕事量が増えて仕事が遅れることもあります。
また本人の仕事が遅い、早いもあります。

しかし会社内のすべての仕事は結合しています。仕事の遅い人は遅い人で他の部署の人に迷惑を
かけないように上達してもらわなければなりません、またスピーディで正確な仕事が出来るように練磨
してもらわなければなりません。職場の仕事は貴方向きの仕事ばかりではありません。


一人の仕事の遅れが過酷な競争時代には商売の機会を逸することにつながります。
一人一人が自立し、自己責任を全うし、そして足らざるを補ってこそ会社は競争激しい商売のステージに
たつ資格を持つのです。

職場は時代の最適先を見つめて配置換え、職務換え、また昇格人事も行なわれます。
100%の能力、技術、見識が備わっていなくても自分に自信がなくても昇格するのが社内人事です。
その時に備えて知識、学識、見識、絶えず器を広げることに勤めて下さい。

自分、家族、会社、地域、国家を富める為に日々の仕事を通じて切磋琢磨しながら研鑽して下さい。
        

投稿者 ohata : 10:16 | コメント (0) | ランキングを見てみる→ | マイヤフーで見てみる→

ご意見やご反論がございましたらこちらのフォームよりお願いします。

※個人情報は厳重に保護しあなたの大切なプライバシーをお守りしていますのでご安心下さい。

ご意見フォーム


 
お 名 前
  ※必須項目

 
メールアドレス
  ※必須項目

 
会社名
会社名
役職

 
ご 住 所
郵便番号
住所
電話番号
FAX番号

 
ご意見・ご質問
又はご反論
  


Copyright (C) 2006 大秦進株式会社ヤマサン / Produced by Genius Web.